妙法蓮華経提婆達多品第十二(みょうほうれんげきょうだいばだったほんだいじゅうに) 現代語訳


その時に仏は、諸々の悟りを求める修行者、天人、人間、出家者、在家者の男女にお告げになった。

私は、過去において計り知れないほど長い時の間、法華経を求めたが、心の働きが鈍くなりいやになる事はなかった。

きわめて長い時間の中において、常に国王となって衆生を救済しようと決意し、この上ない悟りを求めたが、心は修行を怠り一度得た悟りを失って低いほうに落ちることはなかった。

六種の修行を十分にしようとして布施行を修行したが、象や、馬や、七種の珍宝や、国城や、妻子や、召使いの男女や、召し使いや、頭や、眼や、髄や、脳や、身や、肉や、手や足を心の中で物惜しみすることはなく、

体や命をも惜しんだ事がなかった。

その時の世間の人民の寿命は、数え切れないほど長かった。

教えの為という理由で、国王の位を捨てて、政治は太子に任せ、太鼓を打って四方に宣言して教えを求めた。

「誰が私の為に、利他の精神による衆生の救済をよく説いてくれるであろうか。

私は、当然、この身を終えるまで物を供給し、使用人となるであろう。」

その時に仙人がいた。王の所にやって来て、こう言った。

私は、大乗経典を持っている。妙法華経と名づけ奉る。もしも、私との約束を守られるのなら、当然あなたのために説きましょう。

王は、仙人の言葉を聞いて非常に喜び躍り上り、すぐに仙人に随って、求める物を供給し、

果実をとり、水を汲み、薪を拾い、食事の仕度をし、自分の身を寝椅子や腰掛としたりもしたが、身も心もいやになる事はなかった。

その時、仕えること千年が経って、教えのための故にまじめに励み給仕して、何の不足もないようにした。

その時に世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

私は過去の計り知れないほど長い時間を思うと 大乗の教法を求めるという目的のために

世の国王となったといえども 財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲の快楽を貪るということはなかった

鐘を叩いて四方に告げた 誰か大乗の教法を具えている者はいるか

もしも、私のために解説すれば 私の身は当然雑役に使われる下男となるだろう

その時に阿私という名の仙人がいた やってきて大王に告げた

私は複雑で難しい教えを持っている 世の中ではとても珍しいものである

もしよく修行すれば 私は当然おまえのために説くだろう

このときに王は仙人の言葉を聞いて 心に大きな喜びを生じ

すぐに仙人に従って 望むものを提供し

薪や果物を取って 時に従って恭しく敬って差し上げ

心の中に言葉では言いつくせない深い教えへの志があるために 身も心も善行を修めるのに積極的でない心の状態にはならなかった

全て諸々の生命のあるものすべのために  すぐれた仏の教法を勤めて求めて

またわが身のためや 財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲を満たすことをせず

その理由のために大国の王となって つとめて仏の教えを求めこの教えを得て

ついに煩悩を断ち無上の悟りを開くに至った 今この理由のためにおまえのために説く

仏は諸々の出家男子にお告げになった。

その時の王とは、すなわち私自身これである。

その時の仙人とは、今の提婆達多これである。

提婆達多は、人々を仏の道へ誘い導く人であったから、私に六種の修行、人々をあわれみ楽しみを与え苦しみを取り除くこと、僧や貧者に金品を寄付すること、仏のみが備える三十二のすぐれた身体的特徴、仏菩薩に具わる八十の微細な良い特徴、紫色を帯びた黄金色の肌と、十種の超人的な知力、仏菩薩が説法する際に抱く畏れることのない四種の自信、仏菩薩が衆生を悟らせるための四つの方法、十八種の仏独特の特徴と、神通力と、道力とを備えられるようにしてくれた。

生死の迷いを去って一切の真理を正しく平等に悟ったこと、広く生命のあるものすべてを悟りの境地に導いたことは、皆、堤婆達多が人々を仏の道へ誘い導く人であった事によるのだ。

仏は四種の仏弟子である出家男子、出家女子、在家信士、在家信女にお告げになった。

提婆達多は、この世を去ってのち、無量劫を過ぎて仏になるであろう。

その名を天王如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

その世界を、天道と名づけるであろう。

その時に、天王仏は、世に住すること二十中劫であり、広く生命のあるものすべての為に優れた教えを説くだろう。

ガンジス河の砂の数に等しい生命のあるものすべては、阿羅漢に到達した境地に入る事ができ、

数え切れないほどの生命のあるものすべては、独りで悟りをひらく者の心をおこし、

ガンジス河の砂の数に等しい生命のあるものすべては、無上道に向かう心をおこして、生じることも滅することもないという真理を認識することを得、仏道修行の過程ですでに得た境地から後戻りしないであろう。

この天王仏が、最後の悟りを得た境地に入りこの世を離られた後、正しい修行によって悟りが得られる時代は二十中劫の間世に行なわれるであろう。

仏の全身の遺骨を納める七宝の塔を建て、高さ六十由旬(420Km)、縦横四十由旬(280Km)であろう。

諸々の天人や人間は皆、色々な花や、抹香や、焼香や、塗香や、衣服や、瓔珞や、瞳幡や、天蓋や、伎楽や、歌曲によって、七宝の素晴らしい塔を礼拝し供養するであろう。

無量の生命のあるものすべては、最高の自己の悟りに達した聖者の境地になり、無数の生命のあるものすべては、独りで悟る者の境地を悟り、考えられぬほど多くの生命のあるものすべては、悟りを求め世の人を救おうとする心をおこして、すでに得た境地から後戻りしないであろう。

仏は、出家得度して具足戒を受けた男子にお告げになった。

未来世において仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子が、妙法華経の堤婆達多品を聞いて、

浄らかな心で信じ敬って疑いを生じない者は、地獄・餓鬼・畜生の世界に堕ちず十方の仏の前に生まれるであろう。

生まれた所では、常にこの法華経を聞くであろう。

もしも、人間や天人の中に生まれたなら、きわめてすぐれている楽しみを受け、もしも、仏の前にあるなら、蓮花の中に母胎からでなく忽然として生まれるであろう。

その時、下方にいた多宝如来に従っている智積という名の悟りを求める修行者が、多宝如来に言った。「本土へ還りましょう」と。

釈迦族の聖者の如来は、智積菩薩にお告げになった。

仏法に帰依した男子よ、しばらく待て。ここに悟りを求める修行者がいる。文殊師利という名である。共に会って、優れた教えを話し合い、本土に還られるのがよい。

その時に文殊師利は、千枚の葉がある車輪のように大きな蓮華に座り、共にやって来た悟りを求める修行者もまた宝蓮華に坐り、大海の婆葛羅龍王の宮殿から自然に涌き上って来て、虚空に静止した、

耆闍崛山に参上して蓮華から下りて、仏前にやって来て、二人の世尊の足を額に頂いて敬礼し、

敬って礼拝をし終って、智積菩薩の処に行き、共に挨拶をしてから一隅に坐った。

智積菩薩は、文殊師利に問うた。

龍王の宮殿に行かれて教化された衆生、その数はどれほどか。

文殊師利は言った。その数は無量であって数えることは出来ない。口で説明することも出来ない。心で測ることも出来ない。

しばらく待て。自ずからその証拠が当然あるべきである。

こう言い終らぬうちに、無数の悟りを求める修行者が、宝蓮華に坐って海より涌き出し、耆闍崛山に参上して、虚空に停止して留まった。

この諸々の悟りを求める修行者は、皆、文珠師利によって教え導かれ迷いから救われた者達であった。

悟りを求める修行者としてなすべき実践を具え、皆共に涅槃に至るための六つの徳目を説いた。

本をただせば自己の悟りのみを求める修行者であった人は、虚空の中にあった。そして自己の悟りのみを求める修行者としてなすべき実践を説いた。

今は、皆すべての衆生の平等な救済と成仏を説く教えのなかの、すべての事物はみな因縁によってできた仮の姿であり永久不変の実体や自我などはないという意義を修行しているのである。

文殊師利は、智積に説明した。

海において教え導いたその事実は、この通りである。

その時、智積菩薩は詩によって賛嘆して言った。

偉大な知恵と徳があり力強く健やかであり 無量の人々を教え導いて迷いから救った

今、この諸々の大いなる集い および私は皆既に見た

あなたが真実の本性の意義を演説し 仏に成るために一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ一乗の教えを開き明らかにして

広く諸々の多くの衆生を導いて 速やかに煩悩を断ち切って悟りの境地に達成させた

文殊師利は言った。

私は、海の中に於いて、ただ常に妙法華経を述べて解き明かした。

智積菩薩は文殊師利に問うて言った。

この経典は、意味や境地などが深遠であり細かく複雑であって、諸々の経典の中の宝、世の中にめったにないものである。

生命のあるもので一生懸命雑念を去り仏道修行に専心しこの経を修行して、速やかに仏になる事ができた者が誰か居るだろうか。

文殊師利は言った。居る。

婆葛羅龍王の娘。年は八歳である。

智慧は生まれつき賢く、よく生命のあるものすべての目(視覚)・耳(聴覚)・鼻(嗅覚)・舌(味覚)・肌(触覚)・意(感情)による行状を知り、

教えの真理を記憶する力、行者を守る力、神通力を与える力である陀羅尼を得、諸仏の説かれた非常に奥が深い秘蔵の教えを全てよく銘記して忘れず、

深く精神を集中し寂静の心境に達し、諸々の教えを心によく悟り、きわめて短い時間の間に、悟りに向かう心を起こして、信念を持ち何事にも屈しないことを得た。

巧みに話す能力は何ものにもとらわれず、生命のあるものすべてを慈しみ念ずることは、あたかも赤子のようである。

現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を備えて、心に念じ、言葉に語ること、何ともいえない美しさや味わいがあり広く大きい、

慈悲心が深く、憐れみが深く、こころはおだやかであって奥ゆかしく、巧みに煩悩を断ち切って悟りの境地に達した。

智積菩薩が言った。

私が、釈迦如来を見奉れば、限りなく長い時間において難行苦行し、幸福をもたらすもとになる善行を積み重ねて、悟りを求める修行者の道を求めて未だかつて休息されたことがない。

三千大千世界の物事を細心に分別して観察してみると、芥子粒ほども、釈迦如来が悟りを求める修行者のときに身や命を犠牲になさらなかったことなどなかった。生命のあるものすべてのためという理由であった。

そうして後に悟りの智恵の道を成就することを得たまわれた。

信じられない。この娘が一瞬の間に於いて真の悟りを得たということが。

言葉がまだ終らないうちに、龍王の娘は、突然前に現われて、世尊の足を額に頂いて礼拝し、退いて一隅に坐り、詩によって讃えて言った。

仏は深く罪と幸運の兆候を達観して 普く十方を照らされる

何ともいえない美しい清浄な法体となった身 外面に現れた兆しを具えること三十二

仏の身体に備わる八十種の特徴によって 真理そのものとしての本体を飾る

天人や人間の仰ぎいただく処であって 龍や鬼神もすべて恭しく敬う

この世に生を受けたすべての生き物で 尊ばない者はない

教えを聞いて煩惱を断ち切って悟の境地に達したことを 只仏のみが証明し当然知っているはずだ

私は衆生の平等な救済と成仏を説きそれが仏の真の教えの道であるという教えの意義を明らかにして 迷いの世界から脱出させよう

その時に舎利弗は、龍王の娘に言った。

おまえは、教えを聞いてすぐに無上道を得たと言っているが、この事は信じ難い。

理由は何故かというと、女の身は垢で汚れて、仏の教えを受け入れる素質や仏道修行に耐えられる能力がないからだ。どうして煩悩を断ち切ってこの上ない悟りの境地に達することが出来ようか。

仏道は長く広範囲で、限りなく長い時間非常に苦労し修行を積み、つぶさに六種の修行を修めて、しかるのちに完成するのだ。

また、女性の身には、なお五つの障りがある。

第一に色界の初禅天の王になる事が出来ない。第二に帝釈天,第三に魔王,第四に転輪聖王,第五に仏の身になる事が出来ない。

どうして女の身が、早く煩悩を断ち無上の悟りを開くことができようか。

その時に龍王の娘は、一つの宝珠を持っていた。その価値は、三千大千世界ほどあった。

それをもって仏に献上した。仏はすぐにこれを受け取られた。

龍王の娘は、智積菩薩と尊者舎利弗にこう言った。

私は宝珠を献上いたしました。

世尊がお納めくださったこのことは、速かったですかそうではないですか。

答えていった。とても速かった。

娘が言った。

あなたの神通力によって、わたしが煩悩を断ち無上の悟りを開くことを観なさい。またこれよりも速いであろう。

この時、その集まりの人々は皆、龍王の娘が突然変わって男となり、

悟りを求める修行者の修行を備え、そして南方の煩悩のけがれを離れて清浄である世界に行き、宝蓮華に坐って、生死の迷いを去って一切の真理を正しく平等に悟ることを完成し、

仏の身体に備わる優れた三十二の相と八十種の特徴があり、広く十方のこの世に生を受けたすべての生き物に、言葉では言いつくせない意味の深い教えを説いているのを見た。

その時、娑婆世界の悟りを求める修行者と自己の悟りのみを求める修行者と、天龍八部衆と、人間と人間でないものと皆は、遥かにあの龍王の娘が仏に成って

広くその時の会の人や天人達のために教えを説いているのを見て、心は大いに歓喜して、全てみな遥かに敬って礼拝をした。

数え切れないど多くの生命のあるものすべてが教えを聞いて悟り、仏道修行の過程ですでに得た境地から後戻りしない境地に入り、

数え切れないどの多くの生命のあるものすべてが、未来世の成仏の証言を得た。

煩悩のけがれを離れて清浄である世界は、六種に震動した。

娑婆世界の三千の生命のあるものすべては、仏道修行の過程ですでに得た境地から後戻りしないようになり、

三千の生命のあるものすべては、悟りを求めようとする心をおこし、未来世で煩悩を断ち無上の悟りを開くことの証言を得た。

智積菩薩および舎利弗と、全ての集まった人々とは、何も言わずに黙って信じ受け入れた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中