妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八(みょうほうれんげきょうふげんぼさつかんぼっぽんだいにじゅうはち) 現代語訳


その時に、普賢菩薩は、自在にできる超人的な能力と、厳かな徳の高さと世間での評判を以って、

計り知れない果てしない数えきれない数の偉大な悟りを求める修行者と共に、東方からやって来た。

経由した諸国は、普く皆震動し、宝蓮華を降らし、無量百千万億の種々の伎楽を演奏した。

また、無数の諸々の天人・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽・人間・人間でないものなどの大衆にとりまかれ、厳かな徳の高さ、どのようなことも自由自在になし得る計り知れない不思議な力を現じて、

娑婆世界の耆闍崛山(ぎしゃくつせん)の中にやって来て、釈迦族の聖者の如来の足を額に頂いて礼拝し、右肩を向けてまわることを七度して、仏に向かって言った。

世尊、私は宝威徳上王仏の国で、遥かにこの娑婆世界に於いて、法華経を説いていることを聞いて、

無量無辺百千万億の諸々の悟りを求める修行者衆と共にやって来て、それを聴き、受け入れたい。

ただ願わくは、世尊よ、当然、悟りを求める修行者の為に、法華経を説くべきである。

もしも、如来が世を去られた後に於いて、仏法に帰依した男子や女子がいるならば、どのようにして、この法華経を得るのでしょうか。

仏は、普賢菩薩にお告げになった。

もしも、仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子が、四つの教えを成就したならば、如来が世を去った後に、当然、この法華経を得るべきである。

一つには、諸仏に心にかけられ守られること。二つには、諸々の自らを高め他を感化する精神的能力を得るための修養をすること。

三つには、必ず涅槃の世界に至ることに定まっている者たちの中に入り。四つには、一切の生命のあるものすべてを救う心を起こすことである。

仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子が、このような四つの教えを成就したならば、如来が世を去ったのちに於いて、必ずこの経を得るだろう。

その時に、普賢菩薩は、仏に向かって言った。

世尊、後の五百年の濁った仏の教えの衰えた世の中で、この経典の教えを銘記して忘れない者がいるならば、

私は、当然、彼らを守護して、その衰えや苦しみをとり除いて、安穏になることを得させ、

隙を窺って、便利に利用する者をなくすべきである。

若しくは悪魔や、若しくは悪魔の子や、若しくは魔女や、若しくは魔民や、若しくは魔にとりつかれた者や、

若しくは夜叉(捷疾鬼)や、若しくは羅刹(食人鬼)や、若しくは鳩築茶(甕形鬼)や、若しくは毘舎闍(啖精鬼)や、若しくは吉蔗(起屍鬼)や、

若しくは富単那(臭味鬼)や、若しくは韋陀羅(吸血鬼)などの諸々の人を悩ます者は、皆利用することは出来ないだろう。

この人が、若しくは行き、若しくは立って、この経を見て読み、そらで唱えるならば、

私はその時に、六牙の白象王に乗って、偉大な悟りを求める修行者衆と共にその場所に行き、

自ら身を現じて、供養し守護して、その心を安らかにして慰めよう。

また、これは法華経を供養するためという理由である。

この人が、若しくは坐ってこの経を心に浮かべてよく考えるならば、その時に、私はまた白象王に乗ってその人の前に現れる。

その人が、もしも、法華経の一つの句、一つの詩でも忘れる所があれば、私は、当然、これを教えて共に読み、節をつけて唱え、そうして理解をさせるべきである。

その時に、法華経の教えを銘記して忘れず読誦する者は、私の身を見ることができ、大いに歓喜して、また雑念を去り、仏道修行に専心するだろう。

私を見たという理由によって、心を一つの対象に集中して動揺しない状態と、不思議な力を得るであろう。

” これを他を感化する作用が次々と伝わっていく力(旋陀羅尼)・百千万億の衆生を感化する作用が次々と伝わっていく力(百千万億旋陀羅尼)・説法を相手に巧みな方法で説く力(法音方便陀羅尼)と名づける。”

これらこのような陀羅尼を得る。

世尊、もしも、後の世の五百年の濁った仏の教えの衰えた世の中で、

出家男子・出家女子・在家信士・在家信女で探し求めようとする者や、教えを銘記して忘れない者や、読み節をつけて唱えようとする者や、書写しようとする者が、この法華経を習い身につけようと願うならば、

二十一日の間、一心に雑念を去り仏道修行に専心せよ。

二十一日が満了したなら、私は、当然、六牙の白象に乗って、無量の悟りを求める修行者にとりまかれて、

一切の生命のあるものが見たいと願っている身体を、その人の前に現して、その人の為に教えを説いて喜ばせるべきである。

また、それに陀羅尼呪を与える。

この陀羅尼呪を得ることによって、人間でないものが傷つけることがあることは無い。

また、女人に、心を惑わされ乱されることもない。

私の身は、自ら常に、この人を護る。

願わくは世尊、私のこの陀羅尼呪を説く事をゆるしたまえ。

そこで、仏の前に於いて、呪文を説いた。

あたんだい だんだばだい だんだはて たんだくしゃれ たんだしゅだれ しゅだれ しゅだらはち ぼっだはせんね さるばだらに あばたに さるばばしゃ あばたに

しゃあばたに そうぎゃはびしゃに そうぎゃね がだに あそうぎ そうぎゃはぎゃだい てれあだ そうがとりゃ

あらて はらて さるばそうぎゃ さんまじ ぎゃらんだい さうばだるま しゅはりせって

さるばさった るだきょうしゃりゃ あとぎゃだい しんなびきりだいて

世尊、もし悟りを求める修行者が、この陀羅尼呪を聞くことを得たならば、当然、知るべきである。普賢の計り知れない不思議な力であると。

もしも、法華経が、この人間世界で修行されたなら、教えを銘記して忘れない者は、きっとこのように思うだろう。

「皆これは、普賢の威厳と超人的な能力である」と。

もしも、教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、正しく記憶し絶えず忘れず、その意味を理解し、説かれた通りに修行するならば、

当然、知るべきである。この人は、普賢の修行を行っていると。

この人は、無量無辺の諸仏の所に於いて、深くよい報いを招くもとになる行為を植える。

諸々の如来の手によって、その頭を無でられる。

もしも、ただ書写するなら、この人は、命が終って、当然、忉利天に生まれるべきである。

この時に、八万四千人の天女は、多くの伎楽を奏でてやって来て、この人を迎える。

その人は、すぐに七宝の冠をつけて、女官の中に於いて、心を慰め楽しむ。

まして、教えを銘記して忘ず、読み節をつけて唱え、正しく記憶し絶えず忘れず、その意味を理解し、説かれた通り修行する者は言うまでもない。

もしも、ある人が、教えを銘記して忘ず、読み節をつけて唱え、その意味を理解するならば。

この人の命が終れば、千の仏が手をさし伸べ、怖れさせず。現世で悪事をした結果、死後におもむく苦悩の世界に堕ちることはない。

すぐに、兜率天の天上世界の、弥勒菩薩の所に行くであろう。

弥勒菩薩は、三十二相があり、偉大な悟りを求める修行者衆に、共にとりかこまれている。

百千万億の、天女と従者がいて、その中に生まれる。

この様な現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いや、利益がある。

この理由のために、悟りの智慧を開いた者は、当然、一心に自らも書き、若しくは人にも書かせ、

教えを銘記して忘ず、読み節をつけて唱え、正しく記憶し絶えず忘れず、説かれた通りに修行すべきである。

世尊、私は今、超人的な能力によって、この経典を守護して、

如来が、世を去られた後に於いて、この人間世界に広く流布させ、断絶させない。

その時、釈迦族の聖者の如来は、讃嘆して言った。

素晴らしい、素晴らしい、普賢よ、おまえはよくこの経を守護し助けて、

多くの場所の生命のあるものすべてを安楽にし利益する。

おまえは、既に不可思議な現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行や、深大な慈悲を完成した。

遠い過去から、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に向かう心をおこして、よくこの超人的な能力の願いを立てて、この経を守護した。

私は、当然、超人的な能力によって、普賢菩薩の名を銘記して忘れない者を守護するべきである。

普賢よ、もしも、この法華経の教えを銘記して忘ず、読み節をつけて唱え、正しく記憶し絶えず忘れず、修習し、書写する者は、

当然、知るべきである。この人は、釈迦族の聖者の如来を見て、

仏の口から、この経典を聞いているようなものであることを。

当然、知るべきである。この人は、釈迦族の聖者の如来を供養していることを。

当然、知るべきである。この人は、仏が、「素晴らしい」と讃嘆していことを。

当然、知るべきである。この人は、釈迦族の聖者の如来が、手によってその頭を撫でられることを。

当然、知るべきである。この人は、釈迦族の聖者の如来の衣に覆われることを。

この様な人は、また、世間の楽しみに執着しない。

仏の教え以外の経典や著書を好まない。

また、その人は、諸々の悪人や若しくは屠殺者・若しくは豚や羊や鶏や犬を養う者・

若しくは猟師・女色を売る者に、願って親しく近づかない。

この人は、精神が素直で、じみで、まじめであり、正しく記憶し、絶えず忘れず、福徳の力がある。

この人は、貪り・怒り・愚かさの三毒に悩まされない。

また、嫉妬・我に執着し我をよりどころとする心から自分を偉いと思っておごり他を侮ること・徳がないのにあるとうぬぼれること・自分が優れていると思って他をあなどることに悩まされないであろう。

この人は、欲が少なく、足る事を知り、十分に普賢の行を修めるであろう。

普賢よ、もしも、如来が世を去った後、後の五百歳に、

もしも、人が、法華経の教えを銘記して忘ず、読誦する者を見たならば、きっとこの思いをなすであろう。

この人は、遠くない未来において、道場に至って、諸々の仏道修行を妨げる悪神たちを破り、

一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得、仏の教えを説き、太鼓が兵を鼓舞するように、説法によって人々を仏道に進ませ、法螺貝を吹き、雨が万物をうるおすように、仏の教えによって衆生を教化するであろう。

当然、天人や大衆の中の獅子座に坐るべきである。

普賢よ、もしも、後の世に、この経典の教えを銘記して忘ず、見て読み、そらで唱える者は、

この人は、また、衣服・臥具・飲食物・暮らしに執着する事はない。

願う所は、偽りではない。

また、現世に於いて、その福の報いを得るだろう。

もしも、人が、この人を軽蔑し、誹謗し、こう言ったとする。

「おまえは狂人にすぎない。空しくこの修行をして、最後に得るところは何もない」と。

そのような罪の報いは、何度にも渡り生まれ変わるたびに、眼球が無いであろう。

もしも、この人を供養し讃嘆することをする者は、当然、この世に於いて現に果報を得るべきである。

もしも、また、この経典の教えを銘記して忘れない者を見て、その人の過失や悪を暴露しようとするならば、

もしも、それが事実であれ事実でないにせよ、この人は現世で白癩病となるであろう。

もしも、この人を軽蔑して笑う者は、当然、何度にも渡り生まれ変わるたびに歯がすけ、抜け落ち、

唇は醜く、鼻は平たく、手足はねじれて変形し、目は斜視となり、

身体は臭い匂いを放ち、皮膚にできものがあり、膿のまじった血を流し、腹に水がたまり、短気になり、諸々の悪病・重病になるべきである。

この故に普賢よ、もしも、この経典の教えを銘記して忘れない者を見たならば、

当然、立ち上って遠くから迎えるべきである。当然、仏を敬うがごとくするべきである。

この普賢菩薩勧発品を説かれたとき、

ガンジス河の砂の数に等しい無量無辺の悟りを求める修行者が、百千万億の衆生を感化する作用が次々と伝わる力を得、

三千大千世界を微塵にした数に等しい諸々の悟りを求める修行者は、普賢と同じ悟りの段階を身につけた。

仏が、この経を説かれたとき、

普賢らの諸々の悟りを求める修行者、舎利弗らの諸々の自己の悟りのみを求める修行者、及び、諸々の天人・龍・人間・人間でないものらの一切の大会の皆は、大いに歓喜し、

仏の言葉の教えを銘記して忘れず、礼拝して去った。

広告

妙法蓮華経普賢菩薩勧発品第二十八(みょうほうれんげきょうふげんぼさつかんぼっぽんだいにじゅうはち) 現代語訳」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中