妙法蓮華経薬王菩薩本事品第二十三(みょうほうれんげきょうやくおうぼさつほんじほんだいにじゅうさん) 現代語訳


その時に宿王華菩薩は、仏に向かって言った。

世尊、薬王菩薩は、どのような理由で娑婆世界をさまようのか。

世尊、この薬王菩薩には、百千万億那由他の多くの難行苦行があった。

世尊、それは素晴らしいことです。願わくは少し解説したまえ。

諸々の天人・龍神・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽・人間・人間でない者たち、

また、他の国土から来た諸々の悟りを求める修行者、およびこの自己の悟りのみを求める修行者の人々は、聞いて皆歓喜するでしょう。

その時に仏は、宿王華菩薩にお告げになった。

計り知れないほど過去のガンジス河の砂の数に等しい劫の昔に、仏がいらした。

日月浄明徳如来応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と名づけ奉った。

その仏には、八十億の偉大な悟りを求める修行者や、大乘を求める修行者と、七十二のガンジス河の砂の数に等しい自己の悟りのみを求める修行者衆があった。

仏の寿命は、四万二千劫、悟りを求める修行者の寿命も、また等しかった。

彼の国には、女人・地獄・餓鬼・畜生・阿修羅、及び諸々の難がなかった。

大地は平らで手のひらのようであり、瑠璃でできていた。

宝樹が厳かに飾り、宝石のカーテンで上を覆い、宝石の華の飾り布を垂れ、宝石の瓶や香炉が国中の普くいたるところに満ちていた。

七宝を台にして、一本の樹に一つの台があった。

その樹は台から矢を射ってとどくくらいの距離に位置していた。

この諸々の宝樹に皆悟りを求める修行者や、自己の悟りのみを求める修行者がいて、その下に坐っていた。

諸々の宝台の上に各々百億の諸々の天人がいて、天の音楽を奏で、仏を歌によって讃歌して供養をしていた。

その時に、彼の仏は、一切衆生喜見菩薩及び、多くの悟りを求める修行者、諸々の自己の悟りのみを求める修行者の集団の為に、法華経を説かれた。

この一切衆生喜見菩薩は自ら願って苦行を習い、

日月浄明徳仏の教えの中に於て、雑念を去り仏道修行に専心し心身を整えるために一定の場所を歩き回り、一心に仏になる事を求めて一万二千歳の年月を満たし終わった。その身が清らかであるため、三千大千世界の生命のあるものすべての生まれる時や死ぬ時、上下・好醜・善所悪所が悉く身の中に反映され現れる状態(現一切色身三昧)を得た。

この心を一つの対象に集中して動揺しない状態を得て、心は大いに歓喜した。そして、こう思って言った。

私が三十二相をそなえた仏の生身の形を現わす動揺しない状態を得たのは、皆これ、法華経を聞くことによって得た力である。

私は今、当然、日月浄明徳仏および法華経を供養するべきである。

即時に、この心を一つの対象に集中して動揺しない状態に入って、虚空から天上に咲く白い蓮華・天上に咲く白い大きな蓮華・細かく粉末にした黒栴檀を降らし、

何もない空間の中に満たして雲のように降らし、また閻浮提州の南のはてで取れた栴壇の香を降らした。

この香の六銖(4.6グラム)の重さは、その価値が娑婆世界に等しい。これを以って仏に供養した。

この供養をなし終って、心を一つの対象に集中して動揺しない状態から立ち上って、自ら思い言った。

「私が、神通力でいくら仏を供養したとしても、身をもって供養するに越したことはないだろう。」

そこで、諸々の香、栴檀・琥珀・乳香・畢力迦(インドヤコウボク)・沈水・膠香を飲み、

また、チャンパカ・諸々の華香油を飲んで千二百歳の年月を満たし終わった。

その後に、香油を身体に塗り、日月浄明徳仏の前に於いて、天の宝衣を自ら身にまとい、

諸々の香油を注ぎ、神通力の願によって自らの身を燃やした。その光明は、普く八十億のガンジス河の砂の数に等しい世界を照らした。

その中の諸仏が、同時に讃めて言った。

「素晴らしいことだ、素晴らしいことだ、仏法に帰依した男子よ、これが真の精進である。これを真の教えをもって如来を供養すると名づける。

もしも、花・香・珠玉を連ねた首飾りや腕輪・焼香・抹香・塗香・網の天蓋・幟旗と笠、および、閻浮提州の南のはてで取れた栴壇香など、

これらの様々なものによって、供養したとしても、及ぶ処ではない。

例え、国や妻子を布施したとしても及ぶ処ではない。

仏法に帰依した男子よ、これを第一の布施と名づける。諸々の布施の中でもっとも尊く、最上の布施である。

教えによって諸々の如来を供養するためである」と。

この言葉を言い終ると、各々、口をつぐまれた。

その身の火の燃えること千二百歳、これを過ぎて以後、その身は尽きた。

一切衆生喜見菩薩は、この様な教えに対する供養をなし終えて命が尽きた後に、

また、日月浄明徳仏の国の中に生まれた。浄徳王の家に於いて、両足を組んだ座り方で、忽然として生まれた。

そして、その父のために次の詩を説いて言った。

「大王よ。今当然知るべきである 私は彼の所を心身を整えるために歩きまわり修行し

即時に、一切現諸身三昧を得た

精神を集中して励んで仏道を修行して 愛した身体を捨てたのだ」

この詩を説き終って、父に向かって言った。

日月浄明徳仏は、今もなお、現在の世にいらっしゃる。

私は、以前に仏を供養し終わって、全ての人々の言葉を理解し記憶する能力を得た。

また、この法華経の八百千万億那由他、一兆、百兆、十兆の詩を聞いた。

大王よ、私は今当然帰って、この仏を供養するべきである」と。

そう言い終わって、七宝の台に坐り、虚空に七ターラ(105m)昇った。

仏の所に到達し、仏の足を額に頂いて礼拝し、十の指を合わせて合掌し、詩によって仏を讃えた。

「容貌やお顔は甚だ珍しく素晴らしく 光明は十方を照らす

私は昔供養をし 今また還って親しく近づきたてまつる」

その時に一切衆生喜見菩薩は、この詩を説き終わって、仏に言った。

「世尊よ、世尊はなおこの世界にいらっしゃいますか。」

その時に、日月浄明徳仏は、一切衆生喜見菩薩にお告げになった。

仏法に帰依した男子よ。わたしはあらゆる煩悩を消滅し苦しみを離れた安らぎの境地に入る時が至り、ことごとく滅んでなくなる時がきた。

おまえは足の付いた四角い台を用意せよ。私は今夜きっと最後の悟りを得た境地に入りこの世を離れるであろう。

また、一切衆生喜見菩薩に命じて言われた。

「仏法に帰依した男子よ。私は仏の教えを説き伝えることをおまえに託す。

および諸々の悟りを求める修行者・大弟子・並びに一切の真理をあまねく知った最上の智慧の教えと、

また三千大千の七宝の世界・諸々の宝樹・宝台および給仕の諸々の天人を、悉くおまえに与える。

私が世を去った後に、私の遺骨もまたおまえに委ねる。

当然流布させ、広く供養するようにさせるべきである。多くの千の塔を建てよ。」

このように日月浄明徳仏は、一切衆生喜見菩薩に命じ終って、その夜中に涅槃に入られたのである。

その時に、一切衆生喜見菩薩は、仏が入滅されたのを見て、悲しみ悩んで、仏を恋い慕い奉った。

そして、閻浮提州の南のはてで取れた栴檀を積木として、仏身を供養して、これを焼き奉った。

火が消えた後に、遺骨を収集し、八万四千の宝瓶を作って、それを以って八万四千の塔を建てた。高さは三世界よりも高く、

表の仏塔の中心となる柱を厳かに飾り、諸々の幢幡と天蓋を垂れ、多くの宝鈴を懸けた。

その時に、一切衆生喜見菩産は、また自ら思って言った。

「私はこうした供養をしたけれども、これではなお満足することはできない。私は今当然さらに遺骨を供養するべきだ。」

そして、諸々の悟りを求める修行者・大弟子・天・龍・夜叉等の一切の大衆にこう言った。

「おまえたちは、当然一心に念ずるべきだ。私は今、日月浄明徳仏の遺骨を供養しようと。」

この言葉を言い終わって、そして八万四千の塔の前に於いて、百の福相に飾られた腕を燃やすこと七万二千歳であった。これを以って供養した。

こうして、無数の自己の悟りのみを求める人々、無量阿僧祇の人々に、一切の真理をあまねく知った最上の智慧の心をおこさせ、

皆に、現一切色身三昧(その身が清らかであるため、三千大千世界の生命のあるものすべての生まれる時や死ぬ時、上下・好醜・善所悪所が悉く身の中に反映され現れること)に留まることを得させた。

その時、諸々の悟りを求める修行者・天人・人間・阿修羅らは、その腕のないのを見て、憂え苦しみ悲しんで、この言葉を言った。

「この一切衆生喜見菩薩は、我らの師である。私を教化する者である。

そして今、腕を焼いて、身は不具となられた。」

その時に、一切衆生喜見菩薩は、大衆の中でこの誓言を立てた。

「私は両腕を捨てて、きっと必ず仏の金色の身を得るであろう。

もしも、それが事実であり虚しくないならば、私の両腕は復元して、元のようになるであろう。」

この誓いをなし終わって、自然に両腕は復元した。

この悟りを求める修行者の福徳・智慧が厚かったためにこうなったのである。

その時にあたって、三千大千世界は六種に震動し、天から宝石の花の雨を降らし、一切の天人は、今まで一度もなかった思いを懐いた。

仏は、宿王華菩薩にお告げになった。

おまえはどう思うか。一切衆生喜見菩薩とは、他でもない、今の薬王菩薩がこれである。

その身を捨てて布施する所は、このように無量百千万億那由他劫の数であった。

宿王華よ、もしも、発心して一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得ようと願うことがある者は、

よく手の指、および足の一本の指を燃やして仏塔に供養せよ。

国や城や妻子および三千大千国土の山や林、河や池、諸々の珍宝をもって供養する者に勝る。

もしも、また、ある人が、七宝によって三千大千世界を満たし、仏・偉大な悟りを求める修行者・独りで悟る者・阿羅漢に供養したとしよう。

この人の得る現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いは、この法華経の四句偈の一つの教えを銘記して忘れずにいることによる福徳が最も多いことには及ばない。

宿王華よ、例えば一切の川・流・江・河の諸々の水の中で海こそが第一であるように、

この法華経も、またこのようである。

諸々の如来の説かれた経の中に於いて、最もそれは深く広大である。

また、土山・黒山・小鉄囲山・大鉄囲山および十宝山の多数の山の中で、須弥山が第一であるように、

この法華経も、またこれと同じである。

諸経の中に於いて、それは最上である。

また多くの星の中で月が、最もこれ第一であるように、この法華経もまたまた、これと同じである。

千万億種の諸々の経や教えの中に於いて、最もこれが明るく照らすのである。

また太陽がよく諸々の闇を除くように、この経もまた、これと同じである。

よく一切の不善の闇を破壊する。

また、諸々の小王の中で転輪聖王が、最もこれ第一であるように、この経もまた、これと同じである。

多くの経の中において最もこれが尊い。

また、帝釈天が、忉利天の中において王であるように、この経もまた、これと同じである。

諸々の経の中の王である。

また、大梵天王が、一切の生命のあるものすべての父であるように、この経もまた、これと同じである。

一切の賢者・聖者・学ぶべき事が残っている者・学ぶべき事がなくなった者・および悟りを得ようとする心を起こす者の父である。

また、一切の凡夫や人の中で、永遠の平安への流れに乗った者(須陀洹)・一度天界に生れ再び人間界に戻って悟りに入る者(斯陀含)・もはや人間界にもどることなく天界以上の階位に上って悟りに至る者(阿那含)・修行者が到達できる最高位(阿羅漢)・独りで悟る者(辟支仏)が第一であるように、この経もまた、これと同じである。

或いは悟りを求める修行者の述べている事柄、或いは自己の悟りのみを求める修行者の述べている事柄、諸々の経法の中で、一切の如来の述べている事柄は、最もこれが第一である。

よくこの経典の教えを銘記して忘れない者も、またまたこれと同じである。

一切の生命のあるものすべての中でまた第一である。

一切の自己の悟りのみを求める修行者(声聞)や独りで悟る者(辟支仏)の中では、悟りを求める修行者(菩薩)が第一である。この経もまた、これと同じである。

一切の諸々の経法の中に於いて、最もこれが第一である。

仏はこれ諸々の教えの王であるように、この経もまたまた、これと同じである。

諸々の経の中の王である。

宿王華よ、この経は巧みに一切の生命のあるものすべてを救うものである。

この経は巧みに一切の生命のあるものすべてを諸々の苦悩から離れさせる。

この経は非常に多くの一切の生命のあるものすべてを利豊かに利益して、その願いを満足させる。

清涼な池が全てののどが渇いた者達を十分に満足させるように、寒い者が火を得たように、

裸の者が衣服を得たように、商人が主を得たように、子が母を得たように、

渡りに船を得たように、病人が医者を得たように、暗闇に灯りを得たように、

貧しさに宝を得たように、人民が王を得たように、旅の商人が海を得たように、

燈火が闇を除くように、この法華経もまた、これと同じである。

巧みに生命のあるものすべてを一切の苦や一切の病の痛みから離れさせ、巧みに一切の生死の人間を束縛するものから解放させる。

もしも、人がこの法華経を聞く機会を得て、若しくは自分でも書き、若しくは人に書かせるとするならば。

それによって得る現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いは、仏の智慧で推し量ってもその限りを知る事は出来ないであろう。

もしも、この経巻を書いて、花・香・珠玉を連ねた首飾りや腕輪・焼香・抹香・塗香・幢幡(どうばん)と天蓋・衣服・

種々の燈火・バターの灯明・油燈・諸々の香油燈・チャンパカ油燈・スマナス油燈・バータラ油燈・ヴァールシカ油燈・ナヴァマーリカー油燈をもって供養したとしよう。

それによってその身に得る現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いは、またまた無量であろう。

宿王華よ、もしも、ある人がこの薬王菩薩本事品を聞くならば、

また、無量無辺の現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いを得るであろう。

もし女人あって、この薬王菩薩本事品を聞いて、よく教えを銘記して忘れない者は、

この女人の身体が尽きて後に、また女人の身体を受けないであろう。

如来が世を去って後の五百年の中に、もしも、女人あって、この経典を聞いて説かれた通りに修行したならば、

ここで命を終って、そして安楽世界の阿弥陀仏の偉大な悟りを求める修行者衆がとりまいて住んでいる場所に行き、

蓮の花の中の宝座の上に生まれるだろう。

また、欲望にまかせて執着しむさぼることに悩まされないであろう。

また、自分の心に逆らうものを怒り恨むことや憎しみに悩まされることもなく、心性が愚かで一切の道理にくらいことに悩まされることもないであろう。また、おごり高ぶって人をあなどることや、嫉妬や、諸々の心をけがす不浄なものに悩まされることもないであろう。

悟りを求める修行者の超人的な能力や、生じることも滅することもない真理を認識することを得るであろう。

この認識を得て、目とその視覚能力が清らかになるであろう。

この清らかな目とその視覚能力によって、七百万二千億那由他のガンジス河の砂の数に等しい諸仏を見たてまつるであろう。

この時に諸仏は、遥かに共に讃えて言う。

「素晴らしい。素晴らしい。仏法に帰依した男子よ。おまえはよく、釈迦族の聖者の如来の教えの中に於いて、この経の教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、思考し、他人の為に説いた。

その身に得る幸福と利徳は、はかり知れず果てしない。

火も焼くことができず、水も漂わせることが出来ない。

おまえの現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いは、千人の仏が共に説いても説きつくすことは出来ない。

おまえは今既に、よく諸々の悟りの妨げとなる煩悩・疑惑・懈怠などのさわりを打ち破り、生まれては死に死んでは生まれる苦しみという軍を打ち壊り、諸々のその他の恨みのある敵を皆ことごとく砕き滅ぼした。

仏法に帰依した男子よ。百千の諸仏が超人的な能力によって、ともにおまえを守護したまえる。

一切の世間の天人・人間の中に於いて、おまえのような者はない。

ただ如来を除いて、その諸々の自己の悟りのみを求める修行者(声聞)・

独りで悟る者(辟支仏)・および悟りを求める修行者(菩薩)の智慧や禅定も、おまえと等しい者はいない。」

宿王華よ。この悟りを求める修行者は、この様な現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行や、物事をありのままに把握し真理を見極める認識力を完成した。

もしも、ある人が、この薬王菩薩本事品を聞いて、よく他人のなす善を見てこれに従い喜びの心を生じて、善しと讃嘆したならば、

この人は現世において、口の中から常に青色の蓮華の香りを出し、身の毛孔から常に南インドの牛頭山に産する栴檀の香りを出すであろう。

その身に得る現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いは、上に説いた通りである。

この故に宿王華よ、この薬王菩薩本事品をおまえに教法を伝授し弘通の使命を託す。

私が世を去ったのち、後の五百年の中で、この人間世界に仏法を広く行きわたらせ、断絶させたりしてはならない。

悪魔・魔民・天人・諸天・龍・夜叉・人の精気を吸う鬼神(鳩槃荼)らに、都合のよい機会を与えてはならない。

宿王華よ、おまえは当然超人的な能力によってこの経を守護するべきである。

理由は何故かというと、この経はすなわち、この人間世界の人の病の良薬だからである。

もしも、人に病があっても、この経を聞く事ができたならば、病はすぐに消滅して不老不死となるであろう。

宿王華よ、もしも、おまえがこの経の教えを銘記して忘れずにいる者を見たならば、

青蓮華に抹香を盛り満たして、その上に散ぜよ。

散じ終って、こう思って言え。

「この人は遠からずして、必ず当然草を取って道場に坐り、諸々の仏道を妨げる一切の悪事を打ち破るであろう。

当然教えの法螺貝を吹き、大いなる教えの太鼓を打って、一切の生命のあるものすべてを老・病・死の迷いの海を渡し、そこから脱させるであろう。」

この理由のために仏道を求める者が、この経典の教えを銘記して忘れずにいる者を見たときには、

当然このように恭しく敬う心を生ずるべきである。

この薬王菩薩本事品が説かれたとき、八万四千の悟りを求める修行者は、一切の人々の言葉を理解し記憶する能力を得た。

多宝如来は宝塔の中において、宿王華菩薩を讃嘆して言われた。

素晴らしい。素晴らしい。宿王華よ。

おまえは人間の認識や理解の限界を超えている現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いを完成した。そして巧みに釈迦族の聖者の如来に、このような事を問いたてまつり、無量の一切の生命のあるものすべてを利益した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中