妙法蓮華経勧持品第十三(みょうほうれんげきょうかんじほんだいじゅうさん) 現代語訳


その時に、薬王菩薩摩訶薩と大楽説菩薩摩訶薩は、二万人の悟りを求める修行者と従者達と共に、仏の前でこれを誓った。

ただ願わくは世尊、あれこれと思いめぐらされないように。

我らは、仏が世を去られた後に、当然この経典の教えを銘記して忘れず、読み節をつけて唱え、説き奉るべきである。

後の悪世の生命のあるものすべては、よい報いを招くもとになる行為がますます少なく、悟りの域に達していないのに既に悟っているという自惚れの心の者が多く、利益や供物を貪り、悪い報いを招くもとになる行為を増し、悩みや迷いなど煩悩の束縛から解き放たれて自由の境地に到達することから遠く離れているであろう。

教え導く事が難しいといえども、我らは当然大いなる忍耐力を起こすべきである。

この経を読み節をつけて唱え、教えを銘記して忘れず、説き、書写して、種々に供養し、身命を惜しまないであろう。

その時に、集団の中にいた五百人の阿羅漢で未来世の成仏の証言を受けた者が、仏に言った。

世尊、我らもまた、自ら誓いを立て成就するように願います。他の国土において、広くこの経を説きましょう。

また、仏教の真理を知ってはいてもまだ迷いを完全に断ち切っておらず学ぶ余地のある者、或いは煩悩を断ち尽くしもはや学ぶべきもののない境地のもの八千人の弟子で未来世の成仏の証言を受けた者が、

座から立って合掌し、仏に向かってこの言葉を誓った。

世尊、我らもまた当然、他の国土において広くこの経を説くべきである。

理由は何故か、

この娑婆世界の中は、人々の不道徳が多く、

未熟であるのに仏法の悟りを身につけたと誇り、来世に幸福をもたらすもとになる善行が浅く、自分の心に逆らうものを怒り恨み、自分の気持ちをまげて人にこびへつらい、心が誠実でないからである。

その時、仏の叔母、摩訶波闍波提比丘尼と、

仏教の真理を知ってはいてもまだ迷いを完全に断ち切っておらず、学ぶ余地のある者或いは煩悩を断ち尽くしもはや学ぶべきもののない境地の六千人の出家女子とは、

共に座を立って、一心に合掌し、世尊の顔をまばたきもせずに仰ぎ見ていた。

その時、世尊は僑曇弥比丘尼(摩訶波闍波提比丘尼)にお告げになった。

何の理由で憂いの色を湛えて如来を見ているのか。

おまえの心の中で、わたしが、おまえの名をあげて、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろうという未来世の成仏の証言をしなかったと思っているのではないか。

僑曇弥よ、私は先に、総じて一切の弟子に、既に皆の未来世の成仏の証言を授けたと説いた。

今、おまえが未来世の成仏の証言を知りたいと思うのなら、

将来の世に、六万八千億の諸仏の教えの中に於いて大法師となるに違いない。

また、仏教の真理を知ってはいてもまだ迷いを完全に断ち切っておらず学ぶ余地のある者と、或いは煩悩を断ち尽くしもはや学ぶべきもののない境地の六千人の出家した女も共に法師となるであろう。

おまえは、この様に徐々に悟りを求める修行者の道を備えて、仏になることを得るであろう。

その名を一切衆生喜見如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

僑曇弥よ、この一切衆生喜見仏と六千人の悟りを求める修行者は、次々に未来世の成仏の証言を与えて、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得させるであろう。

その時に、羅睺羅(釈迦の実子)の母、耶輪陀羅比丘尼(釈迦の妻)はこう思った。

世尊は、未来世の成仏の証言のなかにおいて、独り私の名だけを説かれなかった。

仏は、耶輪陀羅にお告げになった。

おまえは、未来世の百千万億の諸仏の教えの中において、

悟りを求める修行者の修行を修めて大法師となり、少しずつ仏道を備えて、善き国において最高の悟りを開くことが出来るであろう。

その名を具足千万光相如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

仏の寿命は、無量無数劫であろう。

その時、摩訶波闍波堤比丘尼と、耶輸陀羅比丘尼と、その仲間の者達は大いに歓喜し、今まで一度もなかった思いを懐いて、

そして、仏の前においてこの詩を説いた。

世の中で最も尊い我々を導く師よ 天人や人間を安穏ならしめる

我らは未来世の成仏の証言を聞き 心が安らかになりました

諸々の出家女子は、この詩を説き終って、仏に向かって言った。

世尊、我らもまた、他国において広くこの経を説きましょう。

その時に世尊は、八十万億那由他の諸々の悟りを求める修行者と大乘を求める修行者を視られた。

この諸々の悟りを求める修行者は、不退転の位に達し、仏道修行の過程ですでに得た境地から後戻りしないことの教えの輪を転じ、諸々の教えの真理を記憶させる力や、行者を守る力や、神通力を与える力である陀羅尼を得た。

そして、座から立ち上って仏の前に進み、一心に合掌してこう思った。

もしも、世尊が我らにこの経の教えを銘記して忘れず説けと告げられ命令されたなら、当然仏の教えのように、広くこの教えを世の中にはっきりと示すべきである。

また、こう思った。

仏は今、口をつぐんでいらっしゃって、命令しようとはなさらない。私は当然何をすべきなのか。

そのときに諸々の悟りを求める修行者は、仏の意思に謹んで従う態度を取り、共に自ら衆生を救済するために起こした誓願を満たそうとして、

仏の前で獅子がほえて百獣を恐れさせるように意気盛んに、誓いの言葉を語った。

世尊、我らは如来が世を去られた後に、十方の世界を巡りあるき、行って帰り、生命のあるものすべてにこの経を書写させ、教えを銘記して忘れず、読誦させ、

その意義を解説し、教えのように修行させ、深く思い絶えず忘れないようにさせましょう。皆これは、仏の威力によるものです。

願わくは世尊、遠くにあっても、遥かにお守りください。

即時に諸々の悟りを求める修行者は、共に同じように声を出して詩を説いた。

ただ願わくはあれこれと思いめぐらされないように 仏がこの世を去られた後

仏の教えの衰えた恐ろしい時代の中において 我らは当然広く説くべきである

諸々の無智の人が 悪口し口汚くの罵り

また刀杖を振るったりする者があるだろう 我らは皆、当然忍ぶべきである

仏の教えの衰えた時代の中で出家得度して具足戒を受けた男子は 悪事に働く知恵があり心は自分の気持ちをまげて人にこびへつらう

未だ会得してもいないものを得たと主張し 我に執着し、我をよりどころとする心から、自分を偉いと思っておごり他を侮るであろう。

或いは静かな修行に適する所にいて 人が捨てたぼろを縫って作った袈裟を着て人の中から離れた所に住み

自分から真の道を修行していると主張して 人間を見くだし馬鹿にする者があるだろう

利をむさぼり私腹を肥やすことに執着する故に 一般の人のために教えを説き

世間の人に恭しく敬われる様子は 六種の神通力を備えた阿羅漢のようになるであろう

この人は恨みを抱き悪事をしようとするよこしまな心を懐き 常に俗世間の事を思い

実体のないものに阿練若(静かな、修行に適する所)と仮に名づけ 我等の過失を指摘することを好む

この様なことを言うであろう 「この諸々の出家得度した男子らは

利をむさぼり私腹を肥やすことを貪る為に 道理に背く教義の解説や注釈をした書を説く

自らこの経典を作って 世間の人ををだまし惑わす

名声が世間に広まることを求めるから もろもろの事理を思量してこの経を説くのだ」と

常に大衆の中に在って 私たちを中傷しようと思うために

国王・大臣 婆羅門・在家男子

及びその他の出家得度した男子達に向かって 誹謗して我らの悪口を言い

「これはよこしまな見方や考え方の人である 道理に背く教義の解説や注釈をした書を説く」と言うであろう

我等は仏を尊んで礼を尽くすために、ことごとくこの諸々の悪を忍ぶであろう

このために軽蔑されて 「あなた方は皆仏である」と言われるだろう

このようなおごり高ぶって人をあなどる言葉を 皆当然忍んでこれを受けるべきである

きわめて長い時間濁った仏法の衰えた時代の中には 多くの諸々の恐怖があるであろう

悪鬼がその身に入り込み わたしを口汚くののしり罵り侮辱するであろう

我らは仏を尊敬し信頼して 侮辱や苦しみに耐え忍び心を動かさない鎧を着けるであろう

この経を説こうとする為に この諸々の困難な事柄を忍ぶであろう

我らは身体と生命を貪愛することなく ただこの上なく優れた道を思いやる

我らは未来世において 仏に頼まれ委ねられた事を大切に守り保つであろう

世尊は自ら当然知っているに違いない 濁った世の中の出家得度して具足戒を受けた男子は

仏が人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段やその場その場で随時に説法・教化することを知らない

悪口を言って不快に感じて顔をしかめ 繰り返し私たちをのけものにする

塔や寺から遠く離れているであろう この様な諸々の悪い集団をも

仏の命令を記憶する故に 皆、当然この事を忍ぶべきである

諸々の村落や城壁にかこまれた町に その教えを求める者がいるならば

我らは皆その所に赴いて 仏に委ねられた教えを説く

「我らは世尊の使いであるから 大勢の人々の中にいて畏れるところがない

わたしは当然よく教えを説くべきである」 願わくは仏安穏に過ごしたまえ

我らは世尊の前に 来られた諸々の十方の仏において

このように言葉に出して誓う 仏は自ら私の心を知るであろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中