妙法蓮華経妙荘厳王本事品第二十七(みょうほうれんげきょうみょうそうごんのうほんじほんだいにじゅうなな) 現代語訳


その時に仏は、諸々の大衆にお告げになった。

はるか昔の世の、無量無辺不可思議無数劫の過去に、

雲雷音宿王智如来という名の仏がいらした。

国を光明荘厳と名づけ、劫を喜見と名づけた。

彼の仏の世界の中に、王がいた。妙荘厳という名であった。

その王の夫人の名を浄徳といった。

二人の子があった。

一人目を浄蔵といい、二人目を浄眼といった。

この二人の子は、大いなる霊妙不可思議な力と福徳と智慧があって、長い間悟りを求める修行者の修行を修めていた。

いわゆる、悟りを得るために他人に財宝や真理を施す修行。持戒の修行、苦難に耐え忍ぶ修行、身心を精励して六波羅蜜を進修する修行、真理を思惟して散乱の心を定止する修行、

最高の智慧を完成させる修行、衆生を教え導き悟りに近づけるための巧みな方法手段の修行、楽を与えて苦を抜きそれを見て喜びそういう自分を捨てる四無量心、悟りに至るための三十七の修行法、

みな全てを明瞭に理解し習得していた。

また菩薩の煩悩・私欲・罪悪などがなく心の清らかなことに精神を集中して乱れない状態・太陽や星座のように規則正しい行動を具えた状態・知恵の光によって物事を照らし出しすことに精神を集中して乱さない状態・身の表情行動を淨らかにすることに精神を集中して乱さない状態・知恵によって淨化することに精神を集中して乱さない状態・智慧・福徳・相好で身を飾ることに精神を集中して乱さない状態・威厳と人徳を具えることに精神を集中して乱さない状態を得、

この心を一つの対象に集中して動揺しない状態に於いて、またことごとくすみずみまで通じた。

その時に、彼の仏(雲雷音宿王智如来)は、妙荘厳王を導いて悟りの道に入らせることを願った。

並びに生命のあるものすべてを憐れむ心の動きのために、この法華経を説かれた。

その時に、浄蔵・浄眼の二人の子は、その母の処に行き、十指の爪と掌を合わせてこう言った。

願わくは、母よ、雲雷音宿王華智仏の所へ参拝したまえ。

我らも、また当然お供して従い、親しく近づき供養し礼拝いたしましょう。

理由は何故かというと、この仏は、一切の天人や人の中において、法華経を説かれるからです。ぜひとも聴いて教えを銘記して忘れないようにいたしましょう。

母は、子に告げて言った。

「おまえの父は、仏教以外の教えを信受して、深く婆羅門の教えに執着されている。

おまえたちは行って父にこのことを話し、一緒に行くように説得しなさい。」

浄蔵と浄眼は、十指の爪と掌を合わせて母に言った。

「私たちは、教えの王の子です。そのため、この因果の道理を無視する誤った考え方の家に生まれたのです。」

母は、子に告げて言った。

「おまえたちは、父を憂えるのなら、父の為に人知では計り知ることのできない不可思議な変異を現しなさい。

もしも、それを見ることが出来れば、心は必ず浄らかになるでしょう。

或いは、我らが仏のもとに行くことをゆるして下さるかも知れません。」

この二人の子は、その父を思う理由のために、虚空に飛び上がること七多羅樹(105m)の処で、種々の人知でははかり知ることのできない不可思議な変異を現した。

虚空の中において、行くこと・留まること・座ること・寝ることを行い、身の上から水を出し、身の下から火を出し、

身の下から水を出し、身の上から火を出し、

或いは大きな身を現して虚空の中に満ち、その上また小さな身を現し、小さな身からまた大きな身を現し、

空中において消えて忽然として地上に現れ、地中に入ること水のようであり、水の上を踏むこと地のようであった。

これらのような種々の人知でははかり知ることのできない不可思議な変異を現して、その父の王の心を清らかにし仏法を信ずることによってその教理を会得せしめたのである。

その時に、父は、子の神通力がこのようであるのを見て、心は大いに歓喜し今まで一度もなかった思いを得た。

合掌して、子に向かって言った。

おまえたちの師は誰なのか。おまえたちは誰の弟子なのだ。

二人の子は言った。

大王よ、彼の雲雷音宿王華智仏です。今、七宝の菩提樹の下の法座の上に坐っていらっしゃいます。

全ての世間の天人や人の中で、広く法華経を説いていらっしゃいます。

この方が我らの師です。我らはこの方の弟子です。

父は、子に言った。

私は今、おまえたちの師に会いたいと思う。共に行こう。

そこで、二人の子は、空中から下りて、その母の所へ行き、合掌して母に言った。

父の王は、今既に仏法を信ずることによってその教理を会得して、仏の悟りを得ようとする心を起こすための許容する能力ができました。

我らは、父の為に既に教化や説教など仏の行為をなし終りました。

願わくは母よ、彼の仏の所において、出家し修行する事をお許し下さい。

その時に、二人の子は重ねてその意味を明らかにしようとして、これらの詩によって母に言った。

願わくは母よ、我らが出家して僧となり仏の教えを修める事をお許しください

諸仏に会いたてまつる事は甚だ難しい 我らは仏に随って学びます

三千年に一度花が咲く優曇波羅のように 仏に会いたてまつる事はこれよりも難しい

諸難をまぬがれることもまた難しい 願わくは私の出家をお許しください

母は、すぐに告げて言った。

おまえの出家を許す。理由は何故かというと、仏に会いたてまつる事は難しい故に。

そこで二人の子は、父と母に言った。

素晴らしいことです、父と母よ、願わくは、すぐに雲雷音宿王華智仏の所へ行き、近づき供養したまえ。

理由は何故かというと、仏に会いたてまつる事は難しいからです。三千年に一度花が咲く優曇波羅華のようであり、また、片眼の亀が、浮木の穴に首を入れるようなものです。

しかしながら、我らは前世になされた善行によって、得られる福徳が深く厚かったために、仏の存在する世界に生まれ会えたのです。

この理由のために、父母は、当然我らを許して出家する事を得させるべきです。

理由は何故かというと、諸仏に会いたてまつる事は難しく、時にもまた遇う事は難いからです。

その時に、妙荘厳王の後宮の八万四千人は、皆悉くこの法華経の教えを銘記して忘れず受け入れた。

浄眼菩薩は、長い時間法華経の教えを銘記して読誦し、解説し、書写し、精神を集中して乱さない状態に深く通じた。

浄蔵菩薩は、無量百千万億劫の間に於いて、諸々の邪悪な存在から離れることに精神を集中して乱さない状態に深く通じた。

一切の生命のあるものすべてを、諸々の邪悪な存在から離れさせることを欲した。

その王の夫人は、諸仏の知恵を集めることに精神を集中して乱さない状態を得て、よく諸仏の秘密の教えを知った。

二人の子は、この様に衆生を導くのに臨機応変の手だてを用いる智慧の働きによって、よくその父を教化して、心に仏の教えを信ずることによって、その教理を会得させて、好み楽しむようにさせたのである。

ここに、妙荘厳王は、多くの臣下や配下の者と共に、浄徳夫人は、後宮の女官や配下の者と共に、

その王の二人の子は、四万二千人の人々と共に、同時に仏のもとにやって来た。

到着した後、仏の足を額に預いて礼拝し、仏のまわりを右まわりに三度まわって敬意を表してから一隅に坐った。

その時に、彼の仏は、王の為に教えを説いて、具体的に示し教え利益し喜ばせた、王は大いに歓喜した。

その時に、妙荘厳王とその夫人は、価値が百千もする首の真珠の瓔珞を解いて、仏の上に散じた。

虚空の中において、変化(へんげ)して四本の柱のある宝の高座となった。

高座の中には大宝の床があって、百千万の天衣が敷かれていた。

その上に仏がいて、両足を組んで坐られ、大いなる心身から発する光を放たれた。

その時、妙荘厳王はこう思った。

「仏身は不思議であり、姿などが整っていて威厳があり特に優れていて、最も優れた何ともいえない美しさや味わいがある姿を完成していらっしゃる。」

その時に、雲雷音宿王華智仏は、出家者の男女と在家者の男女に告げて言われた。

「おまえたちは、この妙荘厳王が私の前で合掌して立っているのが見えるであろうか。

この王は、私の世界の中において、出家して修行僧となり、仏となるのに助けとなる教えを励み修習し、当然仏となることを得るに違いない。

婆羅樹王という名であり、

国は大光という名であり、劫は大高王という名であろう。

その婆羅樹王仏には、無量の悟りを求める修行者衆と、無量の自己の悟りのみを求める修行者とがいて、国土は平坦であろう。

現世や来世に幸福をもたらすもとになる良い報いは、このようである。」

その王は、即時に国を弟に与えて、王と夫人と二人の子と諸々の一族の者と共に、

仏の教えの中において、出家して学び身につけた。

王は出家したのち、八万四千歳に於いて、常に仏道の実践に努め雑念を去り仏道修行に専心して、妙法華経を修行した。

これを過ぎて後、全ての清浄な現世や来世に幸福をもたらすもとになる良い報いによって身を飾り、精神を集中して乱さない状態を得た。

そして虚空に昇ること、高さ七多羅樹(105m)にして、仏に向かってこう言った。

世尊よ、私の二人の子は、既に教化や説教など仏の行為をしました。

どんなことも自由自在になし得る、計り知れない不思議な力や変化(へんげ)によって、私の因果の道理を無視する誤った考え方を転じて、仏の教えの中に安住させ、世尊を見たてまつる事が出来るようにしてくれました。

この二人の子は、私を仏道へ導く機縁です。

過去世の善根によって、悟りを求める心を起こさせて、私を利益せしめようとして、私の家に生まれたのです。

その時に、雲雷音宿王華智仏は、妙荘厳王に告げて言われた。

その通りである。その通りである。おまえの言う通りである。

もしも、仏法に帰依した男子や仏法に帰依した女子が、善根を植えたならば、何度にも渡り生まれ変わるたびに、仏道へ導く機縁となる者を得るのだ。

その仏道へ導く機縁となる者は、よく教化や説教など仏の行為をなし、具体的に示し教えて喜ばせ、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に入らせる。

大王よ、当然知るべきである。人を仏道へ導く機縁となる者に会うことは、前世から定まった大きな内的原因と外的原因があるからである。

人を仏道へ導く機縁となる者は、教化し導いて仏を見させ、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に向かう心をおこさせる。

大王よ、おまえはこの二人の子が見えるかどうか。

この二人の子は、既にかつて六十五百千万億那由他のガンジス河の砂の数に等しい諸仏を供養し、

親しく近づき恭しく敬って、諸仏の所に於いて、法華経の教えを銘記して忘れず、

因果の道理を無視する誤った考え方の人々を憐れんで、正しく真実を見ることに留まらせた。

妙荘厳王は、すぐに虚空の中より下りて、仏に向かって言った。

世尊、如来は甚だ不思議である。

現世や来世に幸福をもたらすもとになる良い報いや、相対世界に向かう働きの智と悟りを導く精神作用の慧によって、頭の頂上の肉髻(にっけ)から光を発しはっきりと照らしている。

その眼は長く広く、鮮やかな明るい紺色である。

眉間の長い巻き毛の白い様は、水晶の月のようである。

歯は白くきわめて細かい所まで行き届いていて、常に光っており、

唇の色は赤く、ヤサイカラスウリという蔓草の実のようである。

そのときに妙荘厳王は、仏のこのような無量百千万億の現世や来世に幸福をもたらすもとになる良い報いを讃歎し終って、

如来の前において、一心に合掌して、また仏に向かってこう言った。

「世尊よ、今まで一度もなかったことです。

如来の教えは、人間の認識や理解の限界を超えていて、一言では言い表せないほど細かく、複雑な現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を備え、成就していらっしゃいます。

教え戒められた行いは、安穏であり快く道儀にかなっています。

私は今日より以後、心の働きに自ら従わず、因果の道理を無視する誤った考え方や・おごり高ぶって人をあなどることや・自分の心に逆らうものを怒り恨むことや・いろいろの悪事や悪行の心を起こしません。」

この言葉を説き終わって、仏を礼拝して出て行った。

仏(釈迦牟尼仏)は、大衆にお告げになった。

おまえたちはどう思うか。妙荘厳王とは他でもない、今の華徳菩薩が、これである。

その浄徳夫人とは、今のこの仏の前に、光によって照らしている荘厳相を持つ悟りを求める修行者が、これである。

妙荘厳王と諸々の一族の者達を悲しみ哀れむために、彼らの中に於いて、生まれたのだ。

その二人の子は、今の薬王菩薩と、薬上菩薩が、これである。

この薬王・薬上菩薩は、この様な諸々の大きな現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を完成して、

既に無量百千万億の諸払のところにおいて、多くの自らを高め他を感化する精神的能力を得るための修養をして、

人間の認識や理解の限界を超えている諸々の善や、現世や来世に幸福をもたらすもとになる良い報いを完成したのだ。

もしも、ある人が、この二人の悟りを求める修行者の名を知っているならば、

一切世間の諸々の天人や人民もまた礼拝するであろう。

仏が、この妙荘厳王本事品を説かれたとき、

八万四千人の人々が、俗世間の汚れを遠ざけ、心身の苦しみを離れて、諸々の教えの中に於いて、衆生を済度するための諸事象の真相を知るという浄い眼を得た。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中