妙法蓮華経見宝塔品第十一(みょうほうれんげきょうけんとうほんだいじゅういち) 現代語訳


その時に、仏の前に七宝の塔が現れた。

高さ五百由旬(3千5百Km)、幅と奥行は二百五十由旬(1750Km)であった。

大地から湧き出して、空中に留まった。

種々の宝によって、これを飾っていた。

五千の欄干があり、仏像・仏具を納めるために設けた室は千万あった。

無数の竿に垂れ下がった長い飾り布で美しく飾り、宝石の瓔珞を垂れ、

宝石の鈴は万億であり、その上にかかっていた。

四面はすべて、月桂樹の香りや白檀の香りを放ち、世界に充満した。

諸々の幢幡と天蓋は、金・銀・瑠璃・シャコガイ・メノウ・真珠・カーネリアンの七宝によって作られ、高く四天王の宮殿まで達していた。

三十三天(忉利天)の天人達は、天の曼陀羅華を降らして宝塔を供養し、

その他の諸々の天人・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽と、人間と、人間でないものなどの千万億の集団は、

すべての花や、香や、瓔珞や、幟旗と笠や、伎楽によって宝塔を供養して、恭しく敬い、尊重し、讃嘆し奉った。

その時に、宝塔の中から大きな音がして、讃嘆して言った。

「素晴らしいことだ、素晴らしいことだ。釈迦族の聖者は、平等の大いなる智慧・菩薩を教える法・仏が心にかけられて守られると名づけられた教え・妙法華経をよく大衆の為に説かれた。

その通りである。その通りである。世の中で最も尊い釈迦族の聖者よ。説かれたことは皆真実である。

その時、出家者と在家者の男女は、大宝塔が空中に止まっているのを見た。また、塔の中から聞こえてきた音声を聞いて、皆、仏の教えを聞いて信じることによって心にわく喜びを得た。

今まで一度もなかったことであると疑わしく思い、座より立って恭しく敬い、合掌し、退いて一隅に立っていた。

その時、悟りを求める修行者であり大乘を求める修行者がいた、大楽説という名であった。

一切の世間の天人や、人間や、阿修羅たちが心の中で不審に思っているのを知って、仏に向かって言った。

世尊、どのような因縁から、この宝塔は地中から涌出し、また、その中からこの音声が発せられたのですか。

その時、釈迦様は大楽説菩薩にお告げになった。

「この宝塔の中に、如来のからだ全体があるのだ。過去において、東方へ無量千万億阿僧祇離れた世界に国があった、宝浄という名であった。

彼の中に仏がいた。名を多宝といった。その仏が悟りを求める修行者の道を行じていたとき、大きな誓いを立て、成就するように願った。

もしも、私が仏となり、生死の迷いを超越した悟りの境地に入った後に、十方の国土において法華経を説くところがあったならば、

私の塔廟は、この経を聴く為にその前に涌き出して、この教えが正しいことを明らかにし、讃えて、素晴らしいことだ、と言おう。

彼の仏(多宝如來)は、修行して悟りを開き仏となって、この世を去るときに臨んで、天人と人間の大衆の中において、諸々の出家男子にお告げになった。

私が世を去った後に、私の全身を供養しようと思う者は、一つの大きな塔をきっと建立するであろう。

その仏は、神通力と願力とによって、十方世界のあちらこちらで、もしも、法華経を説くことがあれば、

彼の宝塔が、皆その前に涌出して、多宝如来の全身は塔の中にあって、讃めて『素晴らしいことだ、素晴らしいことだ』と言う。

大楽説よ、今、多宝如来の塔は、法華経を説くのを聞きたまわれるために、地中から涌出して、讃めて『素晴らしいことだ、素晴らしいことだ』と言うのだ。

この時、大楽説菩薩は、如来の神通力を知って、仏にこう言った。

世尊、我々は、この仏のお身体を見たいと願います。

仏は、大楽説菩薩にお告げになった。この多宝仏には、深遠で大きな願いがある。

「もしも、私の宝塔が、法華経を聴く為に諸仏の前に出たときに、諸々の仏が、わが身を出家者と在家者の男女に示したいと思うならば、

その仏の分身の諸仏で、十方の世界にあって教えを説いている者達を、全て一ヵ処に戻して集めよ。それがされた時だけ、私の身体を出現させよう。」

大楽説よ、私の分身の諸々の仏で、十方の世界にあって教えを説いている者達を、今、当然きっと集めるべきである。

大楽説は、仏に向かって言った。

世尊、私たちもまた、願わくは世尊の分身の諸仏を、見奉り礼拝し供養したいと願います。

その時に、仏は眉間の白豪から一つの光を放たれた。すぐに東方の五百万憶那由他のガンジス河の砂の数に等しい国土の諸仏を見奉った。

それらの諸々の国土は、すべての大地は水晶であり、宝石をちりばめた樹木と宝石をちりばめた衣で飾られ、無数千万億の悟りを求める修行者が、その中に充満していた。

いたるところに宝石をちりばめた幔幕を張り、宝石で飾られた網で覆われていた。

彼の国の諸仏が、美しく素晴らしい声で諸々の教えをお説きになり、また無量千万億の悟りを求める修行者が、諸国に充満して大衆のために教えを説くのを見た。

南・西・北・天地の四つの隅(北西・南西・南東・北東)・上下の方角、白毫相の光が照らした所は、またこのようであった。

その時に、十方の諸仏は、諸々の悟りを求める修行者にお告げになった。

仏法に帰依した男子よ、私は今きっと、娑婆世界の釈迦族の聖者の如来の所に行くであろう。そして、ともに多宝如来の宝塔を供養する。

その時、娑婆世界は変化して清浄になり、瑠璃を大地とし、宝石の樹に飾られ、黄金を縄として八道を区切り、

衆落・村落・都市・大海・川・山・河・林藪などがなく、非常に貴い宝の香をくゆらし、曼陀羅華を普く大地に布き、

宝石をちりばめた網や慢幕をその上にかけて覆い、宝石の鈴をかけ、ただこの集いの人々のみを残して、諸々の天人や人間を他の国土に移された。

この時、諸仏は各々、一人の大菩薩を連れて侍者とし、娑婆世界に到着し、宝石の樹の下に行き着かれた。

一つ一つの宝石の樹は高さ五百由旬(3千5百Km)であり、枝・葉・花・果実で次第に飾られていた。

諸々の宝石の樹の下には皆、獅子座があり、高さ五由旬(35Km)であり、また非常に貴い宝で飾られていた。

その時に諸仏は、各々この座の上に両足を組んで坐られた。

このようにして次々と、三千大千世界に広く一杯に行き渡った。

しかし、単に一つの方向だけから到着している釈迦族の聖者の如来の分身でさえ、未だなお尽きることはなかった。

その時に、釈迦族の聖者の如来は、分身の諸仏を受け入れようと願うために、八方それぞれに、更に二百万億那由他の国を変えて全て清浄にされた。

地獄・餓鬼・畜生・阿修羅は存在せず。また、諸々の天人や人間を移して他の国土に置いた。

変えられた国は瑠璃を大地とし、宝石の樹で飾られていた。

樹の高さは五百由旬(3千5百Km)あり、枝・葉・花・果実で次第に飾られていた。

樹の下には皆、宝石の獅子座があり、高さ五由旬(35Km)で、種々の宝石で飾られていた。

また大海・河・目真鄰陀山・摩詞目真鄰陀山・鉄囲山・大鉄囲山・須弥山などの諸々の山の王はなく、通じて一仏国土となり、宝石の大地は平坦であった。

宝石を連ねたカーテンがあまねくその上を覆い、諸々の幟旗と笠をかけ、非常に貴い宝の香をくゆらし、諸々の天の宝華が普く地に布かれていた。

釈迦族の聖者の如来は、当然諸々の仏を来らせ座らせるために、また八方において、それぞれ二百万億那由他の国を変えて、全て清浄にされた。

地獄・餓鬼・畜生・阿修羅は存在することはなく。また、諸々の天人や人間を移して他の国土に置いた。

変えられた国は瑠璃を大地とし、宝石の樹で飾られていた。樹の高さは五百由旬(3500Km)あり、枝・葉・花・果実で次第に飾られていた。

諸々の宝石の樹の下には皆、獅子座があり、高さ五由旬(35Km)であり、また非常に貴い宝で飾られていた。

また大海・河・目真鄰陀山・摩詞目真鄰陀山・鉄囲山・大鉄囲山・須弥山などの諸々の山の王はなく、通じて一仏国土となり、宝石の大地は平坦であった。

宝石で作られた交差する慢幕が、全てその上を覆い、諸々の幟旗と笠をかけ、非常に貴い宝の香をくゆらし、諸々の天の宝華が普く地に布かれていた。

その時、東方において教えを説いていられた、釈迦族の聖者の如来の分身の、ガンジス河の砂の数に等しい百千万億那由他の諸仏は、ここに来集した。

この様にして、次第に十方の諸仏は、皆全て集まってきて八方に坐った。

その時、一つ一つの方角の四百万億那由他の国土に、諸仏・如来は、その中にあまねく充ち満ちた。

この時に、諸仏は、各々宝石の樹の下にあって獅子座に坐り、皆、侍者を遣わして釈迦族の聖者の如来に言葉を述べて挨拶をさせた。

各々、宝華を両手にいっぱい持たせて、これにこう告げた。

仏法に帰依した男子よ、おまえたちは耆闍崛山の釈迦族の聖者の如来のところに参拝し、私がこれから言うように伝えなさい。

病も少なく、悩みも少なく、気力あり、安楽におすごしですか。また菩薩や声聞たちはみな安穏でしょうか。

この宝華を、釈迦族の聖者の如来に散じ、供養してからこう言いなさい。

「彼の誰それの仏は、この宝塔を開きたいと思います。」

諸仏が、使いを遣わされた事は、またこのようであった。

その時に釈迦族の聖者の如来は、分身の諸仏が既にことごとく集まって、各々が獅子座に坐ったのをご覧になった。

みな諸々の仏が同じように、宝塔を開こうと思ったことをお聞きになって、ただちに座から立って、虚空の中に留まられた。

すべての出家者と在家者の男女は、起立して合掌し、一心に仏を見奉った。

そこで釈迦族の聖者の如来は、右の指によって七宝塔の戸を開かれた。

大音声を出すこと、門のかんぬきと鍵を外して大きな城の門を開くときのようであった。

その時に全て集っていた衆は、皆、多宝如来が宝塔の中の獅子座に坐りたまい、全身は完全で損なわれることなく禅定に入っているようであるのを見た。

そしてまた、「素晴らしいことだ、素晴らしいことだ、釈迦族の聖者の如来よ、よくこの法華経を説きたまわれる。私は、この経を聴こうとするためにここにやって来たのだ」と言うのを聞いた。

その時、出家者と在家者の男女は、過去の無量千万億劫の昔に生死の迷いを超越し悟りの境地を開かれた仏が、このような言葉をお説きになったのを見て、

今まで一度もなかったことであると心を強く動かし、天の宝華を集めてそれを多宝仏と釈迦族の聖者の如来の上に散じた。

その時に多宝仏は、宝塔の中において座席の半分を分かち釈迦族の聖者の如来に与えて、こう言われた。

釈迦族の聖者の如来、この座に就かれよと。

すぐに釈迦族の聖者の如来は、その塔の中に入り、その半座に坐って両足を組んで坐られた。

その時に大衆は、二如来が七宝塔の中の獅子座の上にあって両足を組んで坐っていらっしゃるのを見奉って、各々こう思った。

仏は高く遠いところに坐っていらっしゃる。ただ願わくは如来よ、神通力によって、私たち仲間を共に何もない空間に移したまえ。

すぐに釈迦族の聖者の如来は、神通力によって諸々の大衆を何もない空間におかれた。

大音声で普く出家者と在家者の男女にお告げになった。

誰がこの娑婆世界において広く妙法華経をよく説く事が出来るであろうか。

今が正しくその時である。

当然間もなく如来は、一切の悩みや束縛から脱した円満安楽の境地に入るべきである。

仏は、この妙法華経を委ねて、それが保たれるようにと願う。

その時に世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

聖主世尊 長い間生死の迷いを超越した悟りの境地に入っていたといえども

宝塔の中に在って なお教えのために来ていただきました

どうして諸々の人が 教えのために励まないことがありましょうか

この仏がこの世を去られて 数え切れないほどの時がたちました

多くの場所で仏の教えを聞くことは 遭遇するのが困難であるという理由により

彼の仏が衆生を救済するために起こした誓願は 「私(多宝如来)がこの世を去った後

あちらこちらで 常に教えを聴こうとするためにしたのです」

また私(釈迦牟尼仏)の分身の 計り知れないどの多くの諸々の仏は

ガンジス川の砂の数のごとくであり 来たりて教えを聞くことを欲し

そして生死の迷いを超越した悟りの境地へ入られた 多宝如来を見たてまつらんと欲して

それぞれの素晴らしい土地や 弟子たちを捨て

天人、人、龍神たちの 諸々の供養を捨て

教えを長く保たせようとするために この場所に来られた

諸々の仏を座らせようとするために 神通力によって

数え切れないほどの衆を移動して 国を清浄に変えたのだ

諸々の仏はそれぞれに 宝樹の下に詣でた

清涼な池の 蓮の花が厳かに咲いたようである

その宝樹の下の 諸々の師子座に

仏はその上に座りたまい 心身から発する光で厳かに飾られ

夜の闇の中に 大きなかがり火を燈すようである

身体から言うに言われぬ美しい香りを出し 十方の国へと広がり

全ての生けるのものは香りを浴びて 自らの喜びを抑えることができない

例えば大きな風が 小さな木の枝を吹くようである

この教え導き悟りに近づけるための巧みな方法によって 教えを長く留めさせる

諸々の大衆に告げる 私(釈迦牟尼仏)がこの世を去った後に

誰がよくこの経を護り 教えを銘記して忘れず見て読み声を出して読むであろう

今仏の前において 自ら誓う言葉を説け

その多宝仏は 長い間生死の迷いを超越した悟りの境地へ入られていたとはいえども

大きな誓いを立て成就を願って 獅子がほえて百獣を恐れさせるように悪魔や外道を恐れ従わせる

多宝如来とわが身が

集めたさまざまな姿となって現れた仏たちよ 当然これが目的であると知るべきである

諸々の仏の弟子たち 誰がよく仏法を護るであろう

当然仏が衆生を救おうとする誓願を発して 長く保たれることが得られるべきである

この経典の教えを守ることができる者は

すなわちこれ 私(釈迦牟尼仏)および多宝を供養することである

この多宝仏は 宝塔に在って

常に十方に旅をする この経のための理由である

またまた 諸々の所から来られて姿を現した仏は

諸々の世界を 厳かに飾り心身から発する光で飾る者を供養するのだ

もしも、この経典を説くならば すなわちそれは私(釈迦牟尼仏)と

多宝如来 および諸々のさまざまな姿で現れた仏を見奉るのだ

諸々の仏法に帰依した男子よ それぞれ真理を諦観する心で考えよ

これは難しい問題である 衆生を救おうとする誓願を起こせ

他の諸々の経典は ガンジス川の砂ほど多い

これらの教典を説いたとしても それは難しいと考えるに値しない

もしも、須弥山をつかんで 他の方角の

無数の仏土に投げたとしても またいまだ難しくはない

もしも、足の指によって 大千世界を動かし

遠く他国に投げたとしても いまだ難しくない

もしも、色界の上にある無色界の中で最上天である有頂天に立って 衆生のために

数え切れないほどの他の経典を演説したとしても またいまだ難しくはない

もしも、仏がこの世を去った後 悪世の中において

よくこの経典を説こうとすれば これこそすなわち難しいことである

もしも、ある人が 手に虚空を握って

それとともに歩き回ったとしても またいまだ難しくはない

私がこの世を去った後 もしくは自ら書き教えを銘記して忘れず

もしくは人に書かせる これこそ難しいことだ

もしも、大地を 足の甲の上において

大梵天に昇ることも またいまだ難しくはない

仏がこの世を去った後に 仏法の衰えた時代の悪世の中において

少しの間この経を読む これすなわち難しいことである

もしも、世界の破滅期の終りにおこる火災に 乾いた草を背負って

中に入って焼けることがないことも またいまだ難しくはない

私がこの世を去った後 もしも、この経の教えを銘記して忘れず

たった一人のために説く これすなわち難しいことである

もしも、八万 四千の仏の説いた教えを記した経典や

十二部経の教えを銘記して忘れず 人の為に演説して

諸々の聞く者たちに 六つの神通力を会得させる

よくこのようにするといえども またいまだ難しくはない

私がこの世を去った後 この経を聴き教えを銘記して忘れず

その教義や趣旨を問う これすなわち難しいことである

もしも、ある人が教えを説いて 千万億

無量無数 ガンジス川の砂の数ほどの衆生に

阿羅漢を得させ 六つの神通力を備えさせる

そのような利益を与えたといえども またいまだ難しくはない

私がこの世を去った後 もしも、よく

このような経典を奉り教えを銘記して忘れない これすなわち難しいことである

私は仏道によって 数え切れないほど多くの国土において

最初から現在に至るまで 広く諸々の経典を説く

しかもその中において この経典が第一である

もしも、よく教えを銘記して忘れないことがあれば すなわち法身・報身・応身の三身を持つのである

諸々の仏法に帰依した男子よ 私がこの世を去った後において

誰がよくこの経を護り教えを銘記して忘れず見て読み声を出して読むであろう

今仏の前において 自ら誓う言葉を説け

この経典の教えを銘記して忘れない事は難しい もし少しの間でも教えを銘記して忘れずにいる者がいるならば

私はそれによって歓喜する 諸々の仏もまたそうである

このような人は 諸々の仏が賛嘆するところである

これ即ち勇気があって何物をも恐れないことであり これ即ち雑念を去り仏道修行に専心することである

過ちを犯さないために守らなければならない禁制を守り 衣食住に対する欲望を払いのける修行をする者と名づける

即ちこの方法は速く この上ない仏道を得るのだ

未来世において この経典をよく読み教えを銘記して忘れずにいる者は

これこそ真の仏の弟子である 素朴で穢れのない地に住む

仏がこの世を去った後に よくこの教義を理解するならば

これは諸々の天人、人 世間の眼である

恐ろしい世の中において よく少しの間でも説くならば

全ての天人や人は みな供養するであろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中