無量義経徳行品第一(むりょうぎきょうとくぎょうほんだいいち) 現代語訳


このように私は聞きました。

ある日の事であった。仏は中インド、王舎城(ラージャグリハ)の耆闍崛山(ぎしゃくつせん)にいらっしゃいました。一万二千人の優れた出家男子たちと一緒であった。

悟りを求める修行者と大乘を求める修行者が八万人がいらした。

天、龍、夜叉、乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩睺羅伽がいました。

諸々の出家男子、出家女子及び在家信士、在家信女もいました。

大転輪王、小転輪王、金輪、銀輪、諸輪の王、

国王、王子、国臣、国民、国士、国女、国大長者、各々に仕える者が千数百人いました。

自ら仏に敬意を払い右肩を向けて周りを歩き礼拝し、仏のところに至り足に礼をし、巡ること千数百回、

香をたき花を散じ、いろいろな供養を終えて、退いて一同がお座りになられた。

そのときいらっしゃった悟りを求める修行者の名は、文殊師利法王子、大威徳蔵法王子、無憂蔵法王子、大弁蔵法王子、

弥勒菩薩、導首菩薩、

薬王菩薩、薬上菩薩、華幢菩薩、

華光幢菩薩、陀羅尼自在王菩薩、観世音菩薩、

大勢至菩薩、常精進菩薩、寶印首菩薩、

寶積菩薩、寶杖菩薩、越三界菩薩、

毗摩颰羅菩薩、香象菩薩、大香象菩薩、

師子吼王菩薩、師子遊戯世菩薩、師子奮迅菩薩、

師子精進菩薩、勇鋭力菩薩、師子威猛伏菩薩、

荘厳菩薩、大荘厳菩薩でした。

このような悟りを求める修行者や大乘を求める修行者が八万人いました。

このもろもろの悟りを求める修行者は、みな仏法そのものを身とする偉大な悟りを求める心を起こした者とならないことはないのです。

過ちを防ぐために守らなければならない禁制、精神を集中して心を乱さないこと、物事をよく見極め道理を正しく把握する精神作用、完全な精神的自由を得ること、解脱に対する正しい認識を成就する者たちです。

その心は無我で生死を超越した悟りの境地に入り、常に精神を集中させ乱さない状態にあって、穏やかで淡白であり無為無欲です。

正しい理に反し乱れた思いの入る隙がない。

静寂に清く澄み、心は奥深く無限であった。

このような状態を保ち続け動じないこと億百千劫。無量の仏の教えは全て今この前にあった。

物事をありのままに把握し真理を見極める偉大な認識力を得て諸々の教えに滞りなく通じ、存在するものの本性とその様相を理解し悟り、諸々の事理を思量し識別すると、存在するものと存在しないもの、存在の長短は明らかなのです。

また、よく人々のいろいろな性格や欲望を知り、不思議な力をもつ呪文やどの様な煩い悩みもさまたげられない弁才を用いて、諸仏の説く教えによく従い教えを説くのです。

先ず、僅かな水滴が落ちて欲望の塵を流し落とし、煩悩の火が消された安らぎ境地への門を開き苦しみから解き放たれる風を扇いで、世の中の悩みの熱を冷まし、教えの清らかですがすがしい境地へ至るのです。

つぎに非常に深い十二の因縁の教えを雨のように降らし、それを以って無知、老化、病気、死などの勢い盛んな激しい苦悩の日の光にそそぎ、

こうして共にこの上ない衆生の平等な救済と成仏を説く大乗経の教えを注ぎ込み、

人々がそれぞれ持っている善い報いを招くもとになる行為を潤し、善の種を蒔いて現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いの田を隅々まで広げ、

全ての人々に無上の悟りの知恵の芽を出させるのです。

物事をありのままに把握し真理を見極める認識力は日月の光のように全てを照らし、人々を教え導き悟りに近づけるための巧みな方法は四季のように移り変わり、苦の中にある人々を平等に救う事業を増長して、

人々に遍く一切の真理をあまねく知った最上の智慧を成就させ、

永遠の安らぎと複雑で難解な真実によって、無量の大きな慈悲が、苦悩に満ちた生命のあるものすべてを救うでしょう。

これは諸々の生命のあるものすべてにとって、真に人々を仏の道へ誘い導く者であり、これは諸々の生命のあるものにとって、田が実りを生じるように、福徳を生じるもとになるものであり、

これは諸菩薩が生命のあるものすべてにとって、求められる師であり、これは諸菩薩が生命のあるものすべてにとって、安穏を願う場所、救われる場所、守られる場所、また大きなよりどころなのです。

このために諸菩薩は生命のあるものすべてのために、仏の教えを説いて人々を仏道に入らせる師、仏道への大いなる指導者となるのです。

人々の中に盲目の者がいるならば目を作り、耳が聞こえない者、鼻が利かないもの、味覚がない者には耳、鼻、舌を作り、

目耳鼻舌肌意の六根がかけているものにはそれを補わせ、気の狂った者には物事の本質をあるがままに心にとどめ、常に真理を求める心を忘れさせないようにするのです。

諸菩薩は偉大なる船長なのです。

たくさんの生きるものを載せて運び、生死の大河を渡して煩悩の火が消された安らぎの向こう岸へ渡すのです。

諸菩薩は偉大な医者なのです。病気を診断して薬の性質を理解し、病気に応じて薬を与え、人々に薬を服用させるのです。

諸菩薩は偉大な調教師なのです。節度をわきまえない振舞いをさせず。

しかも狂象や暴れ馬のような煩悩に乱される心身を調え制御するための知恵を授ける師の良い教え方には教えられない者は無く、堂々と説法する様子はまるで獅子の勇猛な姿のようであり、その威厳は多くの獣をひれ伏させて教えを阻ばませない。

悟りを求める修行者は諸々の迷いの世界から悟りの世界へ至る修行を自由自在に行い、如来の位において堅固であって動ずることはない、

誓願の力に留まって、広く仏の国を清め、遠くない未来において一切の真理をあまねく知った最上の智慧を成就するでしょう。

この諸々の悟りを求める修行者や大乘を求める修行者は、皆このような通念では理解できない徳が備わっているのです。

その出家男子の名を、知恵の舎利弗、神通力の目連、解空の須菩提、論議の摩訶迦旃延、説法の彌多羅尼子、

富樓那、阿若憍陳如、天眼の阿那律、持戒の優婆離、多聞の阿難、密行の羅雲、優波難佗、離波多、

劫賓那、薄拘羅、阿周陀、莎迦陀、頭陀大迦葉、優楼頻螺迦葉、伽耶迦葉、那提迦葉という。

このような出家男子が一万二千人いました。

みな阿羅漢で、煩悩によって生死に結縛されることはなく、縛るものも執着もなく、まさしく解脱しているのです。

そのときに大荘厳菩薩摩訶薩たちは、全ての人々が座って各々落ち着いているのを観察し終わって、

人々の中の八万の覚りを求める修行者と大乘を求める修行者とともに、座よりたって仏の所へ参り、仏の足に礼をし、巡ること千数百回、

天の花を散じ、天の香をたき,天の衣、天の飾り、天の価値の高い宝石が空の上から旋回して落ちて、一面に雲のように集まって仏に献上されたのです。

天の食べ物が鉢に百の味を満たし満ち溢れた、その色を見て香りをかぐだけで満足したのです。

天の鐘、天の旗、天ののぼり旗、天の楽器がそこここに置かれ、

天の音楽を奏で仏を楽しませ、それから前へすすみ座禅を組み合掌し、

心を一心にして声をそろえて、詩を説いて大荘厳菩薩は仏を讃えて言った。

偉大な大悟大聖主 心に汚れ穢れ執着がなく

天人、人、狂象や暴れ馬のような煩悩を調え制御するための知恵を授ける師 教えの風と徳の香りが全てに薫り

仏の知恵をいやし、感情を静かにし、おもんばかりや疑いの心を静かに滅して

眼識、耳識、鼻識、舌識、身識、意識の六識を無くし 心を静寂にし

長い間夢や妄想を断じて、この世に存在する有形や無形の一切のものの成り立ちを分析的に詳しく考察することをしない。

その仏身の存在は、有でなく、また無でなく、

因でなく、縁でなく、自他でなく、

方でなく、円でなく、短長でなく、

出でなく、没でなく、生滅でなく、

造でなく、起でなく、為作でなく、

坐でなく、臥でなく、行住でなく、

動でなく、転でなく、閑静でなく、

進でなく、退でなく、安危でなく、

是でなく、非でなく、得失でなく、

彼でなく、此でなく、去来でなく、

青でなく、黄でなく、赤白でなく、

紅でなく、紫種種の色でない。

仏心は持戒、禅定、智慧、解、事物に対する正しい認識などの行いをすることによって生じ、

精神を集中させ乱さない三昧と、自在に移動できる力、透視する力、普通の人の聞こえない音を聞く、他人の考えを知る、自他の過去世のすがたを知る、煩悩を取り去る力の六通と修行の方法より発し、

慈悲と処非処智力、業異熟智力、静慮解脱等持等至智力、根上下智力、種々勝解智力、種々界智力、遍趣行智力、宿住随念智力、死生智力、漏尽智力の十力、無畏などの智慧行より起こり、

人々の良い行いの因縁により生まれ出るのです。

六丈(4.8m)の紫金色の輝きを放ち まっすぐに立ってあたりを照らし出し

眉間にある白いものは月の満ち欠けするように旋回し、首の後ろは日の光のように輝いている 髪は螺旋を描いて紺青色であり頭のてっぺんはこぶのように盛り上がった形になり

澄んだ目は鏡のように上下にまばたき 眉とまつげは紺色で形の整った口と頬

唇は赤く牡丹の花のようで 歯は白く雪のようである

額は広く鼻は長く 胸にはたくさんの文字が現れ獅子の胸のようであり

手足は柔軟で掌や足の裏に千輻輪の模様があり 脇と掌は肉付きがよくし内外に握り

ひじと腕が長く手の指は細く長く伸びやかで 皮膚はきめ細かく柔らかで生えている毛は右回りにぐるっと生えている

踝と膝に露のような艶があり、男根が体内に密蔵される 筋肉が細く鎖骨が鹿のようである

透き通るように清浄で垢がない 汚い水も肌を染めることがなく塵も付かない

このような相が三十二あり 八十の特徴があります

しかも実際には姿や自然の姿の実体をもたず 全てのありのままの姿は目で見ることはできず

定まった形のない姿であり姿のある体である人々の体の姿もまたこれと同じです

人々に喜ばれ礼を尽くされ 心を思いやり敬いを表わし礼儀正しく丁寧に接せられるのです

自分を高くしてそれを自慢することをせずこのような秀でた容姿になられたのです。

今私たち八万の人々は 共にみな頭を深くたれて地に付け礼をして

心の中の思いや意識を無くして 煩悩の作用で乱される身心を調え制御するための智慧を授けることが出来る師に心から教えを信じ従い奉ります

頭を深くたれて地に付け礼をして仏法、その容姿、戒律、禅定、解脱、事物に対する正しい認識の教えを心から信じ従います。

頭を深くたれて地に付け礼をして妙法、教えからいただける仏となる種、この世のあらゆる現象、あらゆる存在の奥にある根源的な実在、すなわち、すべてのものを存在させ、動かしている、ただ一つの法の教えを心から信じ従います

頭を深くたれて地に付け礼をして言葉ではとても言い表すことのできない仏法の教えを心から信じ従います

清らかな音声が雷震のように響いた、誰でも好きになる教え、柔軟な教え、誰の心にも調和し適合する教え、尊い智慧の教え、男女の区別なく誰でも実行できる教え、間違いの無い教え、奥深い教え、尽きることのない不滅の教えの八種の徳を発した はっきりととらえられないほど細かく清らかで非常に深遠である

苦、集、滅、道、の四つの真理と、施し、戒め、耐え忍ぶこと、はげみ、落ち着き、知恵の六度と、無明、行、識、名色、六処、触、受、愛、取、有、生、老死の十二因縁は 人々の心や身・口・意によって行われる善悪の行為に従って教えを説かれた。

もしも、その声を聞くものがあるならば心が開けて 永遠に続いている誕生や死を繰り返す人々の魂の迷いやとらわれを断ち切ってしまうことができます

もしも、その声を聞くものがあるならば あるいは須陀おん、斯陀、阿那、阿羅漢たちのように

すべての迷いを残らず離れ去りさまざまな事象を縁として、自らの力で一分の悟りを得た者や  真の永遠、絶対の生命は生と死の対立を超越した無生無滅ないし生死不二のところにあるとする菩薩の心境を得ることができるのです

あるいは計り知れない一切の功徳を総て持つという真言である陀羅尼や 滞りなく流れてさわりのない説法をするための才能を得て

非常に深くはっきりととらえられないほど細かく、複雑で難しい仏や菩薩の徳を称える詩を演説し 修行を自由自在に行って教えの清らかな水路の中で洗い清め

あるいは躍り飛び上がり素晴らしい早さでどんな所でも行ける能力を現し 水や火に出入りしても体は自由である

如来の手足にある法輪の相はこの様である 清く澄み切っていて無限で数限りがなく考えて理解することは難しい

私たちは全てまた共に頭を深くたれて地に付け礼をして 仏法を説かれたときにその教えを心から信じ従います

頭を深くたれて地に付け礼をして清らかな仏の声の教えを心から信じ従います

頭を深くたれて地に付け礼をしてすべてのものは縁に因って生じ、縁に因って滅びるという教え、人生は苦であるという真理と、その苦の原因は人間の執着にあるという真理と、この苦を滅した境地が悟りであるという真理と、その悟りに到達する方法は八正道であるという四つの真理、多くの善の中から仏が薦められた六つの善の教えを心から信じ従います

世尊がはるか過去の前世において 勤勉に苦しみに耐えて多くの徳行を修め

私や人、天人、龍神、王のために尽くされ ありとあらゆる人々に尽くしたのです

全て諸々の人々の捨てることのできない 財宝や妻子や国城を捨てて

仏教の側からみて教えの内や外に於いて仏法にそむくことなく 自らの頭や目や骨髄や脳などの身体を全て人のために尽くしたのです

諸々の仏を清浄に保つために禁じられていることを守り あるいは命を失ったとしても壊したり傷つけたりせず

もしも、人が刀や杖を持ってきて害を加え 罵り辱めたとしても怒ることはなく

きわめて長い時間坐禅をしていても集中を欠くことがなく

昼も夜も心を一定に保って常に精神統一を保ち

全てにわたっていろいろな仏道や仏法を学び 知恵が深く人々の生命活動や感覚の原動力に入って見てこられた

このために今自由自在の力を得て 仏法において自由自在であり教えの王となられたのです

私はまた全て共に頭を深くたれて地に付け礼をして、巧みに諸々の困難な修行を成し遂げられたことに心から信じ従います。

無量義経徳行品第一(むりょうぎきょうとくぎょうほんだいいち) 現代語訳」への2件のフィードバック

  1. 五回目の書写法華三部経・妙法蓮華即我が一身の当体蓮華御本尊の五字七文字を信じ御本尊に向かい奉り、只唱題する事,生死・生死、の如途得船。合掌

  2. 創価学会の戸田城聖はこの無量義教の徳行品を読んで我が一念の自我の存在を理解できたのである、悟では無く自我の存在が三十四の非ず(空)と言う事を知識として理解が出来たのであろう。心(自我・妙)とは、人生の諸法環境の、鏡の如しと。意味不明かな

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中