妙法蓮華経常不軽菩薩品第二十(みょうほうれんげきょうじょうふぎょうぼさっぽんだいにじゅう) 現代語訳


その時に仏は、得大勢菩薩にお告げになった。

おまえは今、当然知るべきである。もしも、出家男子、出家女子、在家信士、在家信女で法華経の教えを銘記して忘れない者を、

もしも、悪口したり、罵ったり、誹謗する事があったなら、大いなる罪の報いを受けることは、前に説いたとおりである。

法華経の教えを銘記して忘れないことによって得られる現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いは、すでに説いたように眼・耳・鼻・舌・身・意識が清浄になることである。

得大勢よ、過去の数え切れないほど遠い昔に、仏がいらっしゃった。

威音王如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と名づけ奉った。

劫を離衰と名づけ、国を大成と名づけた。

その威音王仏は、かの世の中において、天人・人間・阿修羅の為に教えを説かれた。

自己の悟りのみを求める修行者の為には、それに応じて、四諦の教えを説いて、生・老・病・死の苦しみから救い出し、永遠の平安を極めさせ、

独力で悟りながら他人に説かない小乗の聖者の為には、それに応じて、人間が三界を流転する輪廻のようすを説明した十二因縁の教えを説き、

諸々の菩薩の為には、それに応じて一切の真理をあまねく知った最上の智慧へ導く手段となる六種の修行の教えを説いて、仏の智慧を極めさせた。

得大勢よ、この威音王仏の寿命は、四十万臆那由他のガンジス河の砂の数に等しい劫であった。

仏の教えがよく保たれ正しい修行によって悟りが得られる時代が世に行なわれた正法の劫数は、一つの人間世界を微塵にした如くであった、

教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなった時代が世に行なわれた像法の劫数は、閻浮提(えんぶだい)・東勝身洲・西牛貨(さいごけ)洲・北倶盧(ほつくる)洲の四天下を微塵にした如くであった。

その仏は、生命のあるものすべてを教え導いて仏道に入らせ終って、そうして後にこの世を去り悟りの世界に渡られた。

正法・像法の時代が尽きたのちに、この国土に於いて、また仏が出現された。

また、威音王如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と名づけ奉った。

この様にして、次第に二万億の仏が出現された。皆、同じ一つの名前であった。

最初の威音王如来が、すでにこの世を去られて、正法の時代が滅した後、像法の時代に於いて、高慢な出家した男子が、大勢力を持っていた。

その時に、一人の悟りを求める修行者の出家した男子がいた。常不軽という名であった。

得大勢よ、何の因縁によって常不軽と名づけられたか。

この出家した男子は、出家男子・出家女子・在家信士・在家信女を見たならば、皆に悉く礼拝讃嘆して、この言葉を言った。

「私は深くあなた達を敬います。あえておごり高ぶってあなどったりはいたしません。

理由は何故かというと、あなた達は皆、悟りを求める修行者の道を修行して、当然仏に成ることを得るべきだからです」と。

しかもこの比丘は、もっぱら経典を読んだり節をつけて唱えたりはせず、ただ礼拝を行じていた。

或いは遠くに出家者の男子・出家者の女子と在家信士・在家信女の人々を見ても、わざわざそこまで行って礼拝し讃嘆してこう言った。

「私はあえてあなた方を軽んじません。あなた方は皆当然仏に成るべきであるからです」と。

出家者や在家者の男女の人々の中には、自分の心に逆らうものを怒り恨む思いを生じ、心が不浄な者がいて、悪口し口汚くののしり言った。

「この無智の比丘、どこからかやって来て、自らわたしはあなた達を軽んじたりはしないと言って、我等に「当然仏に成ることを得るべきだ」と未来世の成仏の証言を授ける。

我等には、このようなうそ偽りの未来世の成仏の証言などに用はない」と。

この様にして多年が過ぎ去り、常に罵られたけれども、

自分の心に逆らうものを怒り恨む念をおこさず、常にこのように言っていた。「あなたは当然仏に成るべきである」と。

この言葉を説くとき、人々は或いは杖や木や瓦や石で打ちたたいた。

逃げて走って遠くで止まり、なお大声で唱えて言った。

「私はあえてあなた方を軽んじたりはいたしません。あなた方は皆当然仏に成るべきである」と。

常にこの言葉を言っていた為に、未熟であるのに仏法の悟りを身につけたと誇る出家男子、出家女子、在家信士、在家信女は、かれに常不軽と名づけた。

この出家した男子が、命を終わらんとしたときに臨んで、

虚空の中に於いて、威音王仏が以前に説かれた法華経の二十千万億の詩をすべてもれなく聞いた。悉くよく教えを銘記して忘ず、

そして上に述べたような視覚の働きから生じる迷いを断って清らかになり、耳・鼻・舌・身・意の働きから生じる迷いを断って清らかな身を得た。

この六つの感覚器官から生じる迷いを断って清らかな身になることを得た。さらに寿命を増すこと二百万億那由他歳、広く人の為にこの法華経を説いた。

その時、未熟であるのに仏法の悟りを身につけたと誇る出家男子、出家女子、在家信士、在家信女の四種の人々、かつてこの人を見くだし馬鹿にしてそのために常不軽の名をつけた者は、

その大神通力と雄弁に語る力と大いなる禅定力とを得たのを見て、その説くところを聞いて、皆、教えを信じて服従しつき従った。

この悟りを求める修行者は、また千万億の多くの人を教え導き、真理を悟った境地に留まらせた。

命が尽きてのち、二千億の仏に会いたてまつる事を得た。その仏は、皆、日月燈明という名であった。

その教えの中において、この法華経を説いた。

この因縁によって、また二千億の仏に会いたてまつった。その仏は、雲自在燈王という同じ名であった。

この諸々の仏の教えの中に於いて、教えを銘記して忘ず読み節をつけて唱えて、諸々の出家した男子や女子・在家信士・在家信女の四種の人々の為にこの経典を説いたという理由のために、

この眼・耳・鼻・舌・身・意の働きから生じる迷いを断って、常に清浄なことを得た。四種の人々の中において教えを説いても、心に怖れるところがなかった。

得大勢よ。この常不軽菩薩摩訶薩は、この様に多くの諸仏を供養し、恭しく敬い、尊重し、讃嘆して

諸々のよい報いを招くもとになる行為の根を植え、後にまた千万億の仏に会いたてまつり、また諸々の仏が、教えの中に於いて、この経典を説いて、

現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行が成し遂げられて、当然仏に成る事を得たのだ。

得大勢よ。おまえははどう思うか。その時の常不軽菩薩は他でもない、この私自身(釈迦牟尼仏)であった。

もしも、わたしが前世に於いて、この経の教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え、他人の為に説かなかったらば、

この真理を悟った境地を速やかに得ることは出来なかった。

わたしは過去に仏の所に於いて、この経を教えを銘記して忘れず読み節をつけて唱え、人の為に説いたために、速やかに真理を悟った境地を得る事ができたのだ。

得大勢よ。あの時の四衆の出家男子、出家女子、在家信士、在家信女は、自分の心に逆らうものを怒り恨む念をもって、わたしを見くだし馬鹿にしたという理由のために、

二百億劫の間常に仏に会わず、教えを開かず、僧を見ず、千劫の間阿鼻地獄に於いて、大きな苦悩を受けた。

この罪を償い終って、また常不軽菩薩に会い、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に教え導かれた。

得大勢よ、おまえはどう思うか。

その時の四衆で常にこの悟りを求める修行者を軽蔑していた者は他でもない。

今この会の中にいる跋陀婆羅ら五百人の悟りを求める修行者、師子月ら五百人の出家した女子、尼思仏ら五百人の在家信士などの、

皆、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に於いて、一度得た悟りを失って低いほうに落ちることのない者達、これである。

得大勢よ。当然知るべきである。この法華経は、諸々の悟りを求める修行者や大乘を求める修行者を大いに豊かに利益して、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に至らせることを。

この故に諸々の悟りを求める修行者や大乘を求める修行者よ。如来が世を去った後に於いて、常にこの経の教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、解説し、書写せよ。

その時に世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた。

過去世に仏がいらした 威音王と名づけ奉った

人間の知恵では計り知れない知恵無量であって 一切の者を率い導かれた

天人・人間・龍神が 共に供養する所であった

この仏が世を去られて後 教えが滅びようとするときに

一人の菩薩があった 常不軽という名であった

その時の諸々の四衆の出家した男子や女子・在家信士・在家信女は 教えを精細に調べることに執着していた。

不軽菩薩は その場所に行って

そして彼らに話して言った 「私はあなた方を軽んじません

あなた方は道を行じて 皆当然仏と成るべきです」と

人々は聞き終って 嘲り口汚くののしったが

不軽菩薩は よくこれを耐え忍んで受け入れた

その罪が一掃され終わって 命が尽きるときに直面し

この経(法華経)を聞く事を得て 六つの感覚器官から生じる迷いを断って清浄な身となった

神通力によって 寿命を増して

また諸々の人の為に 広くこの経を説いた

諸々の教えに執着する人々は 皆悟りを求める修行者に

教え導びかれることを成し遂げられて 仏道に留まった

不軽菩薩は命が尽きて 無数の仏に会うことができた

この経を説いたという理由によって 無量の福を得て

少しずつ現世・来世に幸福をもたらすもとになる善行を積み重ねて 速やかに仏道を完成した

そのときの不軽菩薩とは すなわちこの私自身であったのだ

その時の四衆の出家した男子や女子・在家信士・在家信女の人々 教えに執着していた者は

不軽菩薩が「あなたは当然仏に成るべきである」と言ったのを聞いた

この因縁によって 無数の仏に会いたてまつった

この会の中の悟りを求める修行者 五百人の人々と

ならびに四衆の人々 在家信士・信女の

今わたしの前において 教えを聴いている者こそがこれである

私は前世において この諸々の人に勧めて

この経の 第一の教えを聴かせ心に深く刻みつけ

教えを説明して人に教えて 煩悩の火を消し知慧の完成した悟りの境地に留めさせ

何度にもわたり生まれ変わるたびに このような経典の仏の教えを銘記して忘れなかった

億億万劫から 不可思議劫が経過して

その時にようやく この法華経を聞く事を得る

億々万劫から 不可思議劫が経過して

諸々の仏や世尊は 場合によってはこの経を説かれる

この故に修行者よ 仏が世を去った後に

この様な経を聞いて 疑いを生じてはならない

当然一心に 広くこの経を説くべきである

何度にも渡り生まれ変わるたびに仏に会いたてまつって 速やかに仏道を成就せよ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中