無量義経十功徳品第三(むりょうぎきょうくどくほんだいさん) 現代語訳


そのときに大荘厳菩薩摩訶薩はまた、仏に向かって言った。

世尊、世尊は一言では言い表せないほど細かく複雑で非常に深くこの上なく衆生救済を重んじる無量義経をお説きになりました。

それは真に深く深く非常に深い教えでした。

理由は何故かというと、この衆の中において、諸々の悟りを求める修行者と偉大な大衆および諸々の出家者と在家者の男女、天の神々、龍、鬼神、国王、臣民、あらゆるもの皆、衆生は

この上なく衆生救済を重んじる無量義経を聞いて、記憶力、知力、念力を得る方法手段、諸行無常、諸法無我、涅槃寂静の三法、須陀洹果、斯陀含果、阿那含果、阿羅漢果の四果、悟りを求めようとする心を獲得しない者はいなかったのです。

当然、知るべきである。この教えは文章の筋道は真に正しく敬うべきであってこの上ないのです。

過去現在未来における諸々の仏が守護なさるのです。

邪道に誘い込む悪魔や諸々の邪道は入り込むことはないのです。

全ての因果の道理を無視する誤った考え方や生まれては死に死んでは生まれる苦しみに秩序がこわれることはないのです。

理由はなぜかといえば、一度でも聞けば巧みに全ての教えをを授かるからです。

もし生命のあるものすべてがこの法を聞く機会を得たならば、それは大きな御利益を受けるのです。

理由は何故かというと、もしよく修行すれば必ずすぐに最上の完全な悟りを成就することができるからです。

そこに衆生がいてもしこの経を聞くことができない者は、当然、知るべきである、これらは大きなご利益を失うということを。

無限の時間数限りない計り知れない時を経過しても、ついに最上の完全な悟りを開くことはないのです。

理由は何故かというと、悟りへの一番の近道を知らないからです、険しい道を行くには困難が多いためです。

世尊、この経典は人間の認識や理解の限界を超えています。

ただ願わくは世尊、広く大衆のために慈悲と哀れみを持ってこの経の非常に深く理解ができないことを意味や趣旨をおし広げて説明してください。

世尊、この経典はどこから来て、どこへ去り、どこへ至り、どこへ留まるのでしょうか。

すなわちこのようなはかることができないほど多くの現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行や通念では理解できない力があって、人々を早く悟りへ導くのでしょうか。

そのときに世尊は、大荘厳菩薩摩訶薩に告げて言われた、素晴らしい、素晴らしい、仏法に帰依した男子よ、そのとおりそのとおり、おまえが説くとおりです。

仏法に帰依した男子よ、仏法に帰依した男子よ、私がこの経で説くことはこの上もなく非常に深く真実なのです。

理由は何故かというと、人々に最上の完全な悟りを成就させるために、一度でも聞けば巧みに全ての教えを理解するために、諸々の生命のあるものすべてに大きなご利益を与えるために、悟りへの近道を進ませて苦難をさせない理由のためです。

仏法に帰依した男子よ、おまえがこの経典はどこから来て、どこへ去り、どこへ続いていくのかと問うならば、当然よく聞くべきである。

仏法に帰依した男子よ、この経は諸々の仏の心のなかより来て、全ての生命のあるものの悟りの心へ去り、諸々の悟りを求める修行者の行いの中にあり続けるのです。

仏法に帰依した男子よ、この経はこのように来て、このように去り、このように存在し続けるのです。

このために、この経はこのような計り知れない現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いと通念では理解できない力があり、人々を最上の完全な悟りへと導くのです。

仏法に帰依した男子よ、この経にはまた十の不思議な現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いの力があるのを聞きたくはないか。

大荘厳菩薩は言われた、願わくはお聞かせください。

仏は言われた、仏法に帰依した男子よ、第一にこの経は巧みに未だ仏教に帰依しようという心を起こしていない悟りを求める修行者に菩提心を起こさせ、

情け深さがない者には情けの心を起こし、むごたらしく多くの人を殺すことを好む者には苦しみを救う仏の心を起こさせ、

嫉妬する者には他人のなす善を見てこれに従い喜びの心を起こさせ、欲望にとらわれて離れられない者には欲望を捨てる心を起こさせ、

諸々の物欲が強い者には施しをする心を起こさせ、おごり高ぶるもには戒を堅く守る心を起こさせ、

自分の心に逆らうものを怒り恨むものには侮辱や苦しみに耐え忍ぶ心を起こさせ、善行を修めるのに積極的でない者には雑念を去り仏道修行に専心する心を起こさせ、

諸々の煩悩のために心が乱れて不安定な者には精神をある対象に集中させる心を起こさせ、心性が愚かで一切の道理にくらい者には智慧の心を起こさせ、

未だ他の人を悟りの境地に導くことができない者には他の人を悟りの境地に導く心を起こさせ、殺生、偸盗、邪婬、妄語、両舌、悪口、綺語、貧欲、瞋恚、愚痴の十悪を行う者には不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不悪口、不両舌、不綺語、無貪、無瞋、正見の十善の心を起こさせ、

因縁によって生じた一切のものを楽しむ者には生滅変化しない心を志させ、体の疲れや精神の挫けから仏道修業を止めようとする者には二度と再び迷界に退転しない心を起こさせ、

煩悩に迷って悟りを開く事の出来ない者にはすべての迷いを残らず離れ去る心を起こさせ、煩悩が多い者には煩悩を除き滅する心を起こさせます。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第一の現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いであり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第二にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いの力とは、もし衆生がいたとしてこの経を聞く機会を得た者は、

ある者は一度教えを聞いて、ある者はたった一つの賛嘆の言葉や、或いはたった一句を聞いただけで、すぐに百千億の教義に深く通じて、数え切れないほど多くの教えを授けられそれを演説することができるようになるのです。

理由は何故かというと、この教えは教義が数限りないからです。

仏法に帰依した男子よ、この経は例えて言うならば、一つの種子から百千万を生じ、その百千万の一つ一つからまた百千万を生じ、このように展開し回転して計り知れないほど多くなるように、この経典もまたこれと同じなのです。

一つの教えから百千の教義を生じ、百千の教義の中の一つ一つにまた百千万の数を生じ、このよううに展開して計り知れないほど多くの無限の教義があるのです。

このためにこの経を無量義というのです。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第二の現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いであり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第三にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いの力とは、もし生命のあるものすべてがこの経を聞く機会を得たとすれば、

ある者は一度教えを聞いて、ある者はたった一つの賛嘆の言葉やたった一句を聞いただけで、すぐに百千億の教義に深く通じて、煩悩があるものでも煩悩がないかのごとく、生き死にするような場面においても畏れを心に感じることもないのです。

諸々の生命のあるものすべてに哀れみの心を起こさせ、すべての法において力強くすこやかな心の状態にさせるでしょう。

勇壮な力士が重い人をかついだり持ったりするように、この常に身から離さずに持っていて読誦する者もまたこれと同じなのです。

最上の完全な悟りという重い宝を荷い、生命のあるものすべての苦悩を荷い、生まれ死んでいく苦悩の道から救い出すのです。

未だ自らを悟りの境地に導けない者も、他の人を悟りの境地に導くことができるのです。

船で海運する者が重病になり、全身が動かなくなり岸に停泊していたとしても、堅牢に造られた船というのは常に諸々の生命のあるものすべてを迷いから救う者の道具になるという例えを諭し与えて苦悩を取り除くように、この常に身から離さずに持っていて読誦する者もまたこれと同じなのです。

人が善悪の因によっていく地獄・餓鬼・畜生・人間・天上の五つの世界においてその身体が重病になり、いつまでも変わることなく煩悩にまつわりつかれ邪見や俗念に妨げられて真理を悟ることができない無知や老いや死に苦しむ世界に留まっていようとも、堅牢なこの大乗経無量義が巧みに生命のあるものすべてを悟りの境地に導くということをわきまえ、

この教義のとおりに行ずる者は、生まれては死に死んでは生まれる苦しみや迷いの世界から悟りの世界へと渡れるのです。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第三の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第四にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力とは、もし生命のあるものすべてがこの経を聞く機会を得たとすれば、ある者は一度教えを聞いて、ある者はたった一つの賛嘆の言葉やたった一句を聞いただけで、力強くすこやかになり、未だ自分自身で悟りの境地を開くことができなくても他の人を悟りへと導くことができるのです。

諸々の悟りを求める修行者を従者にし、諸仏や真理に到達した人が常にこの人に向かって仏法を演説するでしょう。

この人はそれをことごとく理解し、従って逆らわない。

状況に従って人のために広くこの経を説くのです。

仏法に帰依した男子よ、この人はたとえば国王と夫人と、新たに王子を生むでしょう。

あるいは一日あるいは二日あるいは七日に至り、あるいは一月あるいは二月あるいは七ヶ月に至り、あるいは一年あるいは二年あるいは七年に至り、

また国事を領有して管理することができないとしても臣民に敬われ、諸々の大王の子を伴侶とするでしょう、王と夫人は、いつくしみ愛する心があり常に関係し共に語り合うでしょう。

理由は何故かというと、幼く小さい子があるという理由によるのと同じように、仏法を信じる人々よ、この経典の教えを銘記して忘れずもっぱら読経する者もこれと同じなのです。

諸々の仏の国王とこの経である夫人とが和合して、共にこの菩薩である子を生ずるのです。

もし悟りを求める修行者がこの経を聞けば、ある者はたった一句を、もしくはたった一つの賛嘆の言葉を聞いただけで、ある者は一度教えを聞いて、あるいは二度、あるいは十、あるいは百、あるいは千、あるいは万、あるいは億万、ガンジス川の砂の数ほど無数に教えを聞き、

また真理のきわみを体現することがなくても、また三千大千の世界を振動させ、雷のように大きな清き声で仏法を説くことができないとしても、すでに出家者や在家の男女や八部衆に仰がれ、諸々の悟りを求める修行者を従者とするでしょう。

深く諸仏の深遠で容易に知りがたい奥義の教えに入って、演説する教えに間違いがなく失敗なく、常に諸仏に心にかけられて守られ慈愛に覆われるでしょう、仏法を学び始めるという理由のために。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第四の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第五にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力というのは、もしも仏法を信ずる男女が、仏がこの世にあるときまたはこの世を去られた後に、このような非常に深くこの上ない衆生救済を重んじる無量義経の教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え書写することをするならば、

この人がまた煩悩に縛られていて、未だ愚かな人間の行いを遠ざけられずにいるといえども、それでもよく修行が進んで不退の位に上った菩薩の道を示し現し、一日を百劫という極めて長い時間にも延ばし、百劫をまた縮めて一日とし、それを聞く生命のあるものすべてを喜ばせ教えを信じさせ服従させるでしょう。

仏法に帰依した男子よ、この善男子と善女人はたとえば龍の子供が生まれて7日目によく雲を起こし雨を降らせるようなものです。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第五の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第六にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力というのは、仏法を信じる男女が、仏がこの世にあるときまたはこの世を去られた後に、この経典の教えを銘記して忘れず読誦するものは、煩悩を持っていようとも、生命のあるものすべて生のために仏法を説き、煩悩や生死の苦悩を遠くに引き離し苦しみを立つことを得させるでしょう。

生命のあるものすべてが聞きおわって修行して仏道修行によって得られる教え、仏道修行によって得る位、仏道修行によって得る悟りは、仏や如来と同じであり差別ないのです。

たとえば王子がまだ小さいとしても、もし王が各地を巡り歩いたり病気になったりしたときは、この王子に任せて国事を管理させる。

王子はこのときに大王の命令によって、法律のように官僚たちに命令し正しいことを述べ伝えれば、国土の人民はその要点に従って、大王が納めるのと同じであり異なることがないかのごとく、この経を受持する仏法を信ずる男女もまたこれと同じことです。

仏がこの世にあるときまたはこの世を去られた後に、この仏法を信ずる男子が未だ菩薩の位の第八位である修行が完成し、自然に菩薩行が行われる状態にまで至っていなくても、仏のこのように説かれた教法を用いて説くことにより、生命のあるものすべてがこれを聞き一心に修行すれば、煩悩を断ち捨て去り、仏道修行によって得られる教え、仏道修行によって得る位、仏道修行によって得る悟りを得るでしょう。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第六の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第七にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力とは、

もし仏法を信ずる男女が、仏がこの世にあるときまたはこの世を去られた後に、この経を聞く機会を得て、歓喜し教えを信じ喜び希有な心を生じ、

仏の教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え書写し解説し教えのとおりに修行し、悟りを求めようとする心を起こし、諸々のよい報いを招くもとになる行為をし、大きな慈悲の心お起こし、

全ての苦悩に苦しむ人々を悟りに導こうとするなら、悟りを求める修行者が未だに涅槃に至るための六つの徳目である布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧を修行せずとも、六つの徳目は自然と身に付き、すなわちこの身において一切のものが不生不滅であると認め、生死や煩悩は直ちに断ち切られ仏道修行の第七の位に上るでしょう。

それはたとえば、勇士が王のために敵を除いてしまったならば、敵がすでにいなくなり王は歓喜して、国の半分を褒美として与えるようなもので、仏の教えを銘記して忘れずにまもる仏法を信ずる人々もまたこれと同じことです。

諸々の仏道を修行する人の中で最も力強く健やかである。

布施、持戒、忍辱、精進、禅定、智慧の六波羅蜜を求めずとも自ずから得たことなのです。

生まれては死に死んでは生まれる苦しみの恨みのある敵は自然にいなくなり、生じることも滅することもないという真理を認識するという仏の国の半分の宝を証明し、安泰に暮らすことができるのです。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第七の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第八にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力とは、

もし仏法を信ずる男女が、仏がこの世にあるときまたはこの世を去られた後に、この経典をよく理解した者は、

人々から尊敬され敬われるさまは仏のお姿を見立て奉るようであり等しく異なることなく、

“この経の仏の教えを願い求め、仏の教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え書写し、仏法のように仏の教えを奉じそれを行い、戒律を守りあらゆる困難に耐えはずかしめをしのぶ行為を堅く守り、他人に金品や教えを与えることによって悟りに達する修行を行い、深い慈悲の心を起こし、このこの上ない衆生救済を重んじる無量義経を、広く人のために説きなさい。 ”

もしある人が長い間、悪い行為と善い行為がもたらす善悪の報いを信じないのならば、この経を持ってこのことを説明し、いろいろな悟りへ導くための巧みな方法を用いて必ずや教化して信じさせよう。

経の服従させる強い力により、その人に信心する心を起こさせ疑いや迷いが解けて理解するでしょう。

仏を信仰する心を起こして何者をも恐れずに雑念を去り仏道修行に専心するために、この経の厳かで徳の高い力を得て仏道を修行して悟りを開き仏道修行の位を得るでしょう。

この理由により、仏法に帰依した男子と仏法に帰依した女子は、教え導くことによる現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を授かるために、男も女もそれ自身において一切のものが不生不滅であると認め、仏道修行の最高の位に至り、諸々の悟りを求める修行者を配下にし、早く巧みに人々を悟りに導き、仏の国を清め、遠からず最上の完全な悟りを得ることができるでしょう。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第八の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第九にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力とは、

もし仏法を信ずる男女が、仏がこの世にあるときまたはこの世を去られた後に、この経を聞く機会を得て喜んで踊りあがり、今までに一度もなかったことを経験し、

仏の教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え書写し供養し、広く人々のためにこの経の教義を理解し解説する者は、

すなわち前世に行った善悪の行為によって現世で報いとしてこうむる罪や障りもいっぺんに消滅し、煩悩、私欲、罪悪などがなく心が清らかになり、物事を理解し見分けることを身に付け、迷いの世界である此岸から悟りの彼岸に到達する修行を身に付け、心を一つの対象に集中して動揺しない心を得、仏の説くところをよく記憶して忘れないようになり、知恵に裏ずけされた努力により速やかに仏道修行の高い位へ登ることを得て、

巧みに分身して十方の国土に現れ、全ての二十五種類の感情や意識などの心の動きを有する生命のあるものすべての苦悩を抜き取り悟りへ導くでしょう。

この理由によりこの経にはこのような力があるのです。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第九の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、第十にこの経の通念では理解できない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力とは、

もし仏法に帰依した男女が、仏がこの世にあるときまたはこの世を去られた後に、この経を聞く機会を得て大いに喜び、今までに一度もなかったことを経験し、仏の教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え書写し供養し説のごとく修行し、また広く在家出家の人に勧め、仏の教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え書写し供養し解説し、仏法の説くように修行させたならば。

既に他の人々にこの経を修行させた力のために、仏道を修行して悟りを開き悟りの境地を得ることは、みなこの仏法に帰依した男女の慈悲の心によって教化する力があるためであり、この仏法に帰依した男女は無量の記憶力、知力、念力を得る方法を得るでしょう。

仏教の教えを理解していない修行者の位において、自然に初めのときにとてつもなく多くの衆生を救おうとしてたてた菩薩の誓願をたて、深くよく全ての生命のあるものを救おうとし、

生命のあるものすべての苦しみを救う仏の大きな慈悲を成就し、広くよく人々の苦悩を抜き、たくさんのよい報いを招く元になる行為を重ねて全てのためになるでしょう。

このようにして教えのめぐみを述べて渇いた心を潤し、巧みに教えの薬をもって諸々の生命のあるものすべてに施し、全てを安楽にし、物事が少しずつ進み向上して、菩薩の最高位にのぼるでしょう。

人や物に利益や幸いをもたらすことがもれなくすべてに及び慈しみを受け、苦悩の生命のあるものすべてを仏道へ導くでしょう。

このためにこの人は、遠くない未来に一切の真理をあまねく知った最上の智慧を成就することができるでしょう。

仏法に帰依した男子よ、これをこの経の第十の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行であり通念では理解できない力というのです。

仏法に帰依した男子よ、このようなこの上ない衆生救済を重んじる無量義経は厳かで高い徳の力があり、敬うべきであってこの上ないのです。

諸々の仏教の教えを理解していない人に仏道修行によって得た悟りの境地を得させて、永遠に生まれては死に死んでは生まれる苦しみから解放されて自由を得させるでしょう。

このためにこの経を無量義と名付けるのです。

全ての生命のあるものに、仏教の教えをまだよく理解していないときに、諸々の悟りを求める修行者の計り知れない多くの悟りを得ようとする心の芽をださせ、現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の樹木を生い茂らせ大きく育てるのです。

このためにこの経を通念では理会出来ない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の力というのです。

そのときに大荘厳菩薩と八万の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者は、声を同じくして仏に向かって言った、

世尊、仏が説かれたような非常に深くはっきりととらえられないほど細かく複雑で難しくこの上なく衆生の救済を重んじる無量義経は、文章の筋道が真に正しく、敬意を払うべきでこの上ない。

過去現在未来における諸々の仏が共に守護なさるものなのです。邪道に誘い込む悪魔や邪教の入り込むことはなく、全ての因果の道理を無視する誤った考え方や生まれては死に死んでは生まれる苦しみに秩序がこわれることはないのです。

この理由のためこの経はすなわちこのような十の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行と不思議な力を持っているのです。

はかることができないほど多く全ての生命のあるものを豊かに利益し、全ての悟りを求める修行者や偉大な大衆にはかることができないほど多くの教義を正しくとらえられるようにし、

あるいは百千の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を全て持つ手段を与え、あるいは悟りを求める修行者の諸々の修行の位や諸々の確信を得させ、或いは、仏の教えによらず十二因縁を観じて理法を悟った者という位や自分だけの悟りを開いた者という位、修行により得られる四つの位である須陀洹果、斯陀含果、阿那含果、阿羅漢果の位を得させるでしょう。

世尊は慈しみあわれみ快く私たちのためにこのような法を説いて、私たちに法のご利益を受けさせてくださいました。

それは大変珍しく今まで一度もなかったことなのです。

世尊のいつくしみぶかい恩に報いることは難しいのです。

この言葉を言い終わると、そのときに三千大千世界が六種に振動し、上空から種々の天華、天優鉢羅華、鉢曇摩華、拘物頭華、分陀利華を雨のように降らし、

また数えきれないほどたくさんの種類の天の香、天の衣、天の瓔珞、天の価値のつけられない宝を雨のように上空より降らして上空より旋回して回転しながら落ちてきて、

仏や諸々の悟りを求める修行者、自己の悟りのみを求める修行者、人々に供養されたのです。

天の鉢に天の百の食べ物がたくさん盛られ、色を見て香りをかぐだけで自然に満たされたのです。

魔軍を制する仏のしるし、旗、天蓋、天の妙なる楽器があちらこちらに置かれ、天の音曲が奏でられ、仏を歌でほめたたえた。

また東方のガンジス川の砂の数ほどある仏の世界を六種に振動させました。

また天の花、香、衣、首飾りや腕輪、値をはかることができないほど貴重な宝を雨のように降らし、天の鉢に盛られた百の異なる食べ物の色を見たり香りを嗅ぐだけで自然に満足した。

魔軍を制する仏のしるしの天の幢、天の幡、天の軒蓋、天の妙なる楽器があちらこちらに置かれ、天の音曲が奏でられ、そこにいらっしゃる仏や悟りを求める修行者や自己の悟りのみを求める修行者、人々を謳歌し賛嘆したのです。

南西北方天地の四つの隅上下もまたこのようでした。

そのときに仏は、大荘厳菩薩と八万の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者に告げて言われた、

おまえたちは、当然この経を深く敬う心を起こし、この教えのように修行し、広く全てを教化して謹みはげみ世に広めるべきである。

当然、常に真心を込めて昼夜仏法を守護して、諸々の生命のあるものすべてに仏法の恵みを得させるべきである。

おまえたち、真にこれが大きなあわれみであり苦しみを取り除くことなのです。

どんなことも自由自在になし得る計り知れない不思議な働きにより衆生を救おうとする誓願の力を使い、この経を守護して疑いためらうことなかれ。

おまえたち、今当然必ず広く人間世界に修行をさせ、全ての生命のあるものに見聞きし読み節をつけて唱え書写し供養することができるようにさせるべきである。

これをすることによって、また速やかにおまえたちに一切の真理をあまねく知った最上の智を得させよう。

そのときに大荘厳菩薩と八万の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者は、座より立って仏のところへ集まり、

仏の足に礼をし巡ること千数百回、前へ出てひざまずき、共に声をそろえて仏に向かって言った、

世尊、われらは快く世尊のいつくしみ哀れむ心を授かりました。

私たちのためにこの非常に奥が深く一言では言い表せないほど複雑でこの上ない衆生の救済を重んじる無量義経をお説きになりました。

礼儀を尽くし仏の声を直接聞き教えを授かり、如来の入滅後において当然広くこの経典を広めさせ、広く世間に全ての教えを銘記させ読ませ節をつけて唱えさせ、書写させ供養させるでしょう。ただ願わくは心配することのないように。

私たちは当然衆生を救おうとする仏の誓願の力により、広く世間全ての生命のあるものにこの経を見聞きさせ読み節をつけて唱え書写し供養させ、この経の自然に人を従わせるような厳かさと福を得させましょう。

そのときに仏はほめて言われた、素晴らしい。素晴らしい。諸々の仏道に帰依した男子よ、おまえたちこそ今真の仏の弟子である。

仏が人々をあわれみ楽しみを与え苦しみを取り除く大きな心を持って深く巧みに人々の苦悩を抜きわざわいを救う者である。

全ての生命のあるものにとって田が実りを生じるように福徳を生じる者である。

広く全てのために仏の教えを説いて人々を仏道に入らせる導師となった。

全ての生命のあるものが頼りとし拠り所として留まるところである。

全ての生命のあるものに施す者である。

常に仏法のご利益を広く全てに施しなさい。

そのときに大いなる集いの人はみな大いに歓喜して、仏に礼を尽くし、教えを銘記して忘れないことを誓い去った。

広告

無量義経十功徳品第三(むりょうぎきょうくどくほんだいさん) 現代語訳」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中