妙法蓮華経方便品第二(みょうほうれんげきょうぼうべんぽんだいに) 現代語訳


そのとき世尊は、瞑想を終え、静かに目を開き、舎利佛にお告げになった。

諸々の仏の智慧は、計り知れないほど奥が深い。

その智慧の門は、難解であり、入ることは難しい。

全ての自己の悟りのみを求める修行者や、独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者は、知ることはできない。

理由は何故かというと、仏は、嘗て過去において、数え切れないほどの多くの仏に親しく近づき教えを受け、自ら進んでいろいろな仏から授かったたくさんの方法を実践し、

勇気を持って猛進し、雑念を去り仏道修行に専心をして、人々から尊敬され知られるようになったからである。

計り知れないほど奥が深く、今までに一度も出会わなかった教えを成就し、その場その場で、相手に応じて随時よろしく説法し教化する。その本当に意図するところを理解するのは難しい。

舎利佛よ、わたしが仏に成って以来、いろいろな因縁や種々の譬喩を使い、

広く教えを述べ、真実の教えに導くための仮にとる数え切れないほどの便宜的な手段を使って、多くの人々を仏道に導き、諸々の執着から離れさせた。

理由は何故かというと、如来は、真実の教えに導くために仮にとる便宜的な手段や、事物に対する正しい認識や、悟りに至らせる方法をすでに身に付けているからだ。

舎利佛よ、如来の事物に対する正しい認識は、広大で奥深く、容易に理解が及ばない。

それは、無量であり、何ものにもとらわれず、力があって、畏れるところなく、静かな瞑想の禅定であり、煩悩の束縛から解き放たれる解脱である。

心を集中した静かな状態で、深く限界のない境地に入り、かつてない教えを体得し成就したのである。

舎利佛よ、如来は、巧みに種々に物事を良く分析し、巧みに諸々の教えを説き、言動は柔軟で人々の心を励まし喜びを与える。

舎利佛よ、要約して言うならば、計り知れないほど多くの、しかも未だかつて示さなかった教えを、仏はことごとく身に付けている。

止めよう。舎利佛よ。再びこの教えを説く意思はない。

理由は何故かというと、仏が身に付けているこの教えは、第一に優れ、類のない、理解しがたい教えであるからだ。

ただ仏と仏だけが、あらゆる事物や現象や存在の、あるがままの真実の姿かたちを、究めつくすことができるのだ。

所謂、この世に存在する有形や無形の一切の事物や現象や存在には、このような姿形があり、このような本来の性質があり、このような姿かたちと性質を備えた物体があり、このような力があり、このような表面に現れた作用や動きがあり、このような物が生起し変化する直接的原因があり、

このような原因を助ける間接的な条件である縁があり、このような因縁によって生じた結果があり、このようなその結果による報いがある。このように原因と結果はつまるところ等しいのだ。

そのときに世尊は、再びこのことを説明しようと詩を説いて言われた。

仏の智慧を推し量ることはできない 諸々の天人および世の人々

全ての生命のあるものすべての類 仏を良く知る者はない

仏の力や畏れを感じない智慧 解脱や諸々の心を一つの対象に集中して動揺しない状態

仏の諸々のその他の教え 真意を測り知る者はいない

わたしは数え切れない仏に従って 身に付けていろいろな道を修業してきた

非常に奥が深く一言では言い表せないほど複雑な教えは 見ることも理解することも難しい

無限に長い時間において この諸々の道を修行し終わり

道を行じた場で成果を上げることができ わたしは全ての事物に対する正しい認識を得たのだ

このような大きな成果と 種々の素質とそのものの内面の姿の意義を

わたしや十方の仏は 全てよく知ることができたのだ

この教えは示すことができない 言葉で表すことができない

その他諸々の生命のあるものすべてのたぐいは この教えを良く会得して理解することはない

諸々の悟りを求める修行者の中で 信じる力が強いものは除く

諸仏の弟子たちは かつて諸仏を供養し

身から自然に漏れてくる一切の煩悩をなくし この煩悩を絶った心が、生命の拠り所としての肉体に留まるのだ

このような諸々の人々は その力では耐えることはできない

皆、舎利佛のような者が たとえ世間に満ちていたとしても

共に智慧を寄せ合ったとしても 仏の智慧を推し量ることはできない

皆、舎利佛のような者が たとえ十方に満ちていたとしても

そしてその他諸々の弟子たちが また十方の国土に満ちていようとも

彼らが共に智慧を寄せ合ったとしても またまた理解することはできない

独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者が知識に優れ すべての迷いを残らず離れ去った心の生命の拠り所としての肉体となり

また、たとえ十方の世の中に満ちて まるで竹林のようであったとしても

そして彼らが共に心を一つにし 途方もない長い時間において

仏の真実の智慧を理解したいと願っても 仏の真実の智慧のかけらも知ることはできない

たとえ発心して新たに仏門に入った者が 無数の仏を供養して

諸々の教義や方法を心によく悟り また巧みに教えを説くことができる者が

稲麻竹葦のように非常に多くいて 十方の国土に満ち溢れていて

一心にその優れた智慧によって ガンジス川の砂の数ほどの途方もなく長い時間において

彼らが共にいろいろと思いをめぐらし考えたとしても 仏の智慧を知ることはできない

いかなる困難にあっても退くことなく勇猛果敢に突き進んでゆく悟りを求める修行者が ガンジス川の砂の数ほどいて

一心に共にいろいろと思いをめぐらし考え求めたとしても また理解することはできない

また舎利佛に告げる すべての迷いを残らず離れ去り、通念では理解出来ない

非常に奥が深く一言では言い表せないほど複雑な教えを わたしは今すでに備えている

ただわたしはこの姿を知っている 十方の仏もまたそれを知っている

舎利佛よ、当然知るべきである 諸々の仏の説く言葉は異なることはない

仏の説く教えにおいて 当然、大きな信心の力を生じるべきである

世尊は教えを長い間説いたあと 必ずきっと真実を説くはずである

声聞と呼ばれる諸々の自己の悟りのみを求める修行者たちや 縁覚と呼ばれる独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者、これら二乗の者たちに告げる

わたしがあなた方の苦悩や束縛を脱し 涅槃を得させたことは

仏の衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きによるものであり 声聞と縁覚と菩薩に説いた三乗の教法によって示した

生命のあるものすべてのあちらこちらの執着から これを引きずり出し脱出することができるようにしたのだ

その時に、大衆の中に、自己の悟りのみを求める修行者、煩悩を打ち消して悟りの境地に至った阿羅漢、阿若憍陳如などの千二百人、

および、自己の悟りのみを求める修行者や、独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者の中で、疑問を持った出家男子、出家女子、在家信士、在家信女がいた。

各々、心の中でこのように思った。

いま、世尊はなぜ、丁寧で礼を尽くした態度で、悟りに近づけるための巧みな方法手段を賞嘆して、このように言われたのであろうか。

仏が得た教えは非常に深く理解しがたい、今まで演説したことの目的は難しく解りにくい。

全ての自己の悟りのみを求める修行者、独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者の及ぶところではない。

仏は、かつて一解脱の意味を説かれた(一解脱とは、肉体の五官が肉体や外界を観察すること)、それによってわれわれもこの教えを得ることができ、安らぎを得ることができた。

しかし、今このように言われる真意が解らない。

そのとき舎利佛は、出家者や在家者の男女の心の中の疑問を知り、また、自らもその答えが解らなかったため、仏に向かって言った。

世尊、どのような内的原因と、どのような外的原因によって、諸仏が行う、人を真実の教えに導くために仮にとる便宜的な手段や、甚深微妙であり難解な教えを、丁寧で礼を尽くした態度で称歎されるのでしょうか。

わたしは、以前より仏に従っておりますが、未だかつて、このようなお話は聞いたことがありません。

いま、出家者や在家者の男女はみな同じ疑問を持っております。ただ願わくは、世尊にこのことについて例などをあげて詳しく説明していただきたい。

世尊、どのような理由で、熱心に甚深微妙であり難解な教えを称歎されるのでしょうか。

このときに舎利佛は、さらに重ねてこの意味を説明することを願い、仏を讃えながら詩を説いて言った。

慧日大聖尊よ あなたが教えをお説きになってから長い時間が経ちます

自らこのような 力と、何ものをも恐れない心と、心を一つの対象に集中して動揺しない状態と、

心を静める禅定や、この世の世俗的な束縛からの解脱などの 人間の認識や理解の限界を超えている教えを身に付けていらっしゃると説かれた

道場で修行によって習得された教えについて 誰も問う者はおりません

わたしが意を測ることは難しく またそれを問う者もおりません

しかし、それについて問うていないのに、今自ら説いて 行じた道を称歎された

仏の智慧は比べるものがないほど深遠で優れていて 諸仏がそれを会得された

すべての迷いを残らず離れ去った諸々の羅漢や 涅槃を求める者たちは

今疑問を抱いております 仏はなぜ今この事をお説きになったのでしょうか

仏の教えによらず十二因縁を観じて理法を悟った縁覚を求める者 出家男子、出家女子

諸々の天人、龍、鬼神 乾闥婆たちは

互いに顔を見合わせ、心に思いを抱き 両足を具えている人間の中で最も尊い者を見上げております

この事は何故でしょうか 願わくばこの者たちのために解説したまえ

諸々の自己の悟りのみを求める修行者たちに於いて 仏はこの舎利佛を第一だとおっしゃいました

わたしは今自らの知識において 疑って理解することができません

これが真理を悟り極めた教えでしょうか これが行ずべき道でしょうか

仏の口から生み出された弟子たちが合掌し 仰ぎ見て待ち奉っております

願わくは言葉に言い表せないような味わい深い声を出して その時にありのままにお説きください

諸々の天人龍神たちも、その数はガンジス川の砂のように多く

仏の教えを求める諸々の悟りを求める修行者の その数は八万います

また諸々の万億の国の 転輪聖王もあつまり

合掌し尊敬の面持ちで 仏が具えた道を説かれることを聞こうとしております

そのとき仏は、舎利佛にお告げになった。止めよう。止めよう。再びこの教えを説く意思はない。

もしも、この事を説いたとしても、世の中の諸々の天人や人々は、皆きっと驚き疑うに違いない。

舎利佛は、さらに重ねて仏に向かって言った。

世尊、ただ願わくはそれをお説きください。ただ願わくはそれをお説きください。

理由は何故かというと、この会の数え切れないほどの百千万億阿僧祇の生命のあるものすべては、全て諸々の仏を見たてまつり、

その心構えは何者をも恐れぬほど勇猛で、智慧が明瞭な者ばかりでございます。

もし、仏の説く所を聞いたならば、敬服し信心を深めるでしょう。

そのとき舎利佛は、重ねてこの意義を説明しようとして、そして詩を説いた。

教えの王でありこの上もなく尊い者よ ただお説きください願わくは迷い考えることなく

この会の無量の聴衆は よく敬服して信心をするであろう者たちだ

また釈迦様は言われた。止めよう。舎利佛よ。

もしこの事を説けば、全て世の中の天人、人、阿修羅は、皆きっと驚き疑問を持つに違いない。

悟りの域に達していないのに既に悟っているという自惚れの心を持つ出家男子は きっと地獄の大きな火の穴に落ちるだろう

そのときさらに世尊は 重ねて詩を説いて言われた。

止めよう。止めよう。説く必要はない わたしの教えは言葉で表すこともできず思慮の働きも及ばぬほど理解しにくい

諸々の悟りの域に達していないのに既に悟っているという自惚れの心の者は それを聞けば必ず敬服せず信じない

そのときに舎利佛は、重ねて仏に向かって言った。

世尊、ただ願わくはこれをお説きください。ただ願わくはこれをお説きください。

いま、この会の中の、わたしと同じような百千万億の者は、過去・現在・未来の三世において、仏に従って教化されてきました。

このような者たちは、必ずや仏を敬服し、教えを信じることでしょう。煩悩のため悟りが開けず生死の境界をさまよう長夜を、安泰に過ごし豊かなご利益を得られるでしょう。

このときに舎利佛は、重ねてこの教義を説くことを願い、詩を説いて言った。

この上もなく両足を具えている人間の中で最も尊い者よ 願わくは第一の教えをお説きください

わたしは仏の第一の弟子でございます それをわきまえてお説きになることをお願いしております

この会の数え切れないほどの聴衆は よくこの教えを尊敬し信じることでしょう

仏はかつて何度にも渡り生まれ変わるたびに このような者たちを教化していらっしゃいます

皆一心に合唱して 仏の言葉を聞こうと願っております

われわれ千二百人 およびその他の仏を求める者がおります

願わくはこの衆のために ただ明らかにしてお説きください

ここにおります聴衆は、説かれる教えを聞けば 皆大いに歓喜を生じるに違いない

そのとき釈迦様は 舎利佛にお告げになった

おまえは丁寧に礼を尽くし三度請い願った。どうして説かないことができようか。

おまえは良く聞き、よくこれを思い念じるがよい。わたしはおまえのためにこれを解説するに違いない。

この言葉を説かれたとき、そこには出家男子、出家女子、在家信士、在家信女が五千人いました。

その時座から立ち上がり、仏に礼をして退いてしまった。

その理由はこうである。この連中は、悟りの障害となる罪悪が深く重く、その上、悟りの域に達していないのに、既に悟っているという自惚れの心を持ち、未だ悟りを得てないのに得ていると言い、悟りの証を得ていなのに証を得ていると言っていた。

このような過ちをしており、このために留まらなかったのだ。世尊は黙って、それを止めなかった。   そのとき仏は、舎利佛にお告げになった。

今ここにいる衆は、一心に信じる心を持ち、枝葉がなく、精神が定まって動くことはない。

舎利佛よ、あのような強い傲慢さを持った者たちは、この場を退くのもまたよかろう。

おまえは、今善く聞くがよい、当然おまえのために説くべきだ。

舎利佛は言った、

わかりました、世尊、ただ願わくは聞き奉ろうと思います。

仏は、舎利佛にお告げになった、

このような言葉では言いつくせない意味の深い教えは、諸々の仏や如来が、まれにこれをお説きになった。

それはまるで仏や転輪聖王が、この世に生まれる時に一度だけ咲く優曇鉢華のようなものである。

舎利佛よ、おまえたちは当然信じるべきである、仏の説く言葉は虚妄ではない。

舎利佛よ、諸仏がその場その場で、相手に応じて随時よろしく説く教えは、その真意を悟り本質を知ることは難しい。

理由は何故かというと、わたしは無数の人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段や、種々の因縁、たとえ話、優しい言葉をかけることなどをして、諸々の教えを演説するからである。

この教えは慎重に考えて物事を判断することで、よく理解するものではないからだ。

ただ諸々の仏のみ、よくこれを知り示すことができるのだ。

理由は何故かというと、諸仏世尊はただ一つの大きな因縁のためにこの世に生まれてきたからなのだ。

舎利佛よ、それはどのようなことか、

諸仏世尊は、ただ一つの大きな因縁のために、この世にお生まれになるというのか。

諸仏世尊は、生命のあるものすべてに、仏の事物に対する正しい認識を開かせ、清浄であることを会得させようと願うために、この世にお生まれになるのだ。

生命のあるものすべてに、仏の事物に対する正しい認識を示そうと願うために、この世にお生まれになるのだ。

生命のあるものすべてに、仏の事物に対する正しい認識を悟らせようと願うために、この世にお生まれになるのだ。

生命のあるものすべてに、仏の事物に対する正しい認識の道に導こうと願うために、この世にお生まれになるのだ。

舎利佛よ、

これが諸仏が、ただ一つの大きな因縁をのために、この世に生まれてくるということなのだ。

仏は、舎利佛にお告げになった。

諸々の仏や如来は、ただ悟りを求める修行者を教化される。諸々の立ち居振る舞いは、常に一つの目的のためである。

それは、ただ仏の事物に対する正しい認識によって、生命のあるものすべてに悟りを示そうとするためなのだ。

舎利弗よ、如来は生きとし生けるもの全てが、区別なく仏の悟りに到達することができるようにするために、生命のあるものすべてのために教えを説かれるのだ。

一乗の教え以外の、二乗の教え三乗の教えなどないのだ。

舎利弗よ、一切十方の諸仏の説く教えも、またこのようである。

舎利弗よ、過去にお生まれになった諸仏も、数え切れないほどたくさんの衆生を済度に近づけるための巧みな方法や、いろいろな原因条件や例え話や優しい言葉をおかけになって、生命のあるものすべてのために諸法を演説された。

この教えもみな、生きとし生けるもの全てが、区別なく仏の悟りに到達することができるようにするためである。

この諸々の生命のあるものすべてが、諸仏にしたがって法を聞き、過去幾世代にもわたり生まれ変わった体験を通して、その教えを究めてみな智慧を得た。

舎利弗よ、未来において諸仏が、この世に生まれ出るに違いない、

また数え切れないほどたくさんの衆生を、済度に近づけるための巧みな方法や、いろいろな原因条件や、例え話をし、優しい言葉をおかけになって生命のあるものすべてのために、諸々の教えを演説するであろう。

この教えも皆、生きとし生けるもの全てが区別なく仏の悟りに到達することができるようにするためだ。

この諸々の生命のあるものすべてが、諸仏にしたがって教えを聞き、皆極まって、万物が本来は空であって平等・無差別であることを知るとともに、現象として出現する諸相をすべて知る仏の最高の智慧を得るであろう。

舎利弗よ、現在、十方の無量百千万億の仏土の中の諸々の仏や世尊が

生命のあるものすべてを豊かにし、その願いをかなえ、心に安らぎを与えている。

この諸々の仏もまた、数え切れないほどたくさんの衆生を済度に近づけるための巧みな方法や、いろいろな内的原因や外的原因や、例え話をし、優しい言葉をおかけになって、生命のあるものすべてのために諸々の教えを演説していらっしゃる。

この教えも生きとし生けるもの全てが、区別なく仏の悟りに到達することができるようにするためだ。

この諸々の生命のあるものすべてが、仏にしたがって教えを聞き、物事の最後に行きつくところを皆得て、最高の完全無欠な智慧を得る。

舎利弗よ、この諸々の仏は、ただ悟りを求める修行者を教化してるのだ。

仏の事物に対する正しい認識で、生命のあるものすべてに道を示そうと願うため、仏の一切のことがらの本質を見きわめる智慧と見識で、衆生を悟らせるように願うために、

生命のあるものすべてに、一切のことがらの本質を見きわめる、仏の事物に対する正しい認識の道に、導こうと願うためなのだ。

舎利弗よ、わたしも今また、このように願うのだ。諸々の生命のあるものすべてに、種々の欲望や煩悩があることを知り、

衆生の本性に随って、いろいろな原因条件や、例え話や、優しい言葉をかけることや、衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きなどをもって、衆生のために教えを説くのだ。

舎利弗よ、このようにするのは、生きとし生けるもの全てが、区別なく仏の悟りに到達することができるようにする教えの、万物が本来は空であって平等・無差別であることを知るとともに、現象として出現する諸相をすべて知る、仏の最高の智慧を得させようとするためなのだ。

舎利弗よ、十方世界の中には、これ以外に第二の教えなどないし、まして第三の教えなどないのだ。

舎利弗よ、諸々の仏は、五濁の悪世にお生まれになられる。五濁とは、時代の濁りである劫濁、煩悩が増長する煩悩濁、衆生の資質が低下する衆生濁、思想が濁る見濁、衆生の寿命が短くなる命濁である。

このように、舎利弗よ。長い間世の中が乱れているときは、生命のあるものすべての心がひどく汚れ、物惜しみをして欲張りで嫉妬深い、

諸々の悪い報いを招くもとになる行為を、仏の悟りに到達させるために、諸々の仏は、衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きにより、本来は全ての人々が佛に成れると説くところを、声聞乗、縁覚乗、菩薩乗の三乗があり、声聞乗と縁覚乗は成仏できず、菩薩乗のみが成仏できると説いたのだ。

舎利弗よ、もしもわたしの弟子で、自ら仏道を完成し、これ以上に学ぶ要がない阿羅漢であるとか、師なくして独自にさとりを開いた辟支仏であると言う者があれば、

諸仏や如来が、ただひたすら仏道を求める修行者を教化されたことを聞かず、それを知らないならば、このような者は仏の弟子ではない、阿羅漢でもなく、辟支仏でもない。

また舎利弗よ、このような諸々の出家した男子と出家した女子は、自分自身でわたしは阿羅漢になったとか、わたしは煩悩を絶った心の生命の拠り所としての肉体であるとか、最上絶対の悟りの境地を得たと言う。

そしてまた、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を、志し求めることを止めてしまうのだ。

今当然知るべきである。このような者たちは、みな悟りの域に達していないのに、既に悟っているという自惚れの心を持つ者だ、

理由は何故かというと、もし出家男子が、本当に阿羅漢となって、もしこの教えを信じないというならば、そのようなことはありえないからだ。

仏がこの世を去られたあと、仏がこの世にすでにいない場合を除く。

理由は何故かというと、仏がこの世を去られたあと、これらの経の教えを銘記して忘れず、読み、節をつけて唱え、その意味を理解する者は、なかなかいないからである。

もし別の仏に会えるならば、その教えの中において、悟ることができるであろう。

舎利弗よ、おまえたちはまさに一心に信心し理解して、仏の言葉を受けとめてそれを心に刻みなさい。諸々の仏や如来の言葉には、嘘偽りはない。

これ以外に教えなどなく、生きとし生けるもの全てが、区別なく仏の悟りに到達することができるようにする一仏乗の教えしかないのだ。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、詩を説いて言われた。

出家男子出家女子で 悟りの域に達していないのに、既に悟っているという自惚れの心を持つ者

在家信士で自分に執着することから起こる慢心を持つ者や 在家信女で信じない者

このような出家者や在家者の男女たち その数は五千人いる

自らその過ちに気づかず 戒めを欠いており

その欠点を守り隠している このような小智の者たちはすでに退出してしまった

この者たちは酒かすと米ぬかのようなつまらない者である 仏の人を畏服させる威厳と、人を心服させる徳によって去ったのだ

そのような者たちは福徳が少なく この教えを受けるに値しない

今ここにいる衆は枝葉がなく 精神が定まって動くことはない

舎利弗よ、よく聴きなさい 諸仏が得られた教えは

数限りない衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きを用いて 生命のあるものすべてのために説かれたのだ

生命のあるものすべての心に念じるものと 種々に行ずる道と

若干の諸々の欲求と性質と 前世から背負ってきた身・口・意によって行われる善悪の行為などを

仏はこれらをことごとく知り抜いて いろいろな縁や例え話をし

優しい言葉や衆生を導くための臨機応変の手だてを用いて 全てを歓喜させるであろう

あるいは散文で教理を説いた契経(かいきょう) 仏徳を賛嘆し教理を述べる韻文に旋律をつけた伽陀や仏の弟子の過去世や前世における由来

釈迦の前世の善行を伝えた物語や奇跡を説き また物事の内的原因や外的原因

たとえ話や韻文詩の祇夜や 教説を解説した優婆提舎経(うばだいしゃ upadeza उपदेश)をお説きになる

鈍重で愚直であり自己の悟りを第一とする小法を楽しみ 人の生き死にに執着し

諸々の数限りない仏に於いて 奥深く優れた仏道を行じることもなく

多くの苦しみに悩み混乱させられる このために煩悩の火を吹き消す涅槃を説かれるのだ

わたしはこの衆生を済度に近づけるための巧みな方法を用いて 仏の智慧の世界に入ることを得させる

未だ嘗て、おまえたちが きっと仏道を成すことができるに違いないと説いたことはない

今までそれを説かなかった理由は まだ説くべき時期が来ていなかったからである

いまが正しくそのときである 決心して衆生が仏の悟りへ到達できるための教えを説く

わたしが、嘗て説いてきた九部の法は 人々の能力に合わせ解りやすく説いた

衆生の平等な救済と成仏という悟りへ到達させるための基本となるためのものだ そのためにこの経を説いたのだ

仏の弟子であり心が清らかで 柔軟でありまた敏感な五感をもち

数え切れないほど多くの仏の所で 言葉で表すこともできず思慮の働きも及ばぬ道を行じる者がいる

この諸々の仏の弟子のために この衆生が仏の悟りへ到達できるための教えを説く

わたしはこのような者は 必ず来世において仏道を成ずると保証する

深く心に仏を念じ 清浄な心を持って戒律を守り修行するためである

この者たちは、仏に成ることを得ることができるであろうと聞いて 大きな喜びに満ち溢れた

仏は彼らの心や行いを知っている そのために仏の悟りへ到達できるため大乗の教えを説く

自己の悟りのみを求める修行者もしくは悟りを求める修行者は わたしの説くところの教えを聞き

あるいは一喝でも聞くならば みな成仏すること疑いない

十方にある仏の国土には ただ一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ教えのみがある

二乗三乗の教えなどない ただし仏が、方便で説く衆生を済度に近づけるための巧みな方法は例外である

ただこのような仮の名前を用いて 全ての生命のあるものすべてを仏道に導かれるのだ

仏の智慧を説こうとするためであり 今まで過去に諸仏がこの世にお生まれになったのは

唯このこと一つだけのためであり 他の二つの教えはすなわち真実ではないのだ

結局、個人の解脱を目的とする小乗の教えでは 生命のあるものすべてを、仏の悟りへ導くことはできない

仏は自らを全ての衆生を悟りへ導こうとする大乗という境地に留まっている 仏が得た教えのように

互いにかかわり合って仏道を成就させる関係にある禅定と智慧の力で身を飾り この教えによって生命のあるものすべてを仏の悟りへ導かれる

わたしが自らこの上ない道と 全ての衆生を悟りへ導こうとする大乗という平等の教えがあることを証明したにもかかわらず

もしも、自己の解脱のみを説く小乗の教えをもって教化することを わたしがたとえ一人にでもするならば

わたしは物惜しみをして欲深い慳貪の罪に落ちるであろう このようなことは決してない

もしも、人が仏を信じ帰依すれば 如来は人を欺いたりたぶらかしたりはしない

またむさぼりやねたみの意思もない 諸々の行いの中の悪を断じられている

そのために仏は十方の世界において ただ一人畏れる所はない

わたしは眉間から光を放つ白毫相をこの身体に具現化し 光をはなち世間を照らす

数え切れないほどの人々に尊ばれ すべてのものを存在させ動かしているただ一つの教えを説く

舎利弗当然、知るべきである わたしは誓いを立て、成就するように願って

全ての人々を わたしと同じ境涯まで高め異なることがないよう欲したのだ

わたしの昔の願いのように 今はすでに満足した

全ての生命のあるものを教化して みなを仏道に導きいれた

もしわたしが生命のあるものすべてに会うならば 全てを教えるために仏道をもってする

無知な者は錯乱し 迷い教えを受けようとはしない

わたしは知っている。このような全ての生命のあるものは 未だかつて全ての存在のありのままの本当の姿を知らないことを

財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲の五欲にこだわり変えようとせず おろかな愛欲のために悩みを生じている

諸々の欲の内的原因と外的原因によって 地獄、餓鬼、畜生といった三悪道へ堕ちるのだ

地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六趣の中に生まれたり死んだりを繰り返し ことごとく諸々の苦しみや苦痛を受ける

受胎する時すでに過去の業をすべて背負っており 生まれ変わる度に悪業を積むならば、その悪業は生まれ変わる度に増長する

人徳が薄く福徳が少ない人として 多くの苦痛や危険が身に迫ってくる

因果の道理を無視する誤った考え方や煩悩がしきりに起こり 若しくは有情としての存在、若しくは無に等しい不安定な状態に陥る

このような諸々のものの見方に依存しそれを頼みとし 六十二にも及ぶ間違った外道の思想を身に付ける

深く虚妄の教えに傾倒して これを固く信じて捨てようとせず

自己満足してそれを誇りにして 心が捻じ曲がり真実味がない

千万億劫という長い間において 仏の名や教えを聞かない

また、仏の説く正しい教えを聞こうとしない このような人は諭すことは難しい

このような理由から舎利弗よ わたしは諭すために巧みな方法を用い

諸々の苦難の道を説き これを示すために涅槃をもってする

わたしが涅槃したとしても それは真に滅するのではない

この世に存在する有形や無形の一切のものは本来 生滅変化を超えた真実そのもので絶対究極の存在なのだ

仏の弟子が仏道を修行し終えて また次に生まれてくる来世に仏と成る機会を得るであろう

わたしには衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きがあり 声聞、縁覚、菩薩の三乗それぞれに解るように異なった教えを説いて聞かせた

今まで過去においてお生まれになった全ての世尊と呼ばれた方々も みな全ての衆生が区別なく仏の悟りに到達する一乗の道をお説きになった

今ここにいる諸々の大衆は みな疑いや困惑を当然捨てるべきである

諸々の仏の言葉は異なることはない ただ一つの教えのみがあり、声聞乗と縁覚乗に説いた教えは方便であり二乗はない

想像を絶するほどの過去の時間から 数え切れないほどの多くの仏が生死の苦を滅してさとりの世界に渡った

百千万億であり その数は数え切れない

このような諸々の世尊も 種々の因縁や例え話

数え切れないほどの衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きを使って この世に存在する有形や無形の一切のものの有様を演説した

この諸々の世尊と呼ばれた方々も みな一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ一乗の教えをお説きになった

数え切れないほどの生命のあるものすべてを教化し 仏道へお導きになった

また、諸々の大聖主は 世の中一切の

天人と人と生き物全ての 心の深いところにある欲望を知り尽くし

さらにそれぞれに異なった教え導き悟りに近づけるための巧みな方法手段を用いて 究極の真理である第一義を明らかにすることを助けた

もしも生命のあるものすべてが 前世において諸々の過去の仏に会い

もしも教えを聞いてお布施をし あるいは戒律や戒めを守り、さげすまれても耐え忍び

雑念を去り仏道修行に専心し、精神統一や全ての物の違いを見分ける力など いろいろな福徳を修養したならば

このような人々は 皆既に仏道を成就している

諸仏が苦しみの根元である我執や煩悩を滅して、悟りの世界に度ってしまった後、もし人が善い柔軟な心を持っているならば、

このような諸々の人々は 皆既に仏道を成就している

諸仏が悟りの世界に度ってしまった後 仏の骨を供養する者は

万億というたくさんの種類の塔を立てて 金銀や水晶

しゃこ貝と瑪瑙 ルビー、瑠璃、朱によって

清浄に荘厳に飾った 諸々の塔を建立し

またあるものは石廟を建て 香木の栴檀や沈水香

シキミやその他の材料 たとえば瓦などを使って造り

または何もない荒野において 土を積んで仏廟を建立し

またたとえ子供が遊びで 砂を集めて仏塔を造ったとしても

このような人々は 皆既に仏道を成就している

もしある人が仏のために 諸々の仏像を建立し

彫刻してさまざまな特徴を成したとする 皆既に仏道を成就している

あるいは七宝を用いて 鍮鉐(ちゅうせき:真鍮、黄銅)、赤白銅

白鑞(びゃくろう:スズに鉛を少し混ぜた合金)および鉛と錫 鉄と木および泥

あるいはにかわと漆と布で 荘厳に飾り立て仏像を建立する

このような人々は 皆既に仏道を成就している

絵を描いて仏をかたどり 百福荘厳の姿を描き

自らも描きまたは人に頼んで描かせる 皆既に仏道を成就している

または子供が遊びで もしくは草木や筆で

あるいは指先の爪や甲を使い 描いて仏をかたどる

このような人々は 段々と現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を積んで

人の悲しみを取り除きたいという大きな心を持ち 皆既に仏道を成就している

ただ諸々の仏道修行者を教化し 数え切れないほどたくさんの人々を迷いの世界から脱するように導く

もし人が塔廟 宝像、仏画や仏像を

花、香、のぼり旗と傘によって 敬う心で供養し

もしくは人に音楽を奏でさせ 太鼓を打ち角貝を吹き

しょうの笛や琴やハープ 琵琶、ドラを鳴らし

このような人々の奏でる妙なる音を ことごとく持ち寄って供養し

または歓喜の気持ちを持って 歌い仏の徳を讃えるならば

たとえ一つの楽器によるものであっても 皆既に仏道を成就している

もし人が心に乱れを持っていても 一輪の花を持って

仏画や仏像を供養すれば 徐々に無数の仏を見ることができる

あるいは人が仏を礼拝し あるいはまたただ合掌し

ないしは一つの手を掲げ あるいはあまた少し頭を下げて

これによって仏像に供養すれば 徐々に無数の仏を見ることができ

自らこの上ない道を成就して 広く数え切れない人々を悟りの境地に導き

煩悩を断ち分別を離れ肉体をも滅しつくした悟りの境地に入ること まるで薪が尽きて火が消えるときのようだ

もし人が心に乱れを持っていても 仏塔や仏廟に入り

一度でも仏に帰依すると唱えれば 皆既に仏道を成就している

諸々の過去に出現された仏の 現在あるいは滅後において

もしこの教えを聞くことがあれば 皆既に仏道を成就している

未来の世に出現される諸々の世尊と呼ばれる方々は その数は量り知ることができないほど多い

この諸々の如来たちも また衆生を教え導き悟りに近づけるための巧みな方法手段を用いて教えをお説きになる

全ての諸々の如来は 数え切れないほどたくさんの衆生を教え導き悟りに近づけるための巧みな方法手段を用いて

諸々の生命のあるものすべてを迷いの世界から救い 煩悩に穢されていない仏の智慧に入れさせる

もしも、教えを聞くことがある者は 一人として成仏しないものはない

諸々の仏が心から誓いを立て成就するように願うのは わたしの行う仏道を

あまねく生命のあるものすべてに また同じようにこの道を会得させようと願うからである

未来の世に出現される諸々の仏は 百千億であり

無数の諸々の仏の教えを説くであろうとしても それは実は一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ一乗の教えのためなのだ

諸々の仏、両足を具えている人間の中で最も尊い者よ 教えは常に実体がないのだ

仏になる種は外的原因によって芽を出すと知らしめる このために一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ一乗の教えを説くのだ

この教えは存在のあるがままの姿に留まって 世の中のそのままの姿は常に留まっている

ありとあらゆる場所がわたしたちにとって真理を教えてくれる道場であると教え終えて 仏はそれを衆生を教え導き悟りに近づけるための巧みな方法手段でお説きになる

天人や人が供養し奉っている 現在の十方の仏は

その数はガンジス川の砂粒の数のように多く この世に生まれ出ている

人々を安心させ穏やかにするために またこのような教えをお説きになる

第一に煩悩を離れ悟りの境地に入ることを知らしめて 衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きを用いたために

種々の教えの道を示したといっても それは実は生きるもの全てが区別なく仏の悟りに到達することができるようにするためなのだ

生命のあるものすべてのいろいろな行い 心の奥深いところに持っている思い

前世での身・口・意によって行われる善悪の行為 欲望、性質、知恵に裏づいた努力

および諸々の生命活動や感覚の原動力の賢愚を知りつくして 種々の内的原因や外的原因を

たとえ話や易しい言葉を使って その場の聞き手に応じて巧みな方法を使いお説きになる

今のわたしもまたこのようにしている 生命のあるものすべてを平安で穏やかにするために

いろいろな仏の教えを示して 仏道を述べ伝える

わたしの物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力によって 人々の性質や欲望を知り

巧みな方法で諸々の仏の教えを説いて 人々に歓喜することを得させる

舎利弗よ。当然知るべきだ わたしは自他を超越して仏の立場から見る目を使い観察し

地獄、餓鬼、修羅、畜生、人間、天上の六つの世界にいる人々を見てみると 心が貧しく苦難していて幸福や悟りがない

生まれては死んでゆく険しい運命の道にはいり それの繰り返しを引きずり何度生まれ変わっても苦労が絶えない

財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲に深く執着するのは まるでヤクが自分の尾を愛することのようだ

対象を追い求め執着し、自分の殻に閉じこもり めくらのように暗く見る所が無い

大いなる力の仏に 苦しみを断つ教えを求めようともしない

深く諸々の因果の道理を無視する誤った考え方に陥って 苦悩することによって苦悩から抜け出そうと願う

このような生命のあるものすべてのために 大きな慈悲の心を起こした

わたしは始め道場に座り 樹木を観てまた歩き回りながら思い

七日を三回繰り返す間において このようなことを心に浮かべてよく考えた

わたしが会得した物事をありのままに把握し真理を見極める認識力は 一言では言い表せないほど細かく複雑で最も優れている

命のあるものすべての目、耳、鼻,舌、身、意の感覚は鈍く 快楽に執着して愚かで盲目である

このような同じたぐいを どのようにして導くべきかと思った

そのとき諸々の仏法を守護する大梵天や 諸々の帝釈天

世の中を護る四天王 および大自在天

ならびにその他の諸々の天人衆は 配下の者の百千万と

恭しく敬い合掌し礼をして わたしに教えを説くことを願い請うた

わたしはすぐに自分自身で心に浮かべてよく考えた もしただ救いに到達することのみを讃えるならば

生命のあるものすべては苦しみの底に落ち込み この教えを信じることはできない

教えを破って信じないために 三悪道に落ちるだろう

わたしがむしろ教えを説かなくても 早く涅槃に入ってしまおう

しかし、過去に出現された仏を思い返し 仏が衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きを思うと

わたしが今得た道も また、声聞、縁覚、菩薩の三乗それぞれに解るように、異なった教えを当然説くべきである

このことを心に浮かべてよく考えるとき 十方の仏が全て現れて

清らかな尊い御声で慰めさとされた 素晴らしい釈迦族の聖者よ

最も優れた導師よ この最上の教えを会得されたが

諸々の全ての仏に従って 仏が衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きを用いられた

わたしたちもまた皆 最も優れた最高の教えを会得したけれども

諸々の生命のあるものすべてのために 自他の区別を前提として思考し声聞、縁覚、菩薩の三乗それぞれに解るように異なった教えを説いた

少智の者は自分だけの悟りを願って 自らが仏の悟りに到達できることを信じない

この理由のために人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段によって もろもろの事理を思量し識別し修行によって得られる悟りの諸々の位を説いた

また声聞、縁覚、菩薩の三乗それぞれに解るように異なった法を説いたのは ただ悟りを求める修行者である菩薩に教えるためだったのだ

舎利弗よ、当然知るべきである わたしが聖師子の

深く清浄で趣深く美しく味わいがある音声を聞いて 喜んで仏に帰依しますと唱えたことを

またこのように思った わたしは濁りに満ちた悪い世の中に生まれ出たと

諸仏の説かれているように わたしもまた心から信じて従い行おうと

この事を心に浮かべてよく考え終わって そしてバラナ国へ赴いた

矛盾や対立や惑いが生じることなく、すべてが智慧によって完全に調和統一された淀みのない状態というのは 言葉で言い表すことはできない

仏が衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きを以って 苦行を共にした5人の出家男子のために説いた

古代インドの王が持っていた円盤形の武器を転がして敵を撃破するように、説法が迷いを破り正しい仏の道へ導くことから、これを転法輪というのだ このようにして煩悩の火が消された状態の安らぎの境地の涅槃や

阿羅漢や 教えや僧という言葉が生まれたのだ

はるか永遠の過去から今まで 煩悩の火が消された状態の安らぎやさとりの境地の涅槃へ入るための教えを賛美して示し

生死の苦痛を永久に終わらせることができると わたしは常にこのように説いている

舎利弗よ、当然、知るべきである わたしが仏の弟子たちを見ると

仏道を志す者たちは 数え切れず千万億である

全てが恭しく敬う心を持って みな仏のところへ来て至り

曾て諸仏にしたがって、真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段として説かれた教えを聞いた

わたしはすなわちこのように思った 如来がこの世の中に出現された理由というのは

仏の物事をよく見極め、道理を正しく把握する精神作用を説こうとしたための理由である 今正しくこれがその時である

舎利弗よ、当然、知るべきである 鈍くて愚かで学がなく小智の者

現象に執着して悟りの域に達していないのに既に悟っているという自惚れの心の者は この教えを信じることはできない

今わたしは歓喜して恐れるものはない 諸々の仏道修行者の菩薩の中において

正直に真実の教えに導くために仮にとる便宜的な手段を使うことなく ただこの上なくすぐれた道を説く

仏道修行者はこの教えを聞いて 疑う心を皆除く

千二百の羅漢たちは 全てまた仏となるに違いない

前世、今世、来世の諸々の仏の 教えを説く儀式のように

わたしも今またこの儀式のように 分別の領域を超えている教えを説く

諸仏がこの世にお生まれになったことは はるか遠くであり縁によって廻りあうことは難しい

たとえこの世にお生まれになったとしても この教えをお説きになることはまた難しい

数え切れないほど多くの長い年月の中でも この教えを聞くことはまた難しい

良くこの教えを聞こうとする者 そのような人はまた得難い

たとえば、三千年に一度花を開く優曇華(うどんげ)は 全て皆が愛し楽しむ

天人でさえ稀にめぐり合えることであるとされる 長い間にたった一度だけ咲き出でることと同じくらいに稀である

教えを聞いて歓喜し讃える言葉を 例え一言でも発するならば

すなわちそれはすでに 過去、現在、未来の全ての仏を供養することである

このような人は非常に稀であり このことは優曇華(うどんげ)の花よりも稀だ

おまえたちは疑ってはならない わたしは諸々の教えの王である

広く隅々まで諸々の人々に告げる ただ、一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ一乗の道によって

諸々の仏道修行者を教化した結果 自己の解脱のみを得ることに専念し、利他の行を欠いた声聞と呼ばれる弟子はなくなる

おまえたち、舎利弗 声聞と菩薩たちよ

当然、知るべきである。この言葉で表すこともできず思慮の働きも及ばぬ教えは 諸仏のみだりに人に教えない重要な事柄なのだ

時代の濁りである劫濁、煩悩が増長する煩悩濁、衆生の資質が低下する衆生濁、思想が濁る見濁、衆生の寿命が短くなる命濁のはびこる悪い世の中には ただ諸々の欲望に執着するものがいて

このような生命のあるものすべては ついに仏道を求めることはない

現在、未来において悪人は 仏の説く一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ一乗の教えを聞いて

どうしてよいか迷い、信じて受け入れることはしない 教えを破り悪い道へと堕ちる

自分の言動を反省して恥ずかしく思い清浄となって 仏道を志し求めるものがあるならば

当然このような者たちのために 広く一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ一乗の教えの道を讃えるべきである

舎利弗よ、当然、知るべきである 諸々の仏の教えはこのように

万億という数えきれないほどの衆生を教え導き悟りに近づけるための巧みな方法手段を用いて その場その場で、相手に応じて随時よろしく説法し教化される

それを学習しない者は これを完全に理解することはできない

おまえたちは既に 諸々の仏や世間の師の

その場その場で相手に応じて随時よろしく、真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段を知った また諸々の疑いもなく

心に大きな喜びを生じ 自分から仏となるに違いないと知れ

広告

妙法蓮華経方便品第二(みょうほうれんげきょうぼうべんぽんだいに) 現代語訳」への2件のフィードバック

  1. 毎日、朝夕、読んでいますが、意味がわからず、残念に思っていました。これで、読みやすくなりました。

  2. ピンバック: 3000年に一度咲く話題の植物は? | 母ちゃん道

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中