妙法蓮華経五百弟子受記品第八(みょうほうれんげきょうごひゃくでしじゅきほんだいはち) 現代語訳


その時、富楼那弥多羅尼子(ふるなみたらにし)は、仏に従って、人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段によって、相手に合わせて説く智慧の説法を聞き、

また、諸々の大弟子に、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を、未来において得るであろうという予言を授けられるのを聞き、また、前世の因縁の事を聞き、

また、諸仏には、偉大な自在の神通力がある事を聞いて、今までに経験したことのない思いを懐き、心は清浄になり、喜びに躍り上った。

座から立ち上って仏の前に進み、仏の足を額に頂いて礼拝し、退いて一隅に坐り、世尊の顔を仰ぎ見たまま、まばたきもせずこう思った。

世尊は非常に言行や心がけなどが優れていて、なされる事は不思議である。

世間の様々な人の素質に随って、人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段や、事物に対する正しい認識により教えを説かれ、生命のあるものすべての様々な執着を抜き去られる。

我等は、仏の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行について、言葉で説明する事はできない。

ただ仏と世尊のみが、私たちの心の奥深くにある、悟りを求める修行者が衆生を救済するために起こした誓願を知っていらっしゃる。

その時、仏は諸々の出家男子にお告げになった。

おまえたち、この富楼那弥多羅尼子が見えるか?

わたしは、常にその教えを説く者の中において第一人者であると言い、また、常にその種々の現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行を讃嘆してきた。

まじめに励み、わたしの教えを尊んで守護し、のべ伝え、よく四種の仏弟子である出家男子、出家女子、在家信士、在家信女たちに教示し、喜ばしめ、

身に付けた仏の正しい教えを解釈して、同じく修行する人々に大いに利益を与えた。

如来以外には、その思想や見解を発表し論じられる者はいない。

おまえたち、富楼那は、ただ私の教えのみを尊んで守護し、のべ伝えたと言ってはならない。

また、前世の過去九十億の諸仏の所に於いても、正しい教えを尊んで守護し、のべ伝え、彼の教えを説く者の中に於いても、第一人者であったのだ。

また、諸仏の説かれる、諸々の事物は、因縁によって仮に和合して存在しているのであって、固定的な実体はないといったあり方を説く教えにおいて、明らかに深く通じ、

言語を理解する法無礙弁(がいべん)、教義内容を理解する義無礙弁、方言に精通する詞無礙弁、人々の求めによって喜んで巧みに教えを説く弁無礙弁を得て、常によくつまびらかに清らかに教えを説いて疑惑もなく、

悟りを求める修行者の神通力を身に備え、寿命の終る日まで常に清らかな修行をしてきた。

彼の仏の世界の人は、全て皆、彼こそは真の声聞であると言った。

しかも富楼那は、人を真実の教えに導くため仮にとるこの便宜的な手段によって、無量百千の人々に恵みを与え、また無量阿僧祇の人々を教化して、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に向かう心をおこさせた。

仏国土を清らかにする為に、常に仏教の儀式や行事を実行して、生命のあるものすべてを教化したのだ。

諸々の男子の修行僧よ、富楼那は、釈迦牟尼(しゃかむに)とそれ以前に現れたといわれる毘婆尸(びばし)・尸棄(しき)・毘舎浮(びしやぶ)・拘留孫(くるそん)・拘那含牟尼(くながんむに)・迦葉(かしよう)の七仏のもとで教えを説いた者達の中でも、第一人者であった。

今、わたしのもとで教えを説く者達の中でも、また第一人者である。

多くの仏などの賢人が出た現在の一大劫である賢劫の中において、未来の諸仏のもとでの教えを説く者達の中でも、また第一人者となるであろう。いずれの仏のもとでも皆、仏法を尊んで守護し、のべ伝えるであろう。

また未来においても、無量無辺の諸仏の教えを尊んで守護し、のべ伝え、無量の生命のあるものすべてを教化し、豊かに利益を与えて、一切の真理をあまねく知った最上の智慧に向かう心を起こさせるであろう。

仏の国土を清らかにする為に、常に勤勉に雑念を去り仏道修行に専心し、生命のあるものすべてを教化するであろう。

徐々に悟りを求める修行者の道を備え、無量阿僧祇劫という長い時を過ぎて、当然この仏の国土において、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろう。

その名を法明如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

その仏は、ガンジス河の砂の数に等しい三千大千世界を、一つの仏の国土とし、

七宝を大地とし、大地の平たんであるさまは、手のひらのようであって、山や丘陵も渓谷も溝や谷もないであろう。

七つの宝石で飾られた高い塔はその中に立ち並び、諸々の天人の宮殿は空中に浮かび、人間と天人とが互いに接し、お互いに会うことができるであろう。

諸々の現世で悪事をした結果、死後におもむく苦悩の世界もなく、女性もなく、全ての生命のあるものすべては、皆忽然として生まれ色欲や肉欲がないであろう。

大神通力を得て、身から光輝を出して、思いのままに飛行するであろう。

信念は堅固であり、雑念を去り仏道修行に専心して物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力があり、全身皆金色で、三十二の特徴ある人相を持ち自ら飾るであろう。

その国の生命のあるものすべてには、常に二種の食物があるであろう。

一つは、仏の教えを聞きそれを信じることによって心にわく喜びという食物であり、もう一つは、禅定に入った心の喜びという食物である。

計り知れない無数の千万億那由他の悟りを求める修行者達がいて、大神通力と言語を理解する法無礙弁、教義内容を理解する義無礙弁、方言に精通する詞無礙弁、人々の求めによって喜んで巧みに教えを説く弁無礙弁を得て、よく生命のあるものすべてを教化するであろう。

その教えを聞く仏弟子達は、数をかぞえることが出来ないほどである。

皆、六種の神通力(神足通・天眼通・天耳通・他心通・宿命通・漏尽通)と、仏がそなえる自他の過去世のあり方を自由に知る宿住智証明、自他の未来世のあり方を自由に知る死生智証明、煩悩を断って迷いのない境地に至る漏尽明の三明と、内有色想觀外色解脱、内無色想觀外色解脱、淨身作證具足作解脱、空無邊處解脱、識無邊處解脱、無所有處解脱、非想非非想處解脱、滅盡定解脱の八解脱を備えているであろう。

その仏の国土には、これらのような計り知れない現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行があって、これによって荘厳され、完成されているであろう。

劫を宝明といい、国を善浄というであろう。

その仏の寿命は、無量無数劫であり、教えが甚だ久しい間行なわれるであろう。

この仏が、世を去ったのちには、七宝の塔が建てられ、国中に広く行き渡るであろう。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

諸々の出家した男子よ しっかりと聞きなさい 仏の弟子の行ずる道とは

よく人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段を学ぶことである あれこれ思いはかることはできない

人々は自己の悟りを第一と願い 衆生の救済を省みないことを知っている

このために、自利利他の両者を目指す大乗の修行者である菩薩や、 自己の悟りのみを求める修行者である声聞や、仏の教えによらずひとりで悟りをひらきそれを他人に説こうとしない小乗の聖者である縁覚となって

数え切れない人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段を用いて 諸々の生命のあるものすべてを教化する

自ら「この者たちは自己の悟りのみを求める修行者であり 仏道から遥か遠くに離れている」と説く

数え切れない生きる者たちを迷いの世界から渡しそこから抜け出させ 皆全て仏道を成就させることを得させる

欲が少なく善行を修めるのに積極的でなくても 徐々に最高の悟りを開くであろう

心の内では、悟りを求める修行者である菩薩の修行を密かに行い 外面には、わたしは自己の悟りのみを求める修行者の声聞であるとよそおう

欲が少なく衆生が生まれては死に死んでは生まれる苦しみを厭うが 真実は自ら仏の国土を清浄にする

人々には人の善心を害する三種の煩悩である貪・瞋・痴があることを示し また因果の道理を無視する誤った考え方の様相をあらわす

わたしの弟子はこのように 人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段を用いて生命のあるものすべてを悟りの境地に導く

もしも、わたしが身に備えた 仏が姿を変えてこの世に現れる種々の事柄を説くならば

それを聞いた生命のあるものすべては 心に疑惑を懐くであろう

今この富楼那は 前世に会った千億の仏において

仏道を勤め修め 諸々の仏の教えを述べ従い

この上ない知恵を求めたために 諸々の仏のところにおいて

仏の弟子の指導者となり 多くの物事を聞き知り知恵があることを示し

恐れることなく教えを説き よく人々を歓喜させた

未だかつてくたびれて厭きることはなく 仏道の儀式や行事を助けた

既に大神通力を持ち 言語を理解する法無礙弁、教義内容を理解する義無礙弁、方言に精通する詞無礙弁、人々の求めによって喜んで巧みに教えを説く弁無礙弁という自由自在に教えを理解し語る完全な能力を身に付けた

人々の生まれつきの利発なことや愚鈍なことを見抜き 常に清らかな教えを説き

このような教義を演説して 諸々の千億の人々を教え

衆生救済を重んじる大乗の教えを護り続け 自ら仏の国土を清浄にし

未来においても 計り知れないほど無数の仏を供養し

正しい教えを述べ伝え また自ら仏の国土を清浄にし

常に諸々の人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段を用いて 教えを説くのに恐れることなく

計り知れない人々を悟りの境地に導き 一切のものについて完全に知る智慧を成就させる

諸々の如来を供養し 仏の教えを尊んで守護して

その後に仏となることを得るであろう その号の名を法明という

その国の名を善浄という 七つの宝から成る所である

劫を宝明といい、悟りを求める修行者は非常に多く

その数は計ることができないほど多く 皆大神通力を備え

厳かで徳の高い力を備え その国土に満ち溢れる

教えを聞く者たちは無数であり 仏がそなえる自他の過去世のあり方を自由に知る宿命明、自他の未来世のあり方を自由に知る天眼明、煩悩を断って迷いのない境地に至る漏尽明の三明と、内有色想觀外色解脱、内無色想觀外色解脱、淨身作證具足作解脱、空無邊處解脱、識無邊處解脱、無所有處解脱、非想非非想處解脱、滅盡定解脱の八解脱を備えている

言語を理解する法無礙弁(がいべん)、教義内容を理解する義無礙弁、方言に精通する詞無礙弁、人々の求めによって喜んで巧みに教えを説く弁無礙弁を得ている このような能力を持つものを僧と呼ぶ

その国の諸々の生命のあるものすべては 色情の欲は皆既に無くなって

母胎や卵などからでなくて忽然として純粋に生まれる 仏の相を身につけ智慧・福徳・相好で身を飾る

仏の教えを聞き、それを信じることによって心にわく喜びと禅定に入った心の喜びを食物とし  さらに他の食べ物を心の中に思い浮かべることはない

諸々の女人はいない また諸々の現世で悪事をした結果死後におもむく苦悩の世界もない

富楼那比丘よ 現世や来世に幸福をもたらすもとになる善行善根は全てに成就し満ちて

当然その浄土の 菩薩とその位に至る前の仏道修行たちは非常に多いであろう

このような計り知れない多くのことを 私は今略して説いた

その時、千二百人の自分だけの悟りを開いた阿羅漢の心を自分の思うとおりにできる者はこう思った。

私たちは歓喜して、今までに一度もなかった思いを得た。

もしも、世尊が、これらの他の大弟子達に未来世の成仏の証言を与えられたように、それぞれに未来世の成仏の証言を授けられたなら、また快いことであろう。

仏は、これらの心に思っていることを知って、摩詞迦葉にお告げになった。

この千二百人の阿羅漢に、私は、今当然この前で次々に、一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るという未来世の成仏の証言を与え授けるべきである。

この人々の中で、私の大弟子である憍陳如比丘は、六万二千億の仏を供養したのちに仏となるであろう。

その名を普明如来・応供・正遍知・明行足・善逝・世間解・無上士・調御丈夫・天人師・仏・世尊と言い、仏に対する十種の称号を得るであろう。

また五百人の阿羅漢たちと、優楼頻螺迦葉、伽耶迦葉、那提迦葉、迦留陀夷、優陀夷、阿に楼駄、離婆多、劫賓那、薄拘羅、周陀、莎伽陀らは皆きっと一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろう。

みなすべて同じ名であって、普明と言うであろう。

その時に、世尊は、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言われた、

憍陳如比丘よ、きっと計ることのできないほど多くの仏を見奉って

阿僧祇劫という長い年月が過ぎた後 生死の迷いを去って、いっさいの真理を正しく平等に悟るであろう

常に大きく明るい光を放ち 諸々の神通力を身に付け

世間での評判や名声は十方に広まり 全て人々から尊敬される者として

常にこの上ない道を説くであろう そのために号を普明と言う

その国土は清浄であり 悟りを求める修行者たちは皆勇気があって何物をも恐れない

すべての者は不思議なほどにすばらしい塔に昇って そして諸々の十方の国を旅して

この上ない飲食を供えて 諸々の仏に奉るであろう

この供養をなし終わって 心に大きな喜びを懐き

ほんの少しの時間で本の国へ帰ることができる このような神通力があるであろう

仏の寿命は六万劫であろう 仏の教えがよく保たれ正しい修行によって悟りが得られる時代が寿命の倍続き

教法・修行は行われて正法時に似るが悟りが得られなくなる時代がまたこの倍続く 正法・像法・末法の三つの時代が過ぎ仏法が滅びれば天人は憂うであろう

その五百の比丘たちは きっと次々に仏となるであろう

同じ号で普明といい それぞれの弟子たちに未来世の成仏の証言を与える

わたしがこの世を離れた後に 誰それはきっと仏となるであろう

その教化を受けた世の中は またわたしの今日のようになるであろう

国土の厳かで汚れのないこと および諸々の神通力

悟りを求める修行者や自己の悟りのみを求める修行者たち 仏の教えがよく保たれ、正しい修行によって悟りが得られる時代や教法・修行は行われて正法時に似るが、悟りが得られなくなる時代

寿命における劫の長さ みな上で説いたところのようになるであろう

迦葉よ おまえは既に 五百の心が意のままになった者の未来を知った

残りの諸々の自己の悟りのみを求める修行者たちも また当然このように成るであろう

この会にいない者たちには おまえがそのものたちのために述べて説きあかすにちがいない

その時、五百人の阿羅漢は、仏の眼の前で予言を受ける事を得て、躍り上って喜び、

座から立ち上って仏の前に進み、仏の足を額に頂いて礼拝し、躍り上って喜んだ、過失を悔いて自ら責めた。

世尊、我らは常にこのように思い、自ら既に最高の完全な悟りを得たと思いました。

今はじめてこれを知りました、無智な者のようであったと。

理由は何故かというと、我らは当然如来の智慧を得るはずでありました。

しかしながら、自ら少しばかりの知恵で満足していたのです。

世尊、例えば、ある人が親友の家に行き、酒に酔って眠ってしまった。

この時、親友は役所の仕事で急に行かねばならないことができて、価がつけられないほど高価な宝珠を、その衣服の裏につなげて、これを与えて去って行った。

その人は、酔い臥していて、一切の事を知らなかった。

起き上って遊び歩き他の国へ行った。

衣食の為に勤勉に働き、非常に困難に出あった。もし少しでも得るところがあれば、それで満足していた。

後に親友は、偶然めぐりあってこれを見て、こう言った、

なんという意外なことだ。なぜ衣食の為にこのような事になったのか。

私は昔、おまえが安楽になり、思うままに財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲を満足出来るようにと思い、

ある年のある月日に、価がつけられないはどに高価な宝珠をおまえの服の裏につないでおいたのだ。

今でもなお現にあるではないか。

このような事を、おまえは知らないで、勤勉に働き苦しみ憂え悩みんで、それによって自分の力で生活をすることは、甚だ愚かなことだ。

おまえは、今この宝珠をすぐに売りなさい。

常に思いのままにし、足りないと思うことがないようにしなさい。

仏も、またこれと同じなのだ。

悟りを求める修行者であったときに、我らを教化して、一切のものについて完全に知る智慧の心を起こさしめようとされた。

それを忘れ去り、知らず愚かであり、既に最高の悟りに達した聖者という位の阿羅漢を得て、自ら完全な悟りを得たと思い、生活物資の困難のときに、少しのものを得て満足したとしておりました。

しかし、一切のものについて完全に知る智慧の心を得たいという願いは、なおあって失っていません。

そして、今、世尊は我らに迷いを脱し真理を悟らせる為に、このようなことをおっしゃいました。

「諸々の男子修行僧よ、おまえたちが得たのは物事の最後に行きつくところの最高の悟りの境地ではない。

私は久しい間、おまえたちによい報いを招くもとになる行為をさせたけれども、人を真実の教えに導くため仮にとる便宜的な手段によって、涅槃の姿を示したのだ。

それをおまえたちは、真に滅度を得たと思ったのだ。」

世尊、わたしは今それを知りました。

実にこれこそ悟りを求める修行者である。一切の真理をあまねく知った最上の智慧を得るであろうという予言を得た。

この因縁によって、甚だ大いに歓喜し、今までに一度もなかった思いを得た。

その時に、阿若憍陳如たちは、重ねてこの意義を述べようとして、仏徳を賛歌して詩を説いて言った。

わたしたちはこの上ない 未来に最高のさとりを得るであろうことを予言された安穏の声を聞き奉って

今までに一度もなかったことであると歓喜して 永久に無限の恵みをもたらす知慧の仏を礼拝し奉る

今、世尊の前において 自らのあやまちや人から責められたり非難されたりするような行為を後悔した

計り知れない仏という宝において 少しばかりの煩悩の火が消された状態の安らぎの一部分を得て

無知で愚かな人間のように 自分でこれで十分だとしていた

例えば貧しくて生活に苦しむ人が 親友の家に行ったとする

その家は非常に富んでいて 諸々の肴や膳を用意した

価がつけられないほど高価な宝珠をその衣服の裏につなげて

黙って与えて去って行った その時に臥していて、一切の事を知らなかった

この人は起き上って 遊び歩き他の国へ行った

衣食を求めて自ら捜し求め 生活は非常に困難であって苦しみ悩み

少しの物を得てこれで十分であるといって さらによいものを願わなかった

衣服の裏に 価がつけられないほど高価な宝珠があることを知らなかった

宝石を与えた親友は 後でこの貧しい人を見て

心を込めてこのことを非難した後に 衣服の裏につなげた宝石を示した

貧しい人はこの宝石を見て その大きな心に歓喜した

富んでいて諸々の財物があり 人間がもつ財欲・色欲・飲食欲・名誉欲・睡眠欲を自らほしいままに満たすように

わたしたちもまたこのようである 世尊、煩悩のため悟りが開けず生死の境界にさまようわれらを

常に哀れんで教え導かれ この上ない誓願の種を蒔かれた

わたしたちは知恵がないために 思わず知らずにいる

少しばかりの煩悩の火が消された状態の安らぎの一部分を得て 自分でこれで十分だとしてそれ以上を求めない

今、仏はわたしの迷いを脱し真理を悟らせた 苦しみの根元である我執や煩悩を滅して真実の悟りの世界に渡ったのでない

仏のこの上ない物事をよく見極め道理を正しく把握する知慧を得て そうして、これこそが真の煩悩や苦悩の消滅であると言う

わたしは今仏に従って 未来世において仏となることの証言を与えられ、智慧・福徳・相好などで浄土や仏の身を飾ることや

そして、それぞれが順番にその後継者に、未来世において仏となることの証言を与えるということを聞き奉って、身も心も歓喜しております

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中