妙法蓮華経授学無学人記品第九(みょうほうれんげきょうじゅがくむがくにんきほん) 現代語訳


“その時、阿難と羅睺羅は、このように思った。 わたしたちは、常に自らこう思っていた。もしも、未来世の成仏の証言を与えられたら、どんなにうれしいことであろうかと。”

そして、座から立ち上って仏の前に進み、仏の足を額に頂く礼拝をして、共に仏に向かって言った。

世尊、我等にはここにおいて、きっと配分があるでしょう。

我等にはただ如来のみがあり、帰依するところであります。

また、わたしたちは、全ての世間の天人や、人間や阿修羅によく知られています。

阿難は、常に仏の侍者となって、仏が説いた教えを保持しております。羅睺羅は、仏の実の子です。

もし仏が、『一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろう』と、未来世の成仏の証言を与えられたら、わたしたちの願いは満たされ、人々の望みもまた、満たされる事になるでしょう。

その時、仏の真理を知ってはいてもまだ迷いを完全に断ち切っておらず学ぶ余地のある者と、煩悩を断ち尽くしもはや学ぶべきもののない境地の自己の悟りのみを求める修行者の弟子二千人は、皆、座から立ち上って、右の肩を露わにし、

仏の前に進み、一心に合掌し、世尊の顔を仰ぎ見て、阿難と羅睺羅と同じ願いをもって、辺り一面に立ち並んでいた。

その時、仏は、阿難にお告げになった。

おまえは、来世において、仏となることを得るであろう。

その名を山海慧自在通王如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

六十二億の諸仏を供養し、仏が説いた教えを保持し、そののちに一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろう。

ガンジス河の砂の数に等しい二十千万億の悟りを求める修行者を教え導き、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を完成させるであろう。

国を常立勝幡といい、その国土は清浄で瑠璃を大地とし、

劫を妙音遍満というであろう。

その仏の寿命は、無量無数千万億劫であろう。

もしある人が、千万億無量阿僧祇劫という長い時間において計算しても知ることはできない。

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる正法の時代が続くこと寿命の二倍であり、教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなる像法の時代は正法の二倍であろう。

阿難よ、この山海慧自在通王仏は、十方の、ガンジス河の砂の数に等しい無量千万億の諸仏に、共にその現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を讃嘆せられ、称讃せられるであろう。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

わたしは今僧の中において説く  阿難、仏の教えを銘記する者よ

諸仏を供養し そしてその後に当然真の悟りを得るであろう

その名を山海慧自在通王仏という

その国土は清浄であり 常立勝幡という名である

諸々の悟りを求める修行者を教え導くこと その数はガンジス川の砂の数ほどである

仏には大いなる威光と福徳があり 名声が十方に満ち

寿命は計ることができず 生命のあるものすべてを哀れむために

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代が続くこと寿命の二倍であり、教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなる時代は正法の二倍であろう

ガンジス川の砂の数ほどの 無数の諸々の生命のあるものすべては

この仏の教えの中において 仏道が生じる直接の原因と間接の原因の種を植える

その時、会の中の、出家して間もない八千人の悟りを求める修行者は、皆、こう思った。

わたしたちは、諸々の大菩薩でさえ、この様な予言を受けたことを、聞いた事がない。

どういう因縁から、自己の悟りのみを求める修行者である声聞達が、このような未来世の成仏の証言を受けたのであろうか。

その時、世尊は、諸々の悟りを求める修行者が、心に思っている事を知って、こうお告げになった。

仏法に帰依した男子よ、私と阿難とは、等しく空王仏のもとで、同時に一切の真理をあまねく知った最上の智慧に向かう心をおこした。

阿難は、常に多く聞く事を願い、私は、常に努力し雑念を去り仏道修行に専心した。

それ故、私は、既に一切の真理をあまねく知った最上の智慧を完成する事ができた。

このために阿難は、わたしの教えを尊んで守護し、

また、未来の諸仏の説いた教えを護って、諸々の悟りを求める修行者達を、教え導き完成せしめるであろう。

その衆生を救済するために起こした誓願は、このようである。それ故に、この未来世の成仏の証言を得たのである。

阿難は、仏の眼の前で、自分に未来世の成仏の証言を与えられたことと、国土の美しいことを聞き、願いが叶えられ、心は大いに歓喜して、今まで一度もなかった思いを得た。

その時すぐに、過去の無量千万億の諸仏の説いた教えを思い出した。すみずみまで通じ妨げのないその記憶は、今聞いたばかりのようであった。

また衆生を救済するために起こした、過去における最初の誓願を思い出した。

その時、阿難はこの詩を説いた。

世尊は甚だ不思議である。私に過去の

数え切れないほど多くの諸仏の教えを思い出させ、今日聞いたようである。

私は今、疑がなくなり、仏道に安住している

人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段によって、近侍する者となり、諸仏の教えを大切に守り保つことにしよう。

その時、仏は羅睺羅にお告げになった。

おまえは、来世において、仏と成ることを得るであろう。

その名を踏七宝華如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

当然、十世界に存在する全ての微塵に等しい数の諸仏を、供養するであろう。

今の私にとって、はじめに生まれた子である様に、常に諸仏のはじめに生まれる子となるであろう。

この踏七宝華仏の国土の美しさと、寿命の劫数と、教化される弟子と、正法と像法とは、また、山海慧自在通王如来の場合と同じであって、異なる処はないであろう。

また、この山海慧自在通王如来の為にも、そのはじめに生まれる子となるであろう。

これを過ぎ終ってのちに、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろう

その時に世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

私が出家前に、皇位を継ぐものと定められていた王子であったとき 羅睺羅は初めに生まれた子であった

私が仏道を完成した今 彼は教えを受けて教えの弟子となった

未来の世の中において 無量億の仏を見奉ると

皆その初めに生まれる子となって 一心に仏道を求めるであろう

羅睺羅の微細な戒まで守る行爲は 私だけがこれをよく知っている

現在わたしの初めに生まれた子として 諸々の生命のあるものすべてに示している

無量億千万の 現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行は数える事ができず

仏の教えに安住して この上なくすぐれた道を求めている

その時、世尊が、仏の真理を知ってはいてもまだ迷いを完全に断ち切っておらず学ぶ余地のある者と、煩悩を断ち尽くしもはや学ぶべきもののない境地の二千人の弟子達を見られたときに、その心は柔軟であり、静かであり、清らかであって、一心に仏を観ていた。

仏は、阿難にお告げになった。

おまえは、この仏の真理を知ってはいても、まだ迷いを完全に断ち切っておらず学ぶ余地のある者と、煩悩を断ち尽くしもはや学ぶべきもののない境地の二千人の弟子達が見えるか。

はい、見えております。

阿難よ、この諸々の人々は、当然、五十世界に存在する全ての微塵の数に等しい諸仏を供養し、恭しく敬い、尊重し、仏が説いた教えを大切に守り保って、

最後の生において、同時に十方の国において、各々仏となる事を得るであろう。

皆、同一の名で、名づけて宝相如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

寿命は、一劫であろう。

国土の華麗な有様と、声聞と悟りを求める修行者と正法と像法とは皆すべて同じであろう。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

この二千の教えを聞く者たちが 今わたしの前にいる

全て皆に未来世の成仏の証言を与え 未来に当然仏となるであろう

供養する諸々の仏は 上に説いたように全ての微塵の数に等しいであろう

その仏が説いた教えを大切に守り保って その後にきっと真の悟りを成就するであろう

それぞれ十方の国において すべて同じ名前であろう

同時に道場に座って そして物事をよく見極め道理を正しく把握する精神作用の証明を得る

皆、名を宝相という 国土および弟子

仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる正法の時代と、教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなる像法の時代は 全て等しくて異なることはないであろう

全て色々な神通力を用い 十方の生命のあるものすべてを悟りの境地に導く

名声があまねくいたるところに広まり 徐々に煩悩の火を消して知慧の完成した悟りの境地へ入るであろう。

その時、仏教の真理を知ってはいても、まだ迷いを完全に断ち切っておらず、学ぶ余地のある者と、煩悩を断ち尽くし、もはや学ぶべきもののない境地の者たち二千人は、

仏が、未来世の成仏の証言を与えられたのを聞いて、躍り上って喜び、この詩を説いた。

世尊は智慧の灯明である 私は未来世の成仏の証言を与えられる声を聞いて

心が歓喜に満たされたさまは 天上の神々の飲む忉利天にある甘い霊液を注がれたようだ

妙法蓮華経授学無学人記品第九(みょうほうれんげきょうじゅがくむがくにんきほん) 現代語訳」への2件のフィードバック

  1. 皆すべて同じだろうって書いてあるけど、実際は「同等ならん」だからおなじではないのまちがいじゃないですか?

    • コメントありがとうございます。
      真読では:国土荘厳。声聞菩薩。正法像法。皆悉同等。
      訓読では:国土の荘厳・声聞・菩薩・正法・像法、皆悉く同等ならん。
      現代語訳:国土の華麗な有様と、声聞と悟りを求める修行者と正法と像法とは皆すべて同じであろう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中