妙法蓮華経陀羅尼品第二十六(みょうほうれんげきょうだらにぼんだいにじゅうろく) 現代語訳


その時に、薬王菩薩は、すぐに座から立ち上って右の肩をあらわにして,

ひたすら合掌して、仏に向かい言った。

世尊、もしも、仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子で、よく法華経の教えを銘記して忘れない者がいたとして、

若しくは読み節をつけて唱え意味を理解し、若しくは経巻を書写したとしたら、どれほどの福徳を得るでしょうか。

仏は、薬王にお告げになった。

もしも、仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子がいて、八百万億那由他のガンジス河の砂の数に等しい諸仏を供養したとしよう。

おまえはどう思うか。その得る処の福徳は、多いであろうかそうではないだろうか。

甚だ多いでしょう。世尊。

仏は言われた。

もしも、仏法に帰依した男子や女子が、よくこの経において、四句の詩を一つだけでも銘記して忘れず、

読み節をつけて唱え、意味を理解し、説かれた通りに修行したとしたら、現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行は甚だ多い。

その時に、薬王菩薩は、仏に向かって言った。

世尊、私は今、教えを説く者に陀羅尼呪を与えて、それによって、これを守護いたしましょう。

そこで呪文を説いた。

あに、 まに、 まね、 ままね、しれ、 しゃりて、 しゃみゃ 、しゃび、 たい、 せんて、 もくて、 もくたび しゃび あいしゃび そうび しゃび しゃえ あしゃえ

あぎに せんて しゃび だらに あろきゃ ばさい はしゃびしゃに ねびて あべんたらねびて あたんだはれしゅだい

うくれ むくれ あられ はられ しゅきゃし あさんまさんび ぼっだびきりじって だるまはりして そうぎゃね くしゃね

ばしゃばしゃしゅだい まんたら まんたらしゃやた うろた うろた きょうしゃりゃ あしゃら あしゃやたや あばろ あまにゃ なたや

世尊、この陀羅尼神呪は、六十二億のガンジス河の砂の数に等しい諸仏の述べている事柄です。

もしも、この仏道の指導者を襲撃したり傷つける者がいたら、それはこの諸仏を襲撃したり傷つけた事になる。

その時に、釈迦族の聖者の如来は、薬王菩薩を讃嘆して言われた。

素晴らしい、素晴らしい、薬王よ、おまえはこの仏道の指導者を憐れみ、侵害や危害からかばい守るためにこの陀羅尼呪を説いた。

諸々の生命のあるものすべてを豊かに利益する事が多いであろう。

その時に、勇施菩薩は、仏に向かって言った。

世尊、私もまた、法華経を読み節をつけて唱え、教えを銘記して忘れない者を侵害や危害からかばい守る為に、陀羅尼呪を説きましょう。

もしも、この仏道の指導者が、この陀羅尼呪を得たならば、あるいは鬼神や、あるいは食人鬼や、あるいは熱病をあたえる鬼や、

吉蔗鬼や、不浄な鬼の鳩槃茶(くばんだ)や、餓鬼どもが、その欠点を探しても簡単に利用されることは無いでしょう。

そして、仏の前でこれらの呪を説いた。

ざれ まかざれ うっき もっき あれ あらはて ねれて ねれたはて いちに

いちに しちに ねれちに ねりちはち

世尊、この陀羅尼神呪は、ガンジス河の砂の数に等しい諸仏の述べている事柄であり、皆ありがたく思い大いに喜ぶでしょう。

もしも、この仏道の指導者を襲撃したり傷つける者があったら、それはこの諸仏を襲撃したり傷つけた事になります。

その時に、世界の擁護者である毘沙門天は、仏に向かってこう言った。

世尊、私もまた、生命のあるものすべてを憐れみ、この仏の教えの指導者を守護する為に、この陀羅尼呪を説きましょう。

そこで呪を説いて言った。

あり なり となり あなろ なび くなび

世尊、この神呪によって、仏道の指導者を侵害や危害からかばい守りましょう。

私は、また自らこの経の教えを銘記して忘れない者を、侵害や危害からかばい守って、百由旬(700Km)以内には、仏の教えの衰えや苦しみがないようにしましょう。

その時に、持国天王が、この会の中にいて、

千万億那由他の奏楽神ガンダルヴァたちに恭しく敬われとりまかれていたが、

進んで仏の所へ来て、合掌して仏に向かって言った。

世尊、私もまた陀羅尼神呪によって、法華経の教えを銘記して忘れない者を侵害や危害からかばい守りましょう。

そこで呪を説いて言った。

あきゃね きゃね くり けんだり せんだり まとうぎ じょうぐり ぶろしゃに あっち

世尊、この陀羅尼神呪は、四十二億の諸仏が述べている事柄です。

もしも、この仏道の指導者を襲撃したり傷つける者があったら、それはこの諸仏を襲撃したり傷つけた事です。

その時に、羅刹女(らせつにょ)達がいた。一を藍婆(らんば)といい、二を比藍婆(びらんば)といい、三を曲歯(こくし)といい、

四を華歯(けし)といい、五を黒歯(こくし)といい、六を多髪(たはつ)といい、七を無厭足(むえんぞく)といい、

八を持瓔珞(じようらく)といい、九を皐諦(こうたい)といい、十を奪一切衆生精気(だついっさいしゅじょうしょうけ)という。

この十人の羅刹女は、鬼子母ならびにその子と一族の者と共に、仏の所にやって来て、声をそろえて仏に向かって言った。

世尊、我らもまた、法華経を読み節をつけて唱え、教えを銘記して忘れない者を、侵害や危害からかばい守って、その仏法の衰えた世の中と苦しみを除きたいと思います。

もしも、仏道の指導者の短所を探り求める者があったとしても、簡単に利用されることは無いでしょう。

そして、仏の前で呪を説いて言った。

いでび いでびん いでび あでび いでび でび でび でび でび でび

ろけ ろけ ろけ ろけ たけ たけ たけ とけ とけ

私の頭の上に登る事があっても、仏道の指導者を悩ます事があってはならない。

若しくは夜叉や、若しくは羅刹や、若しくは餓鬼や、若しくは富単那や、

若しくは吉蔗鬼や、若しくは毘陀羅や、若しくは健駄や、若しくは烏摩勒伽や、

若しくは阿跋摩羅や、あるいほ夜叉吉蔗や、若しくは人吉蔗どもを、

若しくは熱病にかからせたり、若しくは一日、若しくは二日、若しくは三日、

若しくは四日、若しくは七日、若しくは常に熱病にかからせたりするでしょう。

若しくは男の姿、若しくは女の姿、若しくは童子の姿、若しくは童女の姿で、

或いは夢の中でにも、また悩ませたりする事があってはならない。

そして、仏の前で詩を説いて言った。

もしも、私の呪に順わず、教えを説く者を悩まし心を乱したなら、

頭は破れて七つに分かれ、阿梨樹(アルジャカ)の枝のようになるだろう。

父母を殺した罪のように また混ぜ物をして油を搾る者が得るような罪

目方をだまして人を欺く者が得る様な罪 提婆達多が釈迦教団を出て分派活動を行って得た罪のように

仏道の指導者を犯そうとする者は 当然このような罪を得るべきである

諸々の羅刹女は、これらの詩を説き終わって、仏に言った。

世尊、我らも、また当然自らこの経の教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、修行する者を侵害や危害からかばい守り、

心静かに落ち着かせ、諸々の仏の教えの衰えた世の中の苦しみを離れさせ、諸々の毒薬を消させるでしょう。

仏は、諸々の羅刹女にお告げになった。

よく言った、よく言った、おまえたちが、ただよく法華の名を銘記して忘れない者を侵害や危害からかばい守っただけでもその福徳は量り知れぬほどである。

ましてや、侵害や危害からかばい守り、教えを身につけて銘記して忘れず、経巻に花・香・瓔珞・抹香・塗香・焼香・幢幡と天蓋・伎楽を供養し、

種々の燈・蘇燈・油燈・諸の香油燈・蘇摩那草油燈(そまなけゆとう)・瞻葡華油燈(せんぼくけゆとう)・婆師迦華油燈(ばしかけゆとう)を燃やし、

このような百千種のものによって、供養する者を守護したときは、尚更のことである。

皐諦(こうたい)よ、おまえたちと一族の者は、当然このような仏道の指導者を、侵害や危害からかばい守るべきである。

この陀羅尼品の説かれたとき、六万八千人の人が一切のものが生じることも滅することもなく常住不変であると認め確信を得た。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中