妙法蓮華経如来神力品第二十一(みょうほうれんげきょうにょらいじんりきほんだいにじゅういち) 現代語訳


その時に、千の世界を微塵にした数に等しい、悟りを求める修行者と、大乘を求める修行者の地中から湧き出した者は、

皆仏の前で一心に合掌して、仏のお顔を仰ぎ見て、仏に向かって言った。

世尊、我らは仏がこの世を去られた後に、世尊の分身の仏がいらっしゃる国土や、仏が世を去られた所において、当然広くこの経を説くべきである。

理由は何故かというと。我らもまた自らこの真実で清浄な利他の精神によって衆生の救済を説く大いなる教えを得て、

教えを銘記して忘れず、読み、節をつけて唱え、解説し、書写して、これを供養したいと願うからです。

その時に、世尊は、文珠師利などの無量百千万憶の娑婆世界に昔から住む悟りを求める修行者や大乘を求める修行者、

及び、諸々の出家男子、出家女子、在家信士、在家信女・天人・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽・人間・人間でないものなどの一切の大衆の前で、大いなる霊妙不可思議な力を現わされた。

広く長い舌を出して、上は大梵天の世界に到達させた。一切の毛穴から無量無数の色の光を放って、みな悉く広く十方の世界を照らされた。

多数の宝樹の下の獅子座の上の諸仏も、またこのように広く長い舌を出し、無量の光を放たれた。

釈迦族の聖者の如来と、宝樹の下の諸仏が神通力を現わされたとき、百千歳の年月が経過した。

そうして後に長い舌を納めて、同時に咳をして、共に指を鳴らされた。

この二つの音は、遍く十方の諸仏の世界に行き渡り、大地は全て六種に震動した。

その中の生命のあるものすべて、天人・龍・夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩睺羅伽・人間・人間でないものたちは、仏の霊妙不可思議な力のために、

皆この娑婆世界の無量無辺百千万憶の諸々の宝樹の下の獅子座の上にある諸仏を見、

ならびに釈迦族の聖者の如来と、多宝如来とが、共に宝塔の中にいらして、獅子座に坐っているのを見たてまつった。

また、無量無辺百千万億の悟りを求める修行者と、大乘を求める修行者、及び諸々の出家者の男女と在家者の信士信女が、釈迦族の聖者の如来を恭しく敬い、周りを右回りに歩く作法で礼拝するを見た。

すでにこれを見終って、皆大いに歓喜して今まで一度もなかった思いを得た。

すぐその時に、諸々の天人は虚空の中に於いて、声高に唱えて言った。

この無量無辺無数百千万億阿僧祇の世界を過ぎて、娑婆と名づける国がある。

この中に仏がいらっしゃる。その名は釈迦牟尼である。

今、諸々の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者の為に、大乗経をお説きになる。妙法蓮華・教菩薩法・仏所護念と名づける。

おまえたちは、当然心の底からありがたく思い大いに喜ぶべきである。

また、当然、釈迦牟尼仏を礼拝し供養するべきである。

彼の諸々の生命のあるものすべては、虚空の中の声を聞き終って、合掌して娑婆世界に向かってこのように言った。

釈迦族の聖者の如来に心から帰依いたします。釈迦族の聖者の如来に心から帰依いたします。

種々の花、香、珠玉を連ねた首飾りや腕輪、幟旗と笠、および諸々の身の飾り、珍奇な宝、優れたものなどによって、皆共に遥かに娑婆世界に散じた。

散じられた諸々の物は、十方よりやって来た。例えば雲の集まるようであった。

これらは変じて宝のたれぎぬとなり、遍くこの空間の諸々の仏の上を覆った。

その時に十方の世界は、何の悟りの障害となるものもなくつながって一仏国土のようであった。

その時に仏は、上行菩薩らの悟りを求める修行者の大集団にお告げになった。

諸仏の神通力は、このように無量無辺で不可思議である。

もしも、私がこの神通力によって、無量無辺、百千万億阿僧祇劫の間、

教えを説き伝えていくことを委ねる為に、この経の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を説いたとしても、なお説きつくす事は出来ない。

この要点を言うならば、如来の一切の教え、如来の一切の自在な超人的な能力、如来の一切のみだりに人に教えない重要な事柄、如来の一切の非常に奥が深い事柄が、

全てこの経において示され、明らかに説かれている。

この故に、おまえたちは如来が世を去った後に於いて、当然、一心に教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、解説し、書写し、説かれている通りに修行するべきだ。

存在する国土において、若しくは教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、解説し、書写し、

説かれている通りに修行し、若しくは経巻を安置する場所があるだろう。

若しくは園の中であっても、若しくは林の中であっても、若しくは樹の下であっても、若しくは僧房であっても、

若しくは在家の家であっても、若しくは殿堂であっても、若しくは山や谷や広野であっても、

この中に皆、当然、塔を建てて供養するべきである。

理由は何故か。当然、知るべきである。その場所は、すなわち道場だからである。

諸々の仏がここに於いて真理を悟った境地を得、諸々の仏がそこに於いて仏の教えを説き、諸々の仏がそこに於いて最後の悟りを得た境地に入りこの世を離られた。

その時に世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

世間を救う者である諸仏は 偉大な超人的な能力に留まって

生命のあるものすべてを喜ばす為に 無量の超人的な能力を現わされた

舌は先天の世界にまで至り 身から無数の光を放って

仏道を求める者の為に この不思議な事を現わされた

諸々の仏が咳払いされた声 及び指を弾いた音声

普く十方の国に聞こえて 大地は皆六種に震動した

仏がこの世を去られた後 よくこの経の教えを銘記して忘れないという理由のために

諸仏は皆歓喜して 無量の神通力を現わされる

この経の教法を伝授し弘通の使命を託する故に この経の教えを銘記して忘れない者を賛美することは

無量劫の間において行うとしても なお讃美し尽くすことは出来ない

この人の現世や来世に幸福をもたらすもとになるよい報いは 無辺でありきわまりがない

十方の虚空に はてがないようなものである

よくこの経の教えを銘記して忘れない者は すなわちそれはすでにわたし(釈迦牟尼仏)を見

また多宝仏 及び諸々の(釈迦牟尼仏の)分身の仏を見

またわたし(釈迦牟尼仏)が今日 教化している諸々の悟りを求める修行者を見る

よくこの教えを銘記して忘れない者は わたし(釈迦牟尼仏)と分身の仏

世を去った多宝仏を 一切みな歓喜させ

十方の現在の仏 ならびに過去と未来の仏を

または見または供養し または歓喜させる事が出来る

諸々の仏が道場に坐して 得られたところのみだりに人に教えない重要な教えを

よくこの経の教えを銘記して忘れない者は 遠くない未来においてまたきっと得るであろう

よくこの経の教えを銘記して忘れない者は 諸々の教えの意義

文字やことばづかいにおいて 人々の求めによって喜んで巧みに教えを説いて果てしないこと

風が空中において 一切の妨げがないようであろう

如来が世を去られた後に 仏が説かれた経の

内的原因と外的原因とそうなるに至った理由とを知り 教義に従って説くであろう

太陽や月の光明が 諸々の光が、弱く暗い闇をよく除くように

この人は世間に実践し よく生命のあるものすべての闇を滅ぼし

無量の悟りを求める修行者を 結局最後には一切衆生を乗せて仏の悟りへと運ぶ教えに留まらせるようにさせるだろう

この故に智慧ある人は この現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行の利益を聞いて

私が世を去った後に この経の教えをきっと銘記して忘れないであろう

この人が仏道において 一定不変であることは疑いないことである

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中