妙法蓮華経嘱累品第二十二(みょうほうれんげきょうぞくるいほんだいにじゅうに) 現代語訳


その時に、釈迦族の聖者の如来は、法座から立ち上って、大いなる霊妙不可思議な力を現わされた。

右の手によって、無量の悟りを求める修行者や大乘を求める修行者の頭を撫でて、こう言われた。

わたしは無量百千万億阿僧祇劫の間において、この得難い、一切の真理をあまねく正しく知る仏の智慧の教えを修習した。今からこれをおまえたちに委ねる。

おまえたちは、当然一心にこの教えを流布して、その利点を広めるべきである。

このように三たび、諸々の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者の頭を撫でて、こう言われた。

わたしは無量無数百千万億劫の間、この得難い、一切の真理をあまねく知った最上の智慧の教えを修習した。

今からこれをおまえたちに委ねる。

おまえたちは教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、広くこの教えを告げ知らせて、一切の生命のあるものすべてに普く聞かせ知らせなさい。

理由は何故かというと。如来には人々をあわれみ楽しみを与え苦しみを取り除く心があり、欲が深くもの惜しみする心がなく、また畏れるところがなく、よく生命のあるものすべてに仏の智慧・如来の智慧・自然の智慧を与えるからである。

如来は、一切の生命のあるものすべての大施主である。

おまえたちもまた、随って如来の教えを学びなさい。欲深くもの惜しみの心をおこしてはならない。

未来世に於いて、仏法に帰依した男子や女子がいて、如来の智慧を信じる者には、当然彼らの為にこの法華経を演説して、聞き知ることが出来るようにするべきである。

その人に仏の智慧を得させるという理由の為にである。

もしも、生命のあるものすべての中で、信受しない者には、当然、如来の他の深遠な教えの中に於いて、具体的に示し教え利を得させて喜ばせるべきである。

おまえたちが、もしも、よくこのようにするならば、すなわちそれはすでに諸々の仏の恩に報いることである。

その時に、諸々の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者は、仏がこう言われるのを聞き終わって、皆、大きな喜びが体に広く普く満ちて、

益々恭しく敬い、体を曲げ、頭を垂れ、合掌して仏に向かって共に声を出して言った。

世尊の命令のように、当然事細かに教えに従いそれを実践するべきである。願わくはあれこれ思いめぐらすことをなさらぬように。

諸々の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者の集団は、この様に三度。共に声を出して言った。

世尊の命令のように 当然教えに従いそれを実践するべきである

世尊、願わくはあれこれ思いめぐらすことをなさらぬように

その時、釈迦族の聖者の如来は、十方よりおいでになった諸々の分身の仏を、各々本土に還らせようとしてこう言われた。

諸々の仏よ、安んじる所で随意にしたまえ。多宝仏の塔よ、帰って元のようにしたまえ。

この言葉を言われたとき、宝石の樹の下の獅子座に坐っていた十方の無量の分身の諸仏、及び多宝仏、

並びに上行菩薩らの無辺阿僧祇の悟りを求める修行者の大衆、

舎利弗らの自己の悟りのみを求める修行者や、出家者の男女と在家者の信士信女、

及び全ての世間の天人・人間・阿修羅らは、

仏の説かれるところを聞いて、皆大いに歓喜した。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中