妙法蓮華経法師品第十(ほっしほんだいじゅう)現代語訳


その時、世尊は、薬王菩薩に向かって呼びかけて、八万人の悟りを求める修行者にお告げになった。

薬王よ、おまえはこの大衆の中の数え切れないほどの天人・龍王・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽と、

人間と、人でないものと、出家男子、出家女子、在家信士、在家信女と、自己の悟りのみを求める修行者・独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者・仏道を求める者たちが見えるか。

これらの者達が全て皆、仏の前で、妙法華経の一つの詩、一つの句を聞いて、たとえ非常に短い時間でも、ありがたく思い大いに喜ぶならば、そのような者に私はみな未来世の成仏の証言を与え授ける。「当然、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろう。」

仏は、薬王にお告げになった。

また、如来がこの世を去った後に、もしも、ある人が妙法華経の一つの詩、一つの句でも聞いて、非常に短い時間でもありがたく思い大いに喜ぶのであれば、その者に私は、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろうと未来世の成仏の証言を与えるであろう。

もしも、またある人が、この妙法華経を銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、解説し、書写して、この経典を敬い見るさまが、仏を敬い見るようであり、

種々に花や、香や、珠玉を連ねた首飾りや腕輪や、沈香・栴檀・白檀・丁子を合わせて作った香や、身体に塗る香や、焼香や、絹の天蓋や、竿柱に長い帛を垂れ下げた旗や、衣服や、妓楽を供養し、合掌し、恭しく敬うのであったら、

薬王よ、当然知るべきである。この人々は既に過去に於いて十万億の仏を供養し、諸々の仏のところにおいて大願を成就して、生命のあるものすべてを憐れむために、この人間に生まれて来たのである。

薬王よ、もしも、ある人が、「どのような生命のあるもが、未来世において仏になる事が出来るのであるか」と問うならば、きっと示すであろう。「この人々こそが未来世において必ず仏になる事が出来るであろう」と。

何の理由のためかというと、もしも、仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子が、法華経の一句でも教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、解説し、書写して、

種々に経巻に花や、香や、珠玉を連ねた首飾りや腕輪や、沈香・栴檀・白檀・丁子を合わせて作った香や、身体に塗る香や、焼香や、網の天蓋や、竿柱に長い帛を垂れ下げた旗や、衣服や、妓楽を供養し、合掌し、恭しく敬うのであったら、

この人は、一切世間の仰ぎ見るべきところだからである。

如来を供養するように、この人を供養すべきである。

当然知るべきである、この人は偉大な悟りを求める大菩薩で、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を成就して、

生命のあるものすべてを憐れみ、自ら願ってこの人間の間に生まれ、広く妙法華経を演説し、もろもろの事理を思量し識別するのである。

まして仏の教えを銘記して忘れず、種々に供養する者は言うもでもない。

薬王よ、当然知るべきである。この人は自ら清浄な前世や過去におこなった善の行為による報いを捨てて、私がこの世を去った後において、生命のあるものすべてを憐れむために仏法の衰えた悪世に生まれて、広くこの経を演説するのである。

もしも、この仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子が、私がこの世を去った後に、ひそかに、一人の人の為にでも、法華経のたとえ一句でも説くのであれば、

当然知るべきである、この人は、如来の使者である。

如来から遣わされ、如来の事を行ずるのである。

まして大衆の中に於いて、広く人の為に説くならば、言うまでもない。

薬王よ、もし悪人がいて、よくない心によって一劫という長い間、現に仏の前において常に仏をそしりひどい言葉で悪口を言ったとしても、その罪は軽い。

もしも、ある人が、あしざまにののしる言葉によって、在家者や出家者の法華経を読み節をつけて唱えている人をそしったとしたら、その罪は非常に重い。

薬王よ、この法華経を読誦する者がいるならば、当然知るべきである。この人は仏の智慧・福徳で、自らを荘厳すると。

すなわちそれは如来の肩に背負われることである。

その至るところにしたがって、向かって当然礼拝するべきである。

一心に合掌し、つつしみ敬い、供養し、恭しく敬い、讃嘆し、花や、香や、珠玉を連ねた首飾りや腕輪や、沈香・栴檀・白檀・丁子を合わせて作った香や、身体に塗る香や、焼香や、絹の天蓋や、竿柱に長い帛を垂れ下げた旗や、衣服や、飲食物や、諸々の妓楽をなすことや、人間の世界の最上の供養物をもってこれを供養せよ。

天の宝石をもってこれを散ぜよ。

天上の秘蔵の宝を当然たてまつるべきである。

理由は何故かというと、この人が歓喜して教えを説くときに、ほんの少しの間でもこれを聞いたならば、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を窮める事が出来るからである。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた。

もしも、仏の道に留まって 師の教えを受けないで自然に悟りを開いた智を成就しようと願うなら

当然常に努めて 法華経の教えを銘記して忘れない者を供養すべきである

早く一切のものについて 個々の具体的、特殊的な姿を知る智慧を得ようと願うなら

当然この経の教えを銘記して忘れず また、受持する者を供養すべきである

もしも、よく妙法華経の 教えを銘記して忘れない者がいるなら

当然知るべきである。仏の使いとして 諸々の生命のあるものすべてを哀れみ思いやるのだと

諸々の妙法華経の 教えをよく銘記して忘れない者は

清浄な国土を捨てて 生命のあるものすべてを憐れむためにここに生まれたのである

当然知るべきである、この様な人は 生まれようと思う所に自在に生まれることができる

この仏法の衰えた時代において この上ない教えを広くよく説く

天の花と香 および天の宝石の衣服

天上の素晴らしい秘蔵の宝石をもって 教えを説く者に供養せよ

私が世を去った後の仏法の衰えた時代に よくこの経の教えを銘記して忘れない者を

当然合掌し礼拝して 世尊を供養するようにするべきである

優れた供え物と、諸々の甘美と 種々の衣服とを

この仏の弟子に供養して 少しの間でも教えを聞きたいと願え

もしも、後の世において この経の教えをよく銘記して忘れない者があるとしたら

私が遭わして人の中に存在させ 如来の行為をさせている

もしも、一劫の間に於いて 常によくない心を懐き

怒りによって仏を罵ったなら 無量の罪を得る

この法華経を 見て読み節をつけて唱え教えを銘記して忘れない者に

その人にほんの少しの間でも悪言を加えたとしたら その罪はそれ以上となる

ある人が仏道を求めて 一劫という長い間において

合掌し私の前にいて 無数の詩によって讃嘆すれば

この仏を讃嘆した事により 無量の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を得るであろう

経の教えを銘記して忘れない者を歎美すれば その福徳はそれ以上となるであろう

八十億劫の間に於いて 最も優れた形や声

および香、味、感触によって 経の教えを銘記して忘れない者を供養せよ

このように供養し終って もし少しの間でも教えを聞く事ができたなら

すなわちきっと自ら喜ぶであろう 私は今大きな利を得たと

薬王よ、今おまえに告げる 私の説いた諸々の経で

しかもこのすべての経の中において 法華経は最も第一である

その時に仏はまた、薬王菩薩摩訶薩にお告げになった。

私の説く経典は無量千万億であり、過去において説き、今説き、未来においても説くであろう。

しかも、その中に於いてこの法華経は最も信じ難く、理解し難い。

薬王よ、この経は諸仏がみだりに人に教えない重要な教えであるから、

広くあちこち配布してみだりに人に授与してはならない。

諸仏世尊の守護したまう所である。

昔から今まで、未だかつてはっきりと説いたことはない。

しかも、この経は、如来が現に存在していてもなお怨みや嫉妬が多い、言うまでもなく如来がこの世を去った後においては尚更である。

薬王よ、当然知るべきである、如来がこの世を去った後に、この経をよく書写し、教えを銘記して忘れず、見て読み節をつけて唱え、供養し、他人の為に説く者を、如来は衣によってこれを被うであろう、

また、他の地方の現在世に出られている諸仏に、心にかけられて守られることを得る。

この人には、仏やその教えを信じ従う強い気持ち、望み願う力、諸々のよい報いを招くもとになる行いをする力がある。

当然知るべきである、この人は如来と共にあるのだ。

そして、如来の手によってその頭を撫で給うことを得る。

薬王よ、あちらこちらにおいて或いは説き、或いは読み、或いは節をつけて唱え、或いは書き、或いは経巻を置く所には、皆七宝の塔を建てきわめて高く、広く、荘厳に飾りなさい。

そこには仏の遺骨を置く必要はない。

理由は何故かというと、この経巻の中には既に如来の全身があるからだ。

この塔を、一切の花や、香や、珠玉を連ねた飾りや、天蓋や、竿柱に長い帛を垂れ下げた旗や、妓楽や、歌曲によって供養し、恭しく敬い、尊重し、讃嘆し奉るべきである。

もしも、ある人がこの塔を見たてまつることができ、礼拝し、供養するならば、

当然知るべきである。これらの人々は皆、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に近づいていることを。

薬王よ、多くの人がいて在家者や出家者が悟りを求める修行者の道を行ずる時に、もしこの法華経を見たり、聞いたり、見て読み節をつけて唱えたり、書写して教えを銘記して忘ず、供養する事が出来ないならば、

当然知るべきである。これらの人は、未だよく悟りを求める修行者の道を行じてはいないのだと。

もしも、この経典を聞く事を得たものは、すなわちよく悟りを求める修行者の道を行じているのだ。

生命のあるもので仏道を求める者がいて、この法華経を或いは見て、或いは聞いて、聞き終って信じ理解し、教えを銘記して忘れないならば、

当然知るべきである。この人はこの上なく正しい悟りに近づく事を得たのであると。

薬王よ、例えば、ある人がのどが乾いて水を飲もうとして、あの高原に穴を掘り水を求めているとき、まだ乾いた土が出て来るのを見れば、水はまだ遠いと知る。

工事を止めないで、湿った土が出て来るのを見て、ついに泥が出るようになれば、その心は確信して、水は近いと知るように、

悟りを求める修行者も、またこれと同じようである。

もしも、この法華経を未だ聞いたことなく、未だ理解せず、未だ習い修めることができないならば、当然知るべきである、この人はこの上なく正しい悟りから離れてなお遠いと。

もしも、この法華経を聞き、悟り、心に浮かべてよく考え、修習する事ができたら、この人は必ず一切の真理をあまねく知った最上の智慧に近づく事ができたのであると知れ。

理由は何故かというと、一切の悟りを求める修行者の一切の真理をあまねく知った最上の智慧は、皆この経に属しているからである。

この経は人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段の門を開いて、真実の姿を示す。

この法華経の蔵は、深く堅固で奥深くはるかであるから、人はよく至ることはできない。

今、仏は悟りを求める修行者を教化し成就させるために、これを説き明かし示す。

薬王よ、もし悟りを求める修行者がいて、この法華経を聞いて、驚き疑い、おそれるならば、

当然知るべきである、これは、出家して間もない悟りを求める修行者であると。

もしも、自己の解脱のみを得ることに専念し、利他の行を欠いた阿羅漢を目指す修行者がいて、この経を聞いて、驚き疑い、おそれるならば、

当然知るべきである。これは高慢な者であると。

薬王よ、もし仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子がいて、如来が世を去られたのちに、出家者と在家者の男女の四種の衆の為にこの法華経を説こうとするときは、どのように説くべきか。

この仏法に帰依した男子や女子は、如来の室に入り、如来の衣を着、如来の座に坐って、出家者と在家者の男女の四種の衆の為に、広くこの経を説くべきである。

如来の室とは、一切の生命のあるものすべてに対する大慈悲心がこれである。

如来の衣とは、柔和な忍耐の心がこれである。

如来の座とは、諸々の事物は、因縁によって仮に和合して存在しているのであって、固定的な実体はないというこれである。

この立場にたって、しかるのちに善行を修めるのに積極的な心で、諸々の悟りを求める修行者と出家者と在家者の男女の衆の為に、広くこの法華経を説くべきである。

薬王よ、私は他の国土において、神通力で作った人を遣わして、そのために教えを聞く人々を集め、また、神通力で作った出家男子、出家女子、在家信士、在家信女を遣わして、その説法を聴かせよう。

この諸々の仮に人の姿になった人々は、教えを聞いて信じ受け入れ、随順して逆らわないであろう。

もしも、教えを説く者が、人の中から離れた静かで修行に適した場所にいるならば、私はその時には広く天人・龍・鬼神・ガンダルヴァ・アシュラたちを遣わして、その説法を聴かせよう。

私が他の国土に在ったとしても、時々は教えを説く者が、私の身を見る事が出来る様にしよう。

もしも、この経において字句を忘れる様な事があったら、私は帰ってその為に説いて身につけさせよう。

その時に世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

諸々の善行を修めるのに積極的でない心の状態を捨て去ろうと願うならば 当然この経を聞くべきである

この経を聞く機会を得ることは困難である 信じて受け入れる者はまた得がたい

ある人がのどが乾き水をほしがって 高原に穴を掘るときに

なお乾いた土を見たならば 自ら遠ざかっていてなお遠いと知る

ようやく湿った土を見て 確信して水は近いと知ることのようである

薬王よ、当然知るべきである、 このような人々は

法華経を聞かないならば 仏の知恵から遠ざかっていて非常に遠い

もしも、これが深い教えの教典であると聞き 自己の悟りのみを求める修行者の教えを達成して

もしも、この経が諸々の経典の王であることを聞いて 聞き終わって明らかに心に浮かべてよく考えるならば

当然知るべきである、この人々は 仏の知恵に近づいたと

もしも、ある人がこの経を説くならば きっと如来の室に入り

如来の衣を着て しかも如来の座に座り

大衆に対して恐れることなく 広く大衆のためにもろもろの事理を思量し識別して説くであろう

大慈悲を室とし 柔和な忍耐の心を衣とし

諸々の事物は、因縁いんねんによって仮に和合して存在しているのであって、固定的な実体はないとする教えを座とし この観点によって大衆のために教えを説け

もしこの経を説くときに ある人が悪口をいいののしり

刀や杖やかわらや石を投げても 仏を念ずるがためにきっと忍ぶであろう

私は千万億の国土に 清く堅固な身を現して

無量億劫という長い時間において 生きるものたちのために教えを説く

もしも、私が世を去った後に よくこの経を説く者には

私は神通力で作った四衆 出家した男子出家した女子

および在家者の男女を遣わして 仏法によく通じ人々を導く師となる者を供養させ

諸々の生きるものたちを悟りの道に導いて これを集めて教えを聞かせよう

もしも、ある人が悪いことをして 刀や杖および瓦や石を投げようとすれば

すなわち姿を変えた人を遣わして このために付き添い守らせる

もし説法する人が 一人で人の中から離れた静かで修行に適した場所にいて

静まりかえって人の声がしないのに この経典を見て読みそらで唱えるならば

私はその時に説法する人のために 清浄で光り輝く体を出現させる

もしも、章や句を忘れたならば そのために説いて精通させる

もしも、ある人が徳をそなえて あるいは出家者と在家者の男女のために説き

空虚なところで経を見て読みそらで唱えれば みな私の身体を見ることができる

もしも、ある人が人の中から離れた静かで修行に適した場所にいるならば 私は天龍王

夜叉や鬼神たちを遣わして そのために教えを聞く聴衆とする

この人は教えを説くことを楽しみ もろもろの事理を思量し識別し障害はない

諸仏が心にかけて守るために よく大衆を歓喜させる

もしも、この法師に親しく近づけば 早く悟りを求める修行者の道を得る

この師に随順して学べば ガンジス川の砂の数ほどの仏を見奉ることを得る

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中