妙法蓮華経随喜功徳品第十八(みょうほうれんげきょうずいきくどくほんだいじゅはち) 現代語訳


その時に弥勒菩薩摩訶薩は、仏に向かって言った。

世尊、もし仏法に帰依した男女があって、この法華経を聞いてありがたく思い大いに喜んだとしたら、どれほどの福を得るだろうか。

そして、詩を説いて言った。

世尊がこの世を去った後に この経を聞くことがあって

もしも、とてもありがたく思い大いに喜ぶ者は どれほどの福を得るのか

その時に仏は、弥勒菩薩摩訶薩にお告げになった。

阿逸多よ、如来がこの世を去った後に、もしも出家男子、出家女子、在家信士、在家信女、及び、それ以外の智慧ある者、もしくは年長者、もしくは年少者が、

この経を聞いてありがたく思い大いに喜び、その後、法会から出てよその場所に行ったとする。

若しくは僧房にあり、若しくは人の中から離れた静かで修行に適した場所、若しくは城壁にかこまれた町やにぎやかな通りや街路や村や田舎に行き、

それを聞いたように、父や母や親戚の者や友人や知り合いの為に、その人の能力に随って説いたとする。

これらの人々は聞き終って、また聞いてありがたく思い大いに喜んで他の者に説いたとする。

他の人は聞き終ってまた聞いてありがたく思い大いに喜んで他の者に説いたとする。

この様に転々と説いて五十番目に至った。

この第五十番目の仏法に帰依した男女が、教えを聞いてありがたく思い大いに喜んだことによる現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を今私は説く。

当然おまえはよく聴くべきだ。

もしも、四百万億阿僧祇の世界の地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道の六道における四種の胎生(母の胎内から生まれるもの)・卵生(卵から生まれるもの)・湿生(湿気の中から生まれるもの)・化生(忽然として生まれるもの)の生まれの生命のあるものすべてが、

卵生・胎生・湿生・化生のもの、若しくは形のあるもの、形のないもの、精神のあるもの、精神のないもの、精神が全くないもの、足のないもの、二足のもの、四足のもの、多足のものなど、

この様な生命のあるものすべての数ある中に、一人の人があって、福を求めて、生けるもの達の欲するままに娯楽の手段を皆与えたとしよう。

各々の生命のあるものすべてに、この世界に満ちている金・銀・瑠璃・碑礪・瑪瑙・珊瑚・琥珀・諸々の素晴らしい珍宝・

そして象や馬・乗物・七宝でできた宮般・楼閣などを与えた。

この大施主が、この様に布施して八十年経ってこう思った。

私は既に生命のあるものすべてに娯楽の手段を施し、意のままに従った。

しかし、この生命のあるものすべては皆既に年老いて、齢は八十を過ぎて髪は白く、顔には皺がより、今にも死のうとしている。

私は今当然仏の教えによってこれを導くべきである。

そこでこの生命のあるものすべてを集めて、教えを説きあまねく行き渡らせ、具体的に教えを示し喜ばして、

一時に皆、須陀洹道(永遠の平安への流れに乗った者)・斯陀含道(一度天界に生れ再び人間界に戻ってさとりに入る者)・阿那含道(もはや人間界にもどることなく天界以上の階位に上って悟りに至る者)・阿羅漢道(涅槃に入って迷いの世界(三界)に生れない者)という最高の修行者の成果を得、諸々の煩悩に迷って悟りを開く事の出来ない凡夫を終えて、

深遠な思いを静め心を明らかにして、皆真正の理を悟るための修行法において望むとおりになすことを得て、八種の解脱を具えるようにさせた。

おまえの心に於いてどう思うか。この大施主の得たところの現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行は、多いかそうではないか。

弥勒は仏に向かって言った。

世尊、この人の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行は、甚だ多くはかり知れない。

もしも、この施主が生命のあるものすべてに娯楽の手段を施しただけでも、現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行は無量だ。

言うまでもなく、阿羅漢果(涅槃に入って迷いの世界(三界)に生れない者)という最高の修行者の成果を得させたのなら尚更のことだ。                            仏は弥勒に告げた。

私は今、はっきりとおまえに語ろう。

この人は、一切の娯楽の手段を、四百万億阿僧祇の世界の、衆生がその業によっておもむく六種の世界の生命のあるものすべてに施し、

また阿羅漢果(涅槃に入って迷いの世界(三界)に生れない者)という最高の修行者という成果を得させた。

それによって得た功徳は、この第五十番目の人が、法華経の詩の一句を聞いてありがたく思い大いに喜んだ現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行には及ばない。

百分の一、千分の一、百千万億分の一にも及ばない。

算数によっても、比喩によっても知る事は出来ない。

阿逸多(弥勒)よ、この様に五十人転々として法華経を聞いて、ありがたく思い大いに喜んだ現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行は、なお計り知れず数えられないほど大きい。

まして、最初の会の中において聞いてありがたく思い、大いに喜んだ者においては言うまでもない。

その福徳の優れている事は、計り知れず数えられないほど大きく比べられるものがない。

また阿逸多(弥勒)よ、もしも、ある人がこの経の為に寺院内にある僧の起居する建物に行き、

或いは坐り、或いは立って、ほんの少しの間でも聴いて受け入れたならば。

この幸福をもたらすもとになる善行によって、生まれ変わった次の場所には、みごとな象や馬や乗物や珍宝の輿を得、そして天の宮般を得るだろう。

もしもまた、人がいて、教えを説き聞かせる場所に坐ったとする。

人がやって来ることがあれば、勧めて坐って聴かせ、或いは座を分けて坐らせたとする。

この人は、その現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行によって、生まれ変わった次の生に、帝釈天の坐所、或いは梵天王の坐所、或いは転輪聖王の坐所を得るだろう。

阿逸多(弥勒)よ、もしまた人が他の人に語って話し、

「法華と名づけ奉る経があります。一緒に行って聴きましょう」と。

そして、その教えを受けて、ほんの少しの間でも聴いたならば。

この人は、この幸福をもたらすもとになる善行によって、生まれ変わって次の生に、陀羅尼菩薩と共に一処に生まれることができるだろう。

鋭利な五根(眼根・耳根・鼻根・舌根・身根)をそなえ智慧があるだろう。

百千万回生まれ変わった生涯においても、耳が聞こえないことや言葉を話せないことにならない、

口の息は臭くなく、

舌は常に病気がなく、口にもまた病気はないだろう。

歯は黒くなく、黄色くなく、疎ける事がなく、欠け落ちることなく、食い違う事がなく、曲ることはない。

唇は垂れ下がらず、ねじれすぼまらず、ざらざらすることなく、できものがなく、口唇裂でなく、

曲っている事がなく、厚くなく、大きくなく、黒くなく、いやなところが少しもないだろう。

鼻は偏平でなく、曲っているという事がなく、

顔は黒くなく、狭くて細長いという事がなく、曲っていることがなく、すべて願わしくない人相はないだろう。

唇も、舌も、犬歯、歯も悉く皆美しいだろう。

鼻は長く高くまっすぐであり、顔つきは円満であり、眉は高く長く、額は広く平たく、人相がそなわっているだろう。

何度にもわたり生まれ変わる所では、仏を見たてまつり、教えを聞いて、その教え諭しを信じ受け入れるだろう。

阿逸多(弥勒)よ、おまえはよくこれを観察せよ。

一人に勧めて、行かせて教えを聴かせることによる現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行とはこの様である。

まして、一心に聴き説き、読み節をつけて唱え、大衆の前で、人の為にもろもろの事理を思量して説かれた通りに修行する者は、言うもでもない。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

もしも、ある人が法会において この経典を聞く機会を得て

そして一つの詩において ありがたく思い大いに喜んで他人のために説いたとする

このように次から次へと教えること 第五十番目になった

最後の人が福を得ることを 今当然諸々の道理を思量し識別するべきである

もしも、偉大な慈善家がいて 計り知れない大衆に贈り物をしたとする

すべてもれなく八十年の間 心の欲する所に従ったとする

彼らは歳をとって衰弱し 髪は白く顔は皺になり

歯は抜けて体は衰えたのを見ると まもなく死ぬであろうと思った

私は今当然教えて 仏道の成果を得させるべきだ

そしてそのために真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段により 煩悩の火を消し知慧の完成した悟りの境地へ至る真実の教えを説こう

「世界全てが堅固でないことは 水の泡や幻影のようである

おまえたちはきっと速く 汚れた現世を嫌い離れようとする心を生じるだろう」

諸々の人はこの教えを聞いて 皆、阿羅漢(涅槃に入って迷いの世界(三界)に生れない者)という最高の修行者の成果を得た

神足通・天眼通・天耳通・他心通・宿命通・漏尽通の六つの超人的な能力 自他の過去世のあり方を自由に知る宿命明、自他の未来世のあり方を自由に知る天眼明、煩悩を断って迷いのない境地に至る漏尽明と八解脱を具えた

最後の第五十番目の人が 詩の一句を聞いてありがたく思い大いに喜んだなら

この人の福が彼に勝っていることは 比喩によっても言い表せない

このように次から次へと聞いても その福はなお計り知れない

まして教えの会に於いて 初めて聞いてありがたく思い大いに喜んだ者は言うまでもない

もしも、一人の人に勧めて 誘って法華経を聴かせることをして

「この経は深遠であり素晴らしく 千万劫の長い時間に於いてさえも遭遇することは難しい」と言い

そしてこの教えを受けに行って聴き ほんの少しの間だけ聞いたとする

その人の福の報いを 今当然に詳しく説くべきである

生まれ変わるたびに口の病気がなく 疎ける事がなく黄色くなく黒くなく

唇は厚くなくすぼめられてなく三口でなく 悪い人相があることはない

舌が乾き黒く短くなく 鼻は高く長くまっすぐであり

額は広く平らであり 顔が整っていて威厳があり

人が見ることを喜ばしく思うだろう 口の息が臭くなく

優曇鉢華(三千年に一度だけ咲く花)の香が 常にその口から出るだろう

もしもわざわざ寺院内にある僧の起居する建物へ行き 法華経を聴こうと望んで

一瞬でも聞いてありがたいと思い大いに喜んだとする 今当然その福を説くべきである

後に天人の中に生まれ 素晴らしい象、馬、車

珍宝の轅(ながえ)を肩に当てて移動する輿を得て そして天の宮殿に乗るだろう

もしも、教えを説いている場所において 人に座るように勧めて聴かせたなら

この福の因縁によって帝釈天、梵天王、輪転王の座を得るだろう

まして一心に聞き その意義を解説し

教えの党利に修行したものは言うまでもない その福は限りない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中