妙法蓮華経授記品第六(みょうほうれんげきょうじゅきほんだいろく) 現代語訳


その時世尊は、この詩を説き終わって、諸々の大衆に告げて、このようなお言葉を唱えられた、

私のこの弟子、大迦葉は未来の世において三百万億の諸仏や世尊を見奉って、

供養し、恭しく敬い、尊敬し、讃嘆し、広く諸仏の計り知れない大いなる教えを宣べ伝えることを得るであろう。

煩悩を絶った心の生命の拠り所としての肉体において、仏になるであろう。

その名を、光明(ラシュミ・プラバーサ)如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

国を光徳(アヴァ.バーサ・プラーブタ)といい、劫を大荘厳(マハー・ヴィユーハ)というであろう。

仏の寿命は十二小劫であり、仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれること二十小劫、教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代がまた世に行なわれること二十小劫であろう

国土は華麗な有様で、諸々の穢れや悪、瓦礫、イバラ、排泄物などの不浄なものがなく、

その国土は平坦であり、高いところや低いところ、穴やくぼみ、台地や丘がない。

瑠璃が地面に敷き詰められ、宝樹が立ち並び、

金の縄が道を区切り、諸々の宝石でできた花を散りばめ、いたるところが清潔で綺麗である。

その国の悟りを求める修行者は無量千億であり、諸々の仏の教えを聞く仏弟子達もまた無数であろう。

悟りの妨げとなる事が起こることなく、例え障りや邪道に誘い込む者たちが現われたとしても、皆、仏の教えを護るであろう。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

諸々の出家した男子に告げる 私が悟りを開いた者に備わるすべての実相を見通す眼によって

この迦葉を見ると 未来の世界において

数え切れないほどきわめて長い時間を過ぎて 仏となることを得るであろう

しかも来世において 三百万億の

諸々の仏たちを 供養し観たて奉って

仏の物事をありのままに把握し真理を見極める認識力のために 清浄にして淫欲を断つ修行をする

最上の 両足を具えている人間の中で最も尊い者を供養し終わって

全ての この上ない物事をよく見極め道理を正しく把握する精神作用を習って身に付け

煩悩を絶った心の生命の拠り所としての肉体において 仏となるであろう

その国土は清潔で綺麗であり 瑠璃が地面に敷き詰められ

諸々の宝樹が沢山あり 道の脇に立ち並び

金の縄が道を区切り 見るものを喜ばせる

常によい香りを出し 沢山の美しい花を散りばめ

色々な珍しくすばらしい物によって飾られ

その土地は平らであり 丘やくぼみがない

諸々の悟りを求める修行者の菩薩たちは 数え切れないほどである

その心は控えめで穏やかであり 超人的能力に到達し

諸々の仏の 大乗経典の教えを銘記して忘れず大切にする

諸々の自己の悟りのみを求める修行者の声聞たちは 全ての迷いから離れ去り煩悩を絶った心の生命の拠り所としての肉体を持つ

法王の子達は また数を数え切れない

天眼によっても 数え知ることはできない

その仏はまさに寿命 十二小劫であろう

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれること 二十小劫

教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代が世に行なわれること 二十小劫

光明世尊よ この事はこのようになるであろう

その時、大日健連と、須菩提と、摩詞迦旋延たちは、皆動揺して、一心に合掌し、

世尊を仰ぎ見て、目は瞬きもしなかった。

そして共に声をあわせてこれらの詩を説いた。

偉大にして勇猛な世尊よ 諸々の釈迦族の者たちの教えの王よ

我らを憐れんで 仏の声音をきかせたまえ

もし我らの深く仏に帰依する心を知られて 我らの為に予言を授けられたならば

甘露を降りそそがれて、煩悩の熱が除かれ 清くさわやかになるであろう

餓えた国から来て 突然大王の食膳に遭遇したならば

心になお疑いと怖れを懐いて 未だあえてすぐに食べようとはしないが

しかし、もし王の許しを得たならば それから進んでそれを食べるように

我らもまたそのようである つねに自己の悟りを第一とする教えの過ちを心に浮かべても

当然、どの様にして 仏の無上の智慧を得るべきであるかを知らない

仏の声が わたしたちが仏になるであろう、と言われるのを聞いたとしても

心になお憂いや怖れを懐いているという事は、 未だ進んで食べようとしないようなものである

もしも、仏によって、未来に最高のさとりを得るであろうという予言を授けられたなら 快く安楽になるであろう

偉大にして勇猛な世尊は 常に世間を安らかにしようとしていらっしゃる

願わくは我らにも、未来に最高のさとりを得るであろうという予言を授けたまえ 飢えたときに食べることを急に教えられたときのようになるであろう

その時に世尊は、諸々の大弟子が心に念じている処を知って、諸々の出家男子にお告げになった。

この須菩提は、まさに未来の世において、三百万億那由他の仏を見奉って、

供養し、恭しく敬い、尊重し、讃歌し、

常に浄らかな修行をし、悟りを求める修行者の道を備えて、

煩悩を絶った心の生命の拠り所としての肉体において、仏となるであろう。

その名を名相如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

劫を有宝といい、国を宝生というであろう。

その国土は平坦であり、道は水晶でできていて、宝樹は華麗な有様であり、丘やくぼみ、砂、石ころ、イバラ、排泄物などの不浄なものがなく、宝華が地面を覆い、いたるところが清浄である。

そこに住む人々は皆、宝石をちりばめたテラスのある珍しくすばらしいタワーに住んでいる

仏の教えを聞いて一分の悟りを獲得した声聞の弟子たちは無数であり、数えることも例えて言うこともできない。

諸々の悟りを求める修行者達は、無数千万億那由他であろう。

仏の寿命は、十二小劫であり、

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれること二十小劫、

教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代がまた世に行なわれること二十小劫であろう

その仏は常に何も妨げるものがない空間にあって、人々の為に教えを説いて、無量の悟りを求める修行者と自己の悟りのみを求める修行者達とを悟らせるであろう

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

諸々の出家男子たちよ 今おまえたちに告げる

皆、当然一心に 私の説くことを聞くべきである

私の大弟子 須菩提は

きっと、仏となるに違いない 名を名相と言うであろう

当然、無数 万億の諸仏を供養し

仏の説く修行の方法に従って 徐々に大道を身に付けるに違いない

煩悩を絶った心の生命の拠り所としての肉体において 仏のみが備える三十二の身体的特徴を得て

端正ですばらしく 宝の山のようになるであろう

その仏の国土は 厳かで汚れのないこと第一であり

生命のあるものすべて見る者で 愛し好むことをしない者はいない

仏はその中において 数え切れないほど多くの生きる者たちを悟りの境地に導く

その仏の教えを受ける者の中には 諸々の悟りを求める修行者が多く

皆全て鋭利な五根(眼根・耳根・鼻根・舌根・身根)を具え 仏道修行の過程で、すでに得た境地から後戻りせず教えを説く

その国は常に 悟りを求める修行者の智慧・福徳・相好などで飾られる

諸々の仏の教えを聞いて一分の悟りを獲得した仏弟子たちは 数え切れず

みな自他の過去世のあり方を自由に知る宿命明と、自他の未来世のあり方を自由に知る天眼明と、煩悩を断って迷いのない境地に至る漏尽明の三明を得て 神足通・天眼通・天耳通・他心通・宿命通・漏尽通の六神通を身に付け

内有色想觀外色解脱、内無色想觀外色解脱、淨身作證具足作解脱、空無邊處解脱、 識無邊處解脱、無所有處解脱、非想非非想處解脱、滅盡定解脱の八解脱を保ち 威厳と人徳がある

その仏の説く教えは 数え切れないほどの

どんなことも自由自在になし得る計り知れない不思議な働きや力を現し 人間の認識や理解の限界を超えているであろう

諸々の天人や人間は ガンジス川の砂の数ほどもいて

皆共に合掌し 仏のお言葉を拝聴し受け止めるだろう

その仏の寿命は 十二小劫に違いない

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれること二十小劫であろう

教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代が世に行なわれること二十小劫であろう

その時、世尊はまた、諸々の修行僧達にこうお告げになった。

私は今、おまえたちに告げる。この大迦旃廷は、未来の世において、諸々の供養具によって八千億の仏に供養し、仕え、恭しく敬い、尊重するであろう。

諸仏が世を去られたのちに、各々、塔廟を建て、その高さ千由旬(7千Km)、幅と奥行は等しく五百由旬(3千5百Km)であろう。

金.銀・瑠り・瑪瑙(めのう)・真珠・紅玉髄(カーネリアン)の七宝で造られ、多くの花や、瓔珞や、塗香や、抹香や、焼香や、絹の天蓋や、瞳播を塔廟に供養するであろう。

これを過ぎてのち、また二万億の仏を供養することもこれと同じ様であろう。

この諸仏を皆、供養し終って、悟りを求める修行者の道を備えて仏となるであろう。

その名を閻浮那提金光如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

その国土は平坦であり、道は水晶でできていて、宝樹は華麗な有様であり、金の縄が道を区切り、

珍しい花が地面を覆い、いたるところが清浄であり、見るものを歓喜させる。

地獄道・餓鬼道・畜生道・阿修羅道の四悪道はなく

多くの天人や人がいて、諸々の仏の教えを聞く仏弟子達や悟りを求める修行者達が無量万億もいて、その国土を飾っていることであろう。

仏の寿命は十二小劫であり、

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれること二十小劫、

教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代がまた世に行なわれること二十小劫であろう

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

諸々の修行僧たちよ 皆一心に聞け

私が説くことは 真実であって異なることはない

この迦旃延は 当然、種々の

すばらしく好ましい供養具を供することを以って 諸々の仏を供養するに違いない

諸々の仏がこの世を去った後に 七宝の塔を建立して

また花や香によって 遺骨を供養し

その煩悩を絶った心の生命の拠り所としての肉体において 仏の知恵を得る

生死の迷いを去っていっさいの真理を正しく平等に悟り 国土は清浄であり

数え切れないほどの 万億の生きる者を悟りの境地へ導き

皆あらゆる方向に 供養をする

仏の心身から発する慈悲や知恵に 勝る者などいない

その仏の名を 閻浮金光という

悟りを求める修行者や仏の教えを聞く仏弟子の 全ての生死・輪廻の根源となるものを断ち切った者が

その国土を飾っていることであろう。

それから世尊は、また大衆にこうお告げになった。

「私は今、おまえたちに告げる。この大目犍連は、正に種々の供養具をもって八千の諸仏を供養し、恭しく敬って尊重し奉るであろう。

諸仏の世を去られたのちに、各々塔廟を建て、高さ千由旬(7千Km)、幅も奥行も等しく五百由旬(3千5百Km)であろう。

金・銀・瑠璃・シャコ・瑪瑙・真珠・紅玉髄の七宝で造られ、多くの花や、瓔珞や、塗香や、抹香や、焼香や、絹の天蓋や、幢播によって供養するであろう。

これを過ぎてのち、また二百万億の諸仏を供養することも、これと同じ様にするであろう。

きっと仏となることを得るに違いない。その名を多摩羅跋栴檀香如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

劫を喜満といい、国を意楽というであろう。

その国土は平坦であり、道は水晶でできていて、

宝樹は華麗な有様であり、真珠の花がちりばめられ、

いたるところが清浄であり、見るものを歓喜させる。

諸々の天人が多く、悟りを求める修行者や自己の悟りのみを求める修行者の数は無量であろう。

仏の寿命は十二小劫であり、

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれること四十小劫、

教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代がまた世に行なわれること四十小劫であろう。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

私のこの弟子 大目犍連は

その肉体を捨て去って

八千二百万億の 諸々や世尊を見たて奉ることを得て

仏道のための理由で 供養し恭しく敬い

諸々の仏の所において 常に淫欲を断つ修行をし

計り知れないほど長い時間において 仏法の教えを銘記して忘れず大切にするであろう

諸々の仏がこの世を去った後に 七宝の塔を建立して

長い間仏塔の中心となる柱を金で飾り 花や香や音楽によって

それを以って 諸々の仏の塔廟を供養し

徐々に 悟りを求める修行者の道を身に付け終わって

意楽国において 最高の悟りを開くことを得る

名前を多摩羅栴檀之香と言う

その仏の寿命は 二十四劫である

常に天人や人のために 仏道を演説する

仏の四諦の教えに従って修行し、聖者となる声聞の仏弟は数え切れないほどで ガンジス川の砂の数ほどである

自他の過去世のあり方を自由に知る宿命明と、自他の未来世のあり方を自由に知る天眼明の三明と、煩悩を断って迷いのない境地に至る漏尽明を得て 神足通・天眼通・天耳通・他心通・宿命通・漏尽通の六通を身に付け 威厳と人徳がある

悟りを求める修行者は数数え切れず 志が固く雑念を去り仏道修行に専心し

仏の知恵において 皆、修行を怠り一度得た悟りを失って低いほうに落ちることはない

仏がこの世を去られた後 仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれること

四十小劫であろう 教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代がまた世に行なわれることまた同じである

私の諸々の弟子で 威厳と人徳を備えた者

その数は五百人いるが 皆きっと未来世においての成仏の証言を与えられるに違いない

未来世において 悉く仏となることを得るであろう

私とおまえたちの 前世からの因縁を

私は今、当然説くべきである おまえたちよく聞け

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中