妙法蓮華経従地涌出品第十五(みょうほうれんげきょうじゅうじゆじゅっぽん) 現代語訳


その時に他の方面の国土からやって来た悟りを求める修行者と大乘を求める修行者達のその数は、八つのガンジス河の砂より多く、

大衆の中において立ち上り、合掌し、礼拝して、仏に向かって言った。

世尊、もしも我らに、仏が世を去られた後のこの娑婆世界にあって、努力し雑念を去り仏道修行に専心してこの経典を護持し、読み節をつけて唱え、書写し、供養する役目を課されるならば、

この土において、きっと広くこれを説き奉るでしょう。

その時に仏は、諸々の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者にお告げになった。

止めよ、仏法に帰依した男子よ、おまえたちはこの経を護持しなくてもよい。

理由は何故かというと、わが娑婆世界には、六万のガンジス河の砂の数に等しい悟りを求める修行者と大乘を求める修行者がいるからだ。

一人一人の悟りを求める修行者に各々六万のガンジス河の砂の数に等しい従者達がいる。この諸々の人々は、私が世を去った後において、護持し読み節をつけて唱え広くこの経を説くであろう。

仏が、これを説かれたとき、娑婆世界の三千大千の国土は、大地がすべて震動し裂けて、その中から無量千万億の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者が、同時に涌出した。

この諸々の悟りを求める修行者は身体が皆金色で、仏のみが備えている三十二のすぐれた身体的特徴と無量の光明があった。

以前より全てこの娑婆世界の下、虚空の中に存在し住んでいた。

この諸々の悟りを求める修行者は、釈迦族の聖者の如来が説かれた音声を聞いて、下から出発して来た。

一人一人の菩薩は皆、それぞれ大衆の指導者であって、各々、六万のガンジス河の砂の数に等しい従者を率いていた。

五万・四万・三万・二万・一万のガンジス河の砂の数に等しい従者を率いた者は言うまでもない。

中には一つのガンジス河の砂の数に等しい数・半分のガンジス河の砂の数に等しい数・四分の一のガンジス河の砂の数に等しい数、あるいは千万億那由他のガンジス河の砂の数に等しい数、

また千万億那由他のガンジス河の砂の数に等しい数の従者は言うまでもない。また億万の従者は言うまでもない。

また千万・百万.一万の従者は言うまでもない。また一千・一百・および一十は言うまでもない。

また五・四・三・二・一人の弟子を率いた者は言うまでもない。

また単身で執着を捨て悟りの境界にある修行を好む者がいるのは言うまでもない。

このような者達は計り知れないほど多く、計算によっても比喩によっても知る事は出来ない。

この諸々の悟りを求める修行者は、地下から出終って、各々が、虚空の七宝造りの美しい塔の多宝如来と釈迦族の聖者の如来の処に詣でた。

到着した後、二人の世尊に向かい、その足を額に項いて礼拝し、また、諸々の宝石の樹の下の獅子座に坐っている仏達の処でもまた礼拝して、

右廻りに三度まわって敬意を表し合掌し恭しく敬い、諸々の悟りを求める修行者の種々の仏の功徳を褒めたたえる作法によって讃嘆した後、あたり一面を占めて喜びの心をもって二人の世尊を仰ぎ見た。

この諸々の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者が、大地から涌出して、諸々の悟りを求める修行者の種々の仏の功徳を褒めたたえる作法によって仏を讃嘆し奉った。

このようにしてる間に、五十小劫という長い時が経過した。

この間中、釈迦族の聖者の如来は、黙然として坐っていた。

そして、諸々の出家者の男女と在家者の男女もまた黙然とすること五十小劫という長い時間であった。仏の神通力のために、諸々の大衆にそれを半日のようであったと思わせた。

その時、出家者や在家者の男女は、また仏の神通力のために、諸々の悟りを求める修行者が、無量百千万億の国土の虚空に広くあまねく満ちるのを見た。

この菩薩の集団の中に四人の導師がいた。

一人目を上行といい、二人目を無辺行といい、三人目を浄行といい、四人目を安立行という。

この四人の菩薩は、その多くの人の中において指導的中心人物で、説経をして人々を仏道に導く指導者であった。

大衆の前で、各々、共に合掌し、釈迦族の聖者の如来を見奉り 問いたずねて言った。

世尊、病も少なく、悩みも少なく、安楽にお過ごしでしょうか。

悟りの境地に導こうとされる者達は、教えを受け入れやすいでしょうか。

世尊を疲労させはしないでしょうか。

その時に四人の大菩薩は、詩を説かれた。

世尊は安楽であって 病や悩みも少なくいらっしゃいますか

生命のあるものすべてを教え導いて仏道に入らせるのに くたびれて厭きることはないでしょうか

また諸々の生命のあるものたちは 導きを受けることが容易でしょうか。

世尊を 疲労させてはいないでしょうか

その時、世尊は、諸々の悟りを求める修行者の集団の中においてこう言われた。

この通り、この通りである。

諸々の仏法を信ずる男子よ、如来は安楽であり、病も悩みも少ない。

諸々の生命のあるものすべては教え導いて迷いから救いやすく、疲労もあることはない。

理由は何故かというと、この諸々の生命のあるもの達は、過去の前世から今まで、常に私の教えや導きを受けてきたからである。

また過去の諸仏において供養し、尊重して、諸々のよい報いを招くもとになる行為をしてきた。

この諸々の生命のあるもの達は、わが身を見、わが説くところを聞き、そして信じ受け入れて如来の智慧に入った。

以前から修習して自己の悟りを第一とする教えを学んでいた者は除く。

このような人も、私は今またこの経を聞かせて、仏の智慧に入れることを得させた。

その時に諸々の大菩薩は詩を説いて言われた。

素晴らしい、素晴らしいことである 偉大な世尊よ

諸々の生命のあるものすべては 教化し悟りの境地に導くことは容易である

よく諸仏の 甚だ深遠な智慧を訊ね

聴き終って信じ理解する 我らは善行を見て喜びの心を生じる

その時に世尊は、上席の諸々の大菩薩を褒め称えられた。

素晴らしいことだ、素晴らしいことだ、仏法に帰依した男子よ、おまえたちはよく如来に於いて、善行を見ることによる喜びの心を生じさせた。

その時、弥勒菩薩と八千のガンジス河の砂の数に等しい諸々の悟りを求める修行者達は皆、この思いを生じた。

われらは昔から今までこのような悟りを求める修行者と大乘を求める修行者の集団が大地から涌出して世尊の前に現れ、

合掌し供養して如来に問いたずね奉ったことを一度も見た事も聞いたこともない。

その時、弥勒菩薩摩訶薩は、八千のガンジス河の砂の数に等しい諸々の覚りを求める修行者達の心の思いを知り、

同時に自らの疑いを解決しようとして、合掌して、仏に向かって、詩によって問うて言った。

無量千万億の 大集団の諸々の悟りを求める修行者を

昔から未だ嘗て見た事がない 願わくは両足を具えている人間の中で最も尊い者よ、お説きください

この者たちはどこから来て 何の因縁によって集まったのか

巨大な身体で大神通力があり 智慧は考えをめぐらすこともできない

その信念は堅固であって 侮辱や苦しみに耐え忍び心を動かさない大きな力があり

生命のあるもの達が見たいと願うような人々である これらの者はどこから来たのか

各々の諸々の悟りを求める修行者が 引き連れている諸々の従者は

その数は量ることができない ガンジス河の砂の数に等しいほどだ

或いは修行が進んで不退の位に上った悟りを求める修行者が 六万のガンジス河の砂の数に等しい従者を率いる者もある

このような諸々の大衆が 一心に仏道を求めている

この諸々の大師たちは 六万のガンジス河の砂の数に等しい

共に来て仏を供養し そしてこの経を護り教えを銘記して忘れない

五万のガンジス河の砂の数に等しい従者を率いる その数はこれよりも多い

四万または三万 二万から一万に及ぶ

一千一百 および一ガンジス河の砂の数に等しい

半分または三分の一または四分の一 億万分の一のガンジス河の砂の数に等しい

千万那由他 万億の諸々の弟子は

または半億に至る その数はまたそれよりも多い

百万より一万に至り 一千および一百

五十または十 または三、二、一

一人であって従者はなく 一人でいることを願うもの

共に仏のところに来て至り その数は上にあげた数よりも多い

このような諸々の集団を もし数えようとするならば

ガンジス河の砂の数に等しい劫を過ぎても なお知ることはできない

この諸々の厳かで徳の高い 雑念を去り仏道修行に専心する悟りを求める修行者たちに

誰がその為に教えを説き 教化して成就させたのか

誰に従って初めて悟りを得ようとする心を起こし どの仏の教えを褒め称え

何の経典を銘記して忘れず修行し どの仏の道を習い修めたのか

これらの諸々の悟りを求める修行者は 神通力と大智力があり

四方の地が振動し裂けて 皆その中から涌出した

世尊、私は昔より今まで 未だかつてこのような事を見た事がない

願わくは彼らの属する 国土の名をお説きください

我らは常に諸国を旅しているが 未だかつてこのようなことを見た事がない

わたしはこの集団の中において たった一人をも知らない

突然に大地から出て来た 願わくはその因縁を説きたまえ

今この大いなる集いの 計り知れない百千億の

この諸々の悟りを求める修行者たちは 皆この事を知ろうと欲している

この諸々の悟りを求める修行者の集団は 物事の始めと終わりの因縁があるに違いない

計り知れない徳を具えた世尊 ただ願わくは人々の疑いを解決したまえ

その時に釈迦族の聖者の如来の分身の諸々の仏で無量千万億の他方の国土から来られた者は、

八万の諸々の宝石の樹の下の師子座の上に両足を組んで坐られた。

その仏の侍者は、各々にこの悟りを求める修行者の集団が三千大千世界の四方において、大地から涌出して虚空にとどまっているのを見て、

各々、その仏に向かって言った。

世尊、この諸々の数えられないほどの多くの数の悟りを求める修行者の集団は、どこから来たのでしょうか。

その時、諸々の仏は、各々の待者にお告げになった。

仏法に帰依した男子よ、しばらく待て。

菩薩摩訶薩あり、名を弥勒という。釈迦族の聖者の如来が、未来に最高の悟りを得ると予言された。次に仏となるであろう。

(弥勒が)既にこの事を問い奉った。

仏は今、これについて答えられる。

おまえたちは、きっとにこれによって自ら聞くことができるだろう。

その時に釈迦族の聖者の如来は、弥勒菩薩にお告げになった。

よいことである、よいことである。阿逸多(弥勒の別名)よ、おまえはよくぞ仏にこの様な大事を問うた。

おまえたちは、共に一心に雑念を去り仏道修行に専心する鎧をかぶり、堅固な心を起こさなければならない。

如来は今、諸々の仏の智慧と、諸々の仏の自在な神通力と、獅子がふるい立って暴れまわるように激しい勢いで物事に対処する諸々の仏の力と、諸々の仏の勇猛な大勢力とをはっきりと見えるようにし、述べ伝え示そうとしている。

その時に世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

当然雑念を去り仏道修行に専心して一心でなければならない 私はこのことを説こうと欲する

疑いや後悔がないようにせよ 仏の知恵は言葉ではとても言い表すことはできない

おまえは今信じる力を出して 苦難に耐えて善い行いを積むことを続けよ

昔から聞いたことがない教えを 今、皆きっと聞くことができるはずである

私は今おまえの心を安らかにして慰めよう 疑って不安に思うことがないように

仏には偽りの言葉はない 知慧は量ることができない

仏の得た第一の教えは 非常に深く諸々の事理を思量し識別し

このようなことを今、当然説くべきである おまえたちは一心に聞け

その時に世尊は、この詩を説き終わってさらに弥勒菩薩にお告げになった。

私は今この大衆の前において、おまえたちに告げよう。

阿逸多(弥勒の別名)よ、この諸々の偉大な悟りを求める修行者と大乘を求める修行者は、数えられないほどの大きな数であって大地から涌出した、おまえたちが昔から一度も見たことのない者である。

私はこの娑婆世界において一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得て、

この諸々の悟りを求める修行者を教え導いて仏道に入らせ、その心身をととのえて悪行を制し、道に向かう心をおこさせた。

この諸々の悟りを求める修行者は皆、この娑婆世界の下のこの世界の虚空に住している。

諸々の経典を見て読み、そらで唱え、理解し、思惟し、分別して正しく深く思い、絶えず忘れない。

阿逸多(弥勒の別名)よ、この諸々の仏法に帰依した男子は、大衆の中で多く説く事を願わない。

常に静かな所を願い、仏道の実践に努め雑念を去り仏道修行に専心して、未だかつて休んだ事がない。

また、人間や天人の力や徳のあるものに依存したり、それを頼みとしない。常に奥深い知恵を願って悟りの障害となるものがあることはない。

また、常に諸々の仏の教えを願い、一心に雑念を去り仏道修行に専心して、物事をよく見極め、道理を正しく把握する精神作用を求める。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた。

阿逸多(弥勒の別名)よ、当然知るべきである この諸々の大菩薩は

数えきれないほどきわめて長い時間の間 仏の智慧を修習して来た

すべて私が教え導き 人の行うべき正しい道の心を起こさせた

これ等はわが子である この世界にいてわたしの力や徳に依存しそれを頼みとしている

常に衣食住に対する欲望を払いのける修行をして 静かな所を志し願い

大衆の心身を乱し悩ませ苦しませる悪しきものを捨て 多く説く事を願わない

このような諸々の子らは わが仏道の教えを学習して

昼も夜も常に雑念を去り仏道修行に専心し 仏道を求めるために

娑婆世界の 有形や無形の一切の存在の下の空中に存在して住している

志しや一心に思うことによって得られる力は堅固でり 常につとめて仏の智慧の教えを求め

種々の優れた教えを説いて その心に畏れるところがない

私は伽耶城の 菩提樹の下に坐り

この上ない真の悟りを完成する事を得て この上ない教えを説き

そしてこの者たちを教え導き 初めて仏道の心を起こさせた

今皆、仏道修行の過程ですでに得た境地から後戻りしない境地に留まり 全て仏と成ることを得るに違いない

私は今真実の言葉を説く おまえたちは一心に信ぜよ

私は遠い過去から これらの衆を教え導いてきた

その時に弥勒菩薩摩訶薩と無数の諸々の悟りを求める修行者達は、心に疑惑を生じ今まで一度もなかったことであると怪しんでこのように思った。

いかにして世尊は、少しばかりの間においてこのような数えられないほどの諸々の悟りを求める修行者を、真理を悟った境地に入らせる事ができたのであろうか。

そして(弥勒菩薩は)世尊に向かって言った。

世尊、如来は皇太子であられたときに釈迦族の宮殿を出て、伽耶城から遠くない道場に坐って

真理を悟った境地を成就することを得られた。

それ以来四十余年が過ぎた。

世尊、どのようにこの少しの間に於いて、大きな仏の仕事をなされたのでしょうか。

仏の勢力によってでしょうか、仏の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行によってでしょうか。この様な無量の偉大な悟りを求める修行者の集団を教化して、当然真理を悟った境地を成就させたにちがいない。

世尊、この偉大な悟りを求める修行者の集団は、たとえ人が千万億劫の間数えても数えつくす事はできない。その終りに達する事は出来ない。

これらの人々は遠い過去から無量無辺の諸々の仏のところにおいて、諸々のよい報いを招くもとになる行為をし、悟りを求める修行者の道を成就し、常に淫欲を断つ修行をしてきた。

世尊、この様な事は、世の中では信じられないことだ。

例えば、ある人がいて、色美しく髪黒くして二十五歳の人が、百歳の人を指して、これはわが子であると言い。

その百歳の人もまた少年を指して、これはわが父であり我らを生み育ててくれたと言う。

この事が信じ難いように、仏もまたこのようである。

仏道を得られて以来、それは実に未だ久しくはない。

しかし、この大衆の諸々の悟りを求める修行者たちは、既に無量千万億劫において、仏道の為という理由で実践に努め雑念を去り修行に専心して、

無量百千万億の心を一つの対象に集中して動揺しない状態によく入り、出て、留まり、大神通力を得、長い間淫欲を断つ修行をし、

よく次第に、諸々の個々の現象諸相の相違を見極める智慧を習い、問答に巧みであって、人間の中の宝として、一切世間においてこれは稀有なことだ。

今日、世尊は、仏道を得られてからその時に初めて、悟りを得ようとする心を起こさせ、教え導き、指導して真理を悟った境地に向かわせたと言われた。

世尊、仏を得られてから未だ久しくはないのにもかかわらず、よくこの現世や来世に幸福をもたらすもとになる大きな善行をなされました。

我らは、仏が相手に応じて説かれる事柄と、仏が語られる言葉とは、未だかつて虚妄であった事がないと信じる。

仏を知るところの者は、皆悉くすみずみまで通じておりますが、しかし諸々の新たにこの道に入ったばかりの悟りを求める修行者が、仏が世を去られた後にこの言葉を聞いたならば、

あるいは信じ受け入れる事が出来ず、教えを破る罪となる悪い行いを犯す因縁になるでしょう。

ただそのように、世尊、願わくは我らの為に解説して、我らの疑いを除きたまえ。

それならば未来世の諸々の仏法に帰依した男子が、この事を聞いたとしても、また疑いを起こさないでしょう。

その時に弥勒菩薩は重ねてこの意義を述べようとして、詩を説いて言った。

仏は昔釈迦一族から 出家して伽耶の近く

菩提樹において座られた それから現在まで尚未だ長い時が経ってはいない

この諸々の仏の弟子らは その数は計り知れない

長い間すでに仏道を修行して 超人的な能力と知恵の働きを継続している

よく悟りを求める修行者の道を学び 世間の教えに染まらない姿は

蓮の華が水の中にあるが如し 大地から涌出して

みな恭しく敬う心を起こして 世尊の面前に立っている

このことは思い図ることは困難である どうして信じられよう

仏が悟りを開かれたのは最近のことであり 悟りを成就させた者たちは非常に多い

願わくは我々のために大衆の疑いを除き 真実のように道理をよくわきまえてお説きください

例えば若くて意気盛んな 年齢が二十五になった人が

百歳の子の 髪が白く顔にしわがあるのを指して

これは私の所で生まれた子供だと言い 子もまたこれが父だと言った

父は若くて子は老いている 世の中の人がこぞってこれを信じないように

世尊の言われることもこのようだ 道を得てから今まで非常に近いではありませんか

この諸々の悟りを求める修行者たちは 志が固く臆病でない

限りなく長い時間 しかも悟りを求める修行者の道を修行している

難しい問答を巧みにして その心は畏れるところがなく

侮辱や苦しみに耐え忍ぶ心は定まって動かず 姿・形や動作が正しく威厳と徳があり

十方の仏の讃めたまわれる者たちである 有能で道理をよくわきまえて説く

集団の中に在ることを願わず 常に好んで思いを静め心を明らかにして真正の理を悟るための修行を行う

仏道を求める理由のために 娑婆世界の下の虚空の中に住む

私たちは仏に従って聞き奉った このことにおいて疑いはありません

願わくは仏、未来のために 説明して理解させたまえ

もしもこの経典において 疑いを生じて信ずることがない者は

即ち当然この世での悪事の報いとして、死後に苦悩の世界に堕ちるであろう 願わくは今我々のために解説したまえ

この計り知れないほど多くの悟りを求める修行者を どのようにして短い時間において

教え導き悟りを得ようとする心を起こさせ  仏道修行の過程ですでに得た境地から後戻りしない状態を続けさせたのか

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中