妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五(みょうほうれんげきょうかんぜおんぼさつふもんぽんだいにじゅうご) 現代語訳


その時に,無尽意菩薩は、すぐに座から立ち上って、右の肩をあらわにして,

ひたすら合掌して、仏に向かって、このように言った。

世尊、観世音菩薩は何の因縁によって、観世音と名づけるのですか。

仏は、無尽意菩薩にお告げになった。

仏法に帰依した男子よ。もしも、無量百千万億の生命のあるものすべてが、諸々の苦悩を受けているならば、

この観世音菩薩の名を聞いて、一心に名を唱えれば、観世音菩産は、即時にその音声を観じて、

皆、悩みや迷いなど煩悩の束縛から解き放ち自由の境地に到達することを得させるであろう。

この観世音菩薩の名を銘記して忘れない者は、たとえ大火に入ったとしても、火も焼くことは出来ない。

この悟りを求める修行者の霊妙不可思議な力による故に、

もしも、大水に流され漂わされても、その名号を唱えたならば、すぐに浅い所を得るであろう。

もしも、百千万億の生命のあるものすべてが、金・銀・ラピスラズリ・シャコガイ・メノウ・珊瑚・琥珀・真珠等の宝を求めて大海に乗り出し、

たとえば、暴風がその船を吹いて、大力で足が速く人を食うといわれる羅刹鬼の国に標着したとしよう。

その中で、もしも、一人でも観世音菩薩の名を唱えたならば、この諸々の人々は皆、羅刹鬼の難から逃れることを得るだろう。

この因縁によって、観世音と名づけるのである。

もしも、また人が、当然害を及ぼされるであろう時に直面して、観世音菩薩の名を唱えたならば、

彼の振られた刀や杖が、ずたずたに折れて、難から逃れることを得るだろう。

もしも、三千大千国土の中に充満している夜叉や羅刹がやって来て、人を苦しめようとするときに、

その観世音菩薩の名を唱えるのを聞いたら、

この諸々の悪鬼は、凶悪な目によってこれを見る事ができなくなるであろう。まして害を加えることなどできない。

もしも、また人が、若しくは罪があり、若しくは罪がないのに、鎖、手かせ、罪人をつなぐのに用いる刑具にその身をつながれたとしよう。

観世音菩薩の名を唱えたなら、全てことごとく断たれ壊れて、そして、難から逃れることを得るだろう。

もしも、三千大千国土の中に、他人に危害を加えたり他人の財物を奪ったりする者が充満していて、一人の商主が、諸々の商人達を率いて、重宝を持ってけわしい道を通り過ぎるとしよう。

その中の一人が、この唱える言葉を唱えた。

「諸々の仏法に帰依した男子よ。怖れる事はない。

おまえたちは、当然一心に観世音菩薩の名を唱えるべきである。

この悟りを求める修行者は、生命のあるものすべてに何ものをも怖れない智慧を巧みに施される。

おまえたちが、もしも、名を唱えたなら、この怨みを持った賊から解放される事が出来るだろう。」

商人の集団はそれを聞いて、共に声を発して「南無観世音菩薩」と言うであろう。

その名を唱える故に難から逃れることを得るだろう。

無尽意よ、観世音菩薩摩訶薩の霊妙不可思議な力の徳の高く尊いことは、このようである。

もしも、生命のあるものすべてが、色情の欲が多いなら、常に念じて観世音菩薩を恭しく敬ったならば、色情の欲を離れる事が出来るであろう。

もしも、自分の心に逆らうものを怒り恨む念が多い者がいて、常に念じて観世音菩薩を恭しく敬うならば、自分の心に逆らうものを怒り恨む念を離れる事が出来るであろう。

もしも、一切の道理にくらいことの多い者がいて、常に念じて観世音菩薩を恭しく敬うならば、一切の道理にくらいことを離れる事が出来るであろう。

無尽意よ、観世音菩薩には、この様な偉大な霊妙不可思議な力があり、豊かに利益するところが多い。

この理由のために、生命のあるものすべては、常に心に念ずべきである。

もしも、女人がいて、たとえば男の子供が欲しいならば、観世音菩薩を礼拝し供養したならば、福徳と智慧のある男の子を生むであろう。

もしも、女の子供が欲しいならば、観世音菩薩を礼拝し供養したならば、顔だちなどが美しく整っている姿をしていて、前世に自らを高め他を感化する精神的能力を得るための修養をした為に多くの人々に愛され尊敬されるような女の子を生むであろう。

無尽意よ、観世音菩薩には、このような力がある。

もしも、生命のあるものすべてが、観世音菩薩を恭しく敬い礼拝したならば、福徳は、その甲斐がなく無駄になるという事がない。

それ故に、生命のあるものすべては、皆、観世音菩薩の名を銘記して忘れなようにするべきである。

無尽意よ、もしある人がいて、六十二億のガンジス河の砂の数に等しい悟りを求める修行者の名を銘記して忘れず、

また、命が尽きるまで、飲食・衣服・臥具・医薬を供養したとする。

おまえはどう思うか。この仏法に帰依した男子や、仏法に帰依した女子の、現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行は、多いか少ないか。

無尽意は言った。とても多いでしょう、世尊。

仏は、言われた。

もしも、またある人が、観世音菩薩の名を銘記して忘れず、あるいはほんの一時でも礼拝し、供養したとする。

この二人の福徳は、共に等しく、異なることがない。百千万億劫経っても極めつくす事は出来ない。

無尽意よ、観世音菩薩の名号を銘記して忘れないならば、このような無量無辺の福徳の利を得るだろう。

無尽意菩薩は、仏に向かって言った。

世尊、観世音菩薩は、どのようにしてこの娑婆世界にさまよい、どの様にして生命のあるものすべてに教えを説かれるのでしょうか。

衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きは、その事にどのように用いられたでしょうか。

仏は、無尽意菩薩にお告げになった。

仏法に帰依した男子よ、もしも、国土に生命のあるものすべてがいて、仏の身によって悟らせて彼岸に渡すべき者には、

観世音菩薩は、すぐに仏の身を現して、彼らの為に教えを説き、

独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者の身を現して、彼らの為に教えを説き、

自己の悟りのみを求める修行者の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに自己の悟りのみを求める修行者の身を現して、彼らの為に教えを説き、

梵天の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに梵天の身を現して、彼らの為に教えを説き、

帝釈天の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに帝釈天の身を現して、彼らの為に教えを説き、

自在天の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに自在天の身を現して、彼らの為に教えを説き、

大自在天の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに大自在天の身を現して、彼らの為に教えを説き、

天大将軍の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに天大将軍の身を現して、彼らの為に教えを説き、

毘沙門天の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに毘沙門天の身を現して、彼らの為に教えを説き、

小王の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに小王の身を現して、彼らの為に教えを説き、

長者の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに長者の身を現して、彼らの為に教えを説き、

在家男子の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに在家男子の身を現して、彼らの為に教えを説き、

宰相や官吏の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに宰相や官吏の身を現して、彼らの為に教えを説き、

婆羅門の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに婆羅門の身を現して、彼らの為に教えを説き、

出家男子・出家女子・在家信士・在家信女の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに出家男子・出家女子・在家信士・在家信女の身を現して、彼らの為に教えを説き、

長者・在家男子・宰相や官吏・婆羅門の妻の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに妻の身を現して、彼らの為に教えを説き、

童子・童女の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに童子・童女の身を現して、彼らの為に教えを説き、

天人・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽・人間・人間でないものなどの身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに皆これを現して、彼らの為に教えを説き、

執金剛神(仏教の護法善神)の身によって悟らせて彼岸に渡すのがよい者には、すぐに執金剛神の身を現して、彼らの為に教えを説くのだ。

無尽意よ、この観世音菩薩は、この様な現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を成就して、種々の形となって、諸々の国土に行って教化し、生命のあるものすべてを迷いの世界から脱出させるのだ。

それ故に、おまえたちは、一心に観世音菩薩を供養せよ。

この観世音菩薩摩訶薩は、怖れや危急の難の中に於いて、恐れることの無い自信を巧みに施す。

この故に、この娑婆世界では、皆これを名づけて、衆生の恐れの心を取り去って救う者と呼ぶのだ。

無尽意菩薩は、仏に言った。

世尊、私は今、観世音菩薩を供養いたします。

そこで、頸にかけた多くの宝珠を連ねた瓔珞の、百千両金の価値があるものを解いてこれを与え、こう言った。

情け深い者よ、この法施の珍宝の瓔珞をお受けください。

しかし、観世音菩薩は、これを受けなかった。

無尽意菩薩は、また観世音菩薩にこう言った。

情け深い者よ、我らを憐れんで、この瓔珞をお受けください。

その時、仏は、観世音菩薩にお告げになった。

当然、この無尽意菩薩と、出家者と在家者の男女と、天人・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・

迦楼羅・緊那羅・睺羅伽・人間・人間でないものなどを憐れんで、この瓔珞を受けるべきである。

即時に観世音菩薩は、諸々の出家者や在家者の男女と、天人・龍・人間・人間でないものなどを憐れんで、その瓔珞を受け、

二つに分けて、一つは釈迦族の聖者の如来に奉り、一つは多宝仏の塔に奉った。

(仏は、無尽意菩薩にお告げになった。)無尽意よ、観世音菩薩には、この様な自在な超人的な能力があって、娑婆世界の諸所に出かけて人々を教化するのだ。

その時に、無尽意菩薩は、詩によって問うて言った。

世尊は並はずれてすばらしい相を備えていらっしゃいます 私は今重ねてこれを問いたてまつります

その仏の弟子を、何の因縁によって 観世音と名づけるのですか

不思議なほどにすぐれている姿を備えた世尊は 詩によって無尽意に答えた

おまえは観音の行いを聴け 巧みに諸々の方面に対応する

自ら悟りをひらきあらゆる衆生を救って彼岸に渡そうとする広大な誓願の深い事は海の様である 劫を経ても思いはかることは出来ない

幾千億の仏にお仕えして 煩悩や罪などがなく清らかな願いをおこしたのだ

私はおまえの為に略して説こう その名を聞きそして姿を見て

心に念じて空しく過ごさいならば 心をもつすべての存在の苦しみを巧みに減するだろう

仮に害を及ぼしたいと思う者があって 大きな地獄の火の穴に突き落とそうとするとき

彼の観音の力を念じるならば 地獄の火の穴は変じて池となるであろう

或いは大海に漂流して 龍や魚や諸々の鬼などの難があっても

彼の観音の力を念じるならは 波浪もその人を沈めることは出来ない

或いは須弥山の峰にいて 人に突き落とされても

彼の観音の力を念じるならば 太陽のように虚空にとどまるだろう

或いは悪人に追われて 金剛山から墜落しても

彼の観音の力を念じるならば 一本の毛をも失うことはないであろう。

或いは怨みを持った賊が周囲を囲んで 各々刀を持って害を加えることに遭っても

彼の観音の力を念じるならば 悉く皆その途端に慈悲心をおこすだろう

或いは王に背いたことが原因で起こる災難の苦に遭って 刑に処せられ命が終ろうとするときに

彼の観音の力を念じるならば 刀は細かく切り刻まれ折れるであろう

或いは足かせと鎖に束縛され捕らえて獄中に禁固され 手かせ・足かせに縛られたときに

彼の観音の力を念じるならば 恨みや疑いが消えて心が晴れるように解けて解放されるであろう

呪いや諸々の毒薬で 身を害されようとした者が

彼の観音の力を念じるならば 呪いはかえって呪った者にとりつくだろう

或いは凶悪な羅刹 毒龍や諸々の鬼などに遭遇しても

彼の観音の力を念じるならば その時に悉くあえて害したりしないだろう

若しくは悪獣に取り囲まれて 鋭い牙やつめに恐れているときに

彼の観音の力を念じるならば 急いで果てしない方向へ走り去るだろう

トカゲや蛇やサソリの 毒気が煙と火が燃えるようであるときに

彼の観音の力を念じるならば 声を聞いて自ら回り去るであらう

雲は雷鳴し稲妻が光り 雹を降らし大雨を注いでも

彼の観音の力を念じるならば その瞬間に消えてなくなるであろう

生命のあるものすべてが困難を被って 無量の苦しみに身をせめられても

観音妙智の力は 巧みに世間の苦しみを救うであろう

超人的な能力を備え 広く智慧によって救済するために用いるさまざまな方法を修めて

十方の諸々の国土に 身を現さぬ仏国土は無い

種々の諸々の現世で悪事をした結果来世におもむく苦悩の世界 地獄・餓鬼・畜生

生老病死の苦しみを それによって徐々に悉く消滅させるだろう

真理を観じ清らかに観じ 広大な物事をありのままに把握し真理を見極める認識力によって観じ

世の中や人生を悪と苦に満ちていると観じ慈悲の心をもって観じ 常に願い常に仰ぎ見るだろう

煩悩のけがれを離れて清浄である光によって 智慧の太陽は諸々の闇を破り

巧みに災難の風や火を消して 普く明らかに世間を照らす

慈悲のすがたの戒めは雷のように震え 慈愛の心の不思議なまでに優れているさまは大雲の如く

天上の神々の飲む忉利天にある甘い霊液のような仏の悟りの教えの雨をそそぎ 煩悩の炎を消滅し除く

訴え出て法廷での争いを経たり 軍の陣営の中で怖れているときにも

彼の観音の力を念じるならば 多くの恨みはことごとく退散する

言うに言われぬ美しい音声の観世音は 五種清浄の音を発するという梵天の王の声音や、広大な慈悲の音声があまねく聞こえる海の潮の音や

彼の世間の音より勝れる この故に当然常に念じなければならない

一瞬間たりとも疑いを生じてはならない 観世音は清らかで尊い

苦悩と死と災難において それゆえに巧みに頼れる者となった

一切の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を備えて 慈悲の心をもって衆生を見る眼によって生命のあるものすべてを見る

福徳を集めた海は無量である それ故に前にひれ伏し頭を地につけ足元を礼拝せよ

その時に持地菩薩は、すぐに座から立ち上って仏の前へ進んで行って言った。

世尊、もしも、すべて生命のあるものが、この観世音菩薩品の意のままである行為と、すべての教えを自分に体現させる超人的な能力を聞いた者ならば、

当然、知るべきである。この人の現世や来世に幸福をもたらすもとになる良い報いは、少なくはないことを。

仏がこの普門品を説かれたとき、集いの中の八万四千人の生命のあるものすべては、

皆、並ぶものが無い一切の真理をあまねく知った最上の智慧に向かう心をおこした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中