妙法蓮華経薬草喩品第五(みょうほうれんげきょうやくそうゆほんだいご) 現代語訳


その時に世尊は、摩詞迦葉及び、諸々の大弟子にお告げになった。

「よく言った、よく言った、迦葉よ、如来の真実の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行をよく説いた。誠に言う通りだ。

如来には、また計り知れないほど多く広い、現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行がある、おまえたちが、もし永遠に長い間において説いたとしても、説き尽くす事は出来ない。

迦葉よ、当然知るべきである。如来は、諸々の教えの王であるから、お説きになるものは皆、虚妄ではない。

一切の教えにおいて、真実の教えに導くため仮にとる便宜的な智慧の手段によって、これを説くのだ。

その説くところの教えは、一切のものについて完全に知る智慧の位へ導く。

如来は、この世に存在する有形や無形の一切のものが、最後に行き着く所を観察して知り、

また、一切の生命のあるものすべての心の奥底の働きを知って、すみずみまで通じ妨げるものがない。

また、この世に存在する有形や無形の一切のものに於いて、究めつくして明らかに悟っており、諸々の生命のあるものすべてに一切の智慧を示す。

迦葉よ、例えば、一人の仏の教化する三千大千世界の山や、川や、渓谷や、土地に生える草や、木や、叢や、林や、諸々の薬草は、さまぎまな種類があり、名前も形も各々異なっている。

厚く重なった雲が広がり、普く一人の仏の教化する三千大千世界を覆い、一時に等しく降り注ぐ、

その水気は普く草や、木や、叢や、林や、諸々の薬草の小さい根、小さい茎、小さい枝、小さい葉や、中ほどの根、中ほどの茎、中ほどの枝や、大きい根、大きい茎、大きい技、大きい葉を潤す。

諸々の樹の大小、上中下に随って各々受ける場所がある。

一つの雲から降った雨は、その種となる素質に応じて生長することができて、花をつけ、実をみのらせる。

一つの大地から生じ、一つの雨に潤されるのであっても、しかし、諸々の草木は、各々差異や種別があるようなものだ。

迦葉よ、当然知るべきである。如来もまた、それと同じである。

如来が、世に現われる事は、大雲が起きるようなものだ。

大音声によって、世界中の天人や、人間や、阿修羅に教えを聞かせる事は、かの大雲が普く三千大千国土を覆うようである。

如来は、大衆の中で、この言葉を唱える。『私は、如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊といい、仏に対する十種の称号を得た。

未だ悟りの境地に渡っていない者を悟りの境地へ渡らせ、

未だ理解しない者を理解させ、

未だ安心していない者を安心させ、

未だ煩悩の火が消された状態の涅槃を得ていない者には、涅槃を得させる。

現世と後の世を、ありのままのごとくにこれを知る。

私は、一切を知る者、一切を見る者、道を知る者、道を開く者、道を説く者である。

おまえたち、天人や、人間や、阿修羅達は、きっと皆ここに来るであろう。教えを聴く為に。

その時、無数千万億の様々な生命のあるものすべては、仏の処にやって来て教えを聴いた。

如来は、その時、この生命のあるものすべての諸々に備わる、教えを受けて発動する資質が、鋭いか、鈍いか、雑念を去り仏道修行に専心するか、怠けるかを観察して、

そのできる能力に応じて、種々沢山の教えを説き、皆、歓喜し、快く善利を得させた。

この諸々の生命のあるものすべては、この教えを聴き終って、現世では安らかであり、後の世では善い世界に生まれ、道によって楽しみを享受し、また教えを聞く事ができた。

すでに教えを聞いて、諸々の妨げとなることを離れ、

この世に存在する有形・無形の一切のものの中に於いて、その能力に応じて、物が水に溶けるように道に入ることを得た。

彼の大雲が、一切の草や、木や、叢や、林や、諸々の薬草の上に雨を降らせたときに、

その種の素質によって潤いを吸収して、各々生長するようなものである。

如来の説法は、同一の様相であり、同一の味である。その教えは、生死の絆からの解放、愛欲からの離脱、執着する心の絶滅である。最後に到達する所は、一切のものについて、個々の具体的、特殊的な姿を知る智慧に至らしめる。

生命のあるものが存在していて、如来の教えを聞き、それの教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、教えられた通りに修行するとしても、

それによって得る所の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を、自ら悟り知ることはできない。

理由は何故かというと、

ただ如来だけが、この生命のあるものすべてが、どのような種別のものであり、どのような様相のものであり、どのような体形のものであり、どのような性質のものであるか、

また、どのような事を念じ、

どのような事を思い、

どのような事を修行し、

どの様に念じ、

どのように思い、

どのように修行するのか、

また、どのような教えによって念じ、

どのような教えによって思い、

どのような教えによって修行し、

どのような教えによって、どのような教えを得るのであるかという事を知っているからだ。

生命のあるものすべてが、種々の地に住んでいる様を、ただ如来のみが、ありのままにこれを見て、明らかに悟っていて、何ものにもとらわれないのだ。

彼の草や、木や、叢や、林や、諸々の薬草は、自分では上中下の性質がある事を知らないようなものだ。

如来は、これを同一の様相、同一の味の教えと知っているのだ。

所謂、生死の絆から解放された姿、

愛欲から離脱した姿、執着する心を絶滅した姿、

最上絶対の悟りの境地である涅槃、

常に煩悩の境地を離れ、悟りの境地に入った姿であり、

最終的に空に帰着する。

仏は、これを知りつくしているけれども、生命のあるものすべての心に欲している事を観察して、これを導き護っている。

この理由のために、最高の完全無欠な智慧を説くという事を、すぐにはしない。

おまえたち、迦葉よ、甚だこれはまれなことである。如来が相手に応じて説かれる教えを知って、よく信じよく受け入れた。

理由は何故かというと、諸仏世尊がその場その場で、相手に応じて随時よろしく説かれる教えは、理解し難く知り難いからだ。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

生死・輪廻の根源となるものを破壊する教えの王 世間に出現して

生命のあるものすべての欲に従って 種々に教えを説く

如来は尊く 知恵は深遠である

長い間その要点を沈黙して 急いで速やかに説かない

知恵のある者がもし聞いたならば 即ちよく信じて理解し

知恵のない者は疑って 長い間その機会を失うであろう

このために迦葉よ 神通力によって衆生のために説いて

原因を助成して結果を生じさせる種々の条件や事情をもって 正しい見識を得させる

迦葉よ、当然、知るべきである たとえば大雲が

世間に起って あまねく全てを覆い

この慈悲深い雲は潤いを含み 雷光が光り

雷鳴が遠く響いて 人々を喜ばせ

日光を蔽い隠し 地上を清浄にし

雲は垂れ下がり広がり 手が届きそうである

その雨は広く等しく 四方に降りそそぎ

計り知れないほど流れ 全ての地表に満ちる

山川険しい谷 景色が奥深く静かな所の

草木薬草 大小の樹木

百の穀物、苗、 サトウキビ葡萄

雨が潤すところ 豊かであって足らないことはない

乾いた地は広く潤い 薬草と木は共に生い茂り

その雲から出るところの 一つの味の水に

草や、木や、叢や、林 それぞれの度合いによって潤いを受ける

全ての諸々の樹木 それが優れていても、中くらいでも、劣っていても、その割当てを等しく受ける

その大小によって適宜に それぞれ成長することを得る

根、茎、枝、葉 花、果実の色や形

同じ一つの雨が及ぼすところ 全ては新鮮に輝く

その姿形 生まれつきの性質により大小に分かれた様に

潤すところはこれ一つであっても そしてそれぞれが茂るように

仏もまたこれと同じように 世に出現することは

たとえば大雲が 広く全てを覆うようである

既に世に出たならば 諸々の生命のあるものすべてのために

この世に存在する有形・無形の一切のものの現実を もろもろの事理を思量し識別して説明する

大聖主であり世の中で最も尊い方は 諸々の天人や人や

一切の生命のあるものすべての中において この言葉を宣言された

私は如来である 両足を具えている者の中で最も尊い者である

世の中に出現する様は まるで大雲の様である

全ての 乾ききった生命のあるものすべてを潤いで満たして

皆を苦悩から解放して 安泰で穏やかな楽しみ

世の中の楽しみ および煩悩の火を消して知慧の完成した悟りの境地の楽しみを得させる

諸々の天人や人々 一心によく聞け

皆ここへ来て この上なく尊い者を観よ

私は世の中で最も尊い者である 私に匹敵する者はいない

生命のあるものすべてを安泰で穏やかにするために その理由のために世に出現して

多くの人々のために 天上の神々の飲む忉利天にある甘い霊液のよな清らかな教えを説く

その教えは、同じ一つの味であり 煩悩の束縛から解き放ち、自由の境地に到達させ、煩悩の火を消して、知慧の完成した悟りの境地へ至ることである

一つの言うに言われぬ美しい音声によって その意義を演説する

常にすべての人間の平等な救済と成仏を重視する大乗の為に 物事が生じる直接の力と、それを助ける間接の条件を作るのである

私が全てを観ることは 広く皆平等であり

あれやこれやと 愛することや憎むことの心があったりしない

私には欲望にまかせて執着することや貪ることはなく 限界や妨げもない

常に全てのために 平等に教えを説く

一人のためにするのと同じように 多くの人々にもまたそれと同じである

常に教えを演説して 他の事などしない

去り、来たり、座り、立ち 決して疲れたり厭になったりすることはない

世の中に十分に補い満たすさまは 雨が広く潤すようである

貴いものと卑しい者、優れたものと劣った者 戒を堅く守る者と、戒をやぶる者

規律にかなった起居動作を身に付けた者 そして身に付けていない者

四諦の道理を正しくとらえた見解を持つ者、因果の道理を無視する誤った考え方を持つ者 生まれつき賢い者、生まれつき頭の働きがにぶい者に

等しく教えの雨を降らして 善行を修めるのに積極的でない心の状態になったりしない

全ての生命のあるもので 私の教えを聞く者は

それぞれの持つ能力にしたがって 異なった修業の段階に留まる

或いは人 天人 転輪聖王

梵天王・帝釈天・魔王などの諸王に留まる これは小の薬草である

すべての迷いを残らず離れ去る教えを知って よく煩悩の火が消された涅槃を得て

仏や菩薩に備わる六種の超人的な能力を起こし 自他の過去世のあり方を自由に知る宿命明、自他の未来世のあり方を自由に知る天眼明、煩悩を断って迷いのない境地に至る漏尽明を得て

一人山林に住み 常に思いを静め、心を明らかにして真正の理を悟るための修行をして

さまざまな事象を縁として自らの力で一分の悟りを得た境涯である縁覚の証を得る これは中の薬草である

世尊の場所を求めて 私はきっと仏になるであろうと

雑念を去り精神を集中して仏道修行に専心する これは上の薬草である

また諸々の仏の弟子が 心を仏道に専心して

常に慈悲を修行し 自分自身で仏と成ることを知る

心が定まっていて疑いなしと知る これを小樹と呼ぶ

どんなことも自由自在になし得る計り知れない不思議な力に留まり すでに得た境地から後戻りせず教えを広め

無量億 百千の生命のあるものすべてを悟りの境地に導く

このような悟りを求める菩薩を 名付けて大樹という

仏は平等に説き 同じ一つの味の雨のようである

生命のあるものすべての生まれつきの性質に従って 受け取るところが同じでないことは

彼の草木の 受けとるものがそれぞれ異なるのと同じである

仏はこの例えによって 人を真実の教えに導くため、仮にとる便宜的な手段によって教え諭す

種々の言葉使いによって 一つの教えを演説しても

仏の知恵においては 海の一滴のようである

私は教えの雨を降らして 世の中にそそぎ満たして

同じ一つの味の教えを 能力に従って修行することは

彼の草や林 薬草や諸々の樹木が

その大小にしたがって 段々と増えて茂ってゆくようである

諸仏の教えは 常に同じ一つの味をもって

諸々の世の中に 広く十分に備わっていくことを得させる

徐々に修行して 皆修行で得た成果としての位を得て

教えを聞く者や自己の悟りを得た者が 山林に住んで

煩悩を絶った心の生命の拠り所としての最後の肉体に留まって 教えを聞くことによって得た悟りの成果を得る

これを薬草が それぞれ増長することを得たと名付ける

もし諸々の悟りを求める修行者が 物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力があり意思がしっかりしているなら

欲界・色界・無色界を心でよく悟り 生けるもの全てが区別なく仏の悟りに到達する最上の大乘を求める

これを小樹が しかも増えて成長したと名付ける

また精神を集中して無我の境地に入り 神通力を得て

あらゆる存在はすべて実体が無く空である教えを聞いて 心は大いに喜び

無数の光を放って 諸々の生命のあるものすべてを悟りへ導くことがあれば

これを大樹が しかも増えて成長したと名付ける

このように迦葉よ 仏の説く教えは

例えば大雲が 同じ一つの味の雨によって

人や花を潤して それぞれに異なった実を成らせることができるようなものだ

迦葉よ、当然、知るべきである 諸々の因縁と

種々の譬喩によって 仏は道を教え諭す

これは私の人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段である 諸々の仏もまたこれと同じである

今、おまえたちのために 真実を説く

諸々の自己の悟りのみを求める声聞衆は 皆、生死の迷いを超越した悟りの境地へ至ることはできない

おまえたちの修行すべきことは この悟りを求める菩薩の道である

徐々に修行を積み 煩悩を断ち、無上の悟りを悉く開くに違いない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中